極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

「総合学習」の見直し

2005-01-18 23:11:24 | 日常日記
 ヽ(ーー )おぃおぃ・・・今頃になって何をあわててるんだよ!
2002年から今の学習指導要綱に基ずいて、せっかくやり始めてまだ2年やん?
研究に研究を重ね、一般庶民の声に逆らって、頑張って決めたことちゃうの?

 こんなこと・・・最初から分かってることやん?
毎月2回の土曜の授業をなくし・・・年間で20日くらい授業日数が減ったわけだから、少なくとも80時間は少ないわけやん?

 確かに傷口が開かないうちに、「総合学習」を見直し、一般の授業に振り分けていくのも必要だろうけど、2002年度以前の隔週土曜休み、ハッピーマンデーほうの見直しをすべきじゃないの?

 ハッピーマンデーって・・・確かに3連休が増えて家族と楽しく過ごせる人もいるでしょう。
しかし、貴重な月曜日が数日減って・・・それでなくても年間確実に何日かは「振り替え休日」で月曜は休みになるやん?

 この2年間の学力低下を取り戻すのにはいったい何年かかるんだろう?

昨日私たちが行ってきたような「凧作り教室」なんて一番になくなりそうな感じ(笑)
でもね・・・子ども達の学力低下を阻止するためには無くなっても良いと思う。
コメント (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスティな日々(^^; | トップ | ディーヴァ »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
学力低下 (sabu)
2005-01-18 23:25:54
かなりひどいですよね。

特に読み取る力、書く力の弱い事。

でもこれができなきゃ、他の教科が伸びるはずはない。

日本語わかんないんだから。

総合学習も狙いは悪くなかったと思うけど、それを生かせる教師の力が不足していると感じます。

どうなるんでしょ。





2年の遅れ (しんちゃん)
2005-01-18 23:47:13
 取り戻すには5年以上かかるみたいだよね



すべての子ども達が土曜などの休日を親と過ごせるとは限らないわけだし、その分塾へ行ってるんじゃ意味ないし・・・



 本来子ども達の数は少ないわけだからなぁ・・・

もっときめ細かい教育も可能だとは思うけど
それでなくても (deco)
2005-01-19 08:54:23
我が家の息子は勉強しないのに・・・。

2学期の成績なんて、最悪でした。

ε= (´∞` ) ハァー



隔週でも土曜日の授業を復活させて欲しいものですね。

塾に入れても、追いつきませんよ。(^^ゞ
んだんだ(^^; (しんちゃん)
2005-01-19 12:16:39
 もう我が家はあと1年だからいいんだけど・・・ってメチャ自分勝手(笑)

 でもまぁ、なんとか「総合学習」はそのままで土曜の隔週授業を復活させて欲しいよね
学力 (りおし)
2005-01-19 13:29:03
今の子の方が

塾とか行って

学力高い気がするんですけどねぇ。

仕事だって能力ある人しか

求められない時代なのに。

まぁ、仕事できなくても

仕事してる人いますけどね、

私とか・・

というか私?

だって仕事中にネット・・ゴニョゴニョ
たぶんね (しんちゃん)
2005-01-19 19:44:31
 みんながみんな塾へ行くわけじゃないし

やっぱ平均したらってことだと思うよ



 本来は塾へ行かなくても学校の勉強は復習するだけで十分だと思うし・・・もちろん受験戦争には勝ち残れ名かもしれないけどね



 
それはちょっと・・ (はむきち)
2005-01-19 21:10:11
それは困りますよね・・

今の子供的にはこれからが困りますよね(ーー;)

勉強出来る子と、出来ない子の差がはげしくなりますね・・

私は出来ない組だったけど・・(ーー;)

何時かは、勉強する時がきてその時に悔やむんですよね・・(あの時やっとけばって・・)私がそうでした

今もそうです。(T_T)(T_T)(T_T) 

考える力 (sabu)
2005-01-19 22:14:48
塾では確かに受験のテクニックは上達するのでしょう。

例えば、与えられた問題を解く能力、試験官が要求する解答を探る能力は長けているのかもしれません。

が、自分で「考える」能力はどうなのでしょう。



知り合いに大学教官がいます。

偏差値で言えば最難関レベルの大学なので、集まる学生は「優秀」なはずですが、まずは高校レベルの段階から教えないといけないそうです。

何で大学でこんな事教えないかんの!と思うそうですが。

どこでおかしくなっちゃったのでしょうね。
レスですよ (しんちゃん)
2005-01-20 00:49:27
 今の子ども達・・・漫画さえも読まないもんね

私は漫画でも十分だと思うのよね>はむきちちゃん<文章を読む力ないってね・・・漫画読むだけでもある程度読解力つくと思うんだけど



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



人と人とのコミュニケーションがやっぱ苦手かもね

ネットでのコミュニケーションは長けてるかも知れないけどね(笑)>sabuさん





えーっと。 (じゃすみん)
2005-01-21 08:50:29
うちのタンタンは小5ですけど 学校でチャレンジタイムと称して補習みたいなのがあるの。勉強できない子だけじゃなくて全学年でやってます。

週一回だけど 漢字練習や100マス計算、詩の暗唱とかね。ほかの学校でも そういうのがあるんじゃないかな。



ってちょっと記事と離れちゃった?

たまたまお便りが手元にあったもので書いちゃった。

いやいや (しんちゃん)
2005-01-21 12:17:18
 そういった基本的なことを本当はもっとやりたいよね

 でも・・・やはり土曜隔週休みの見直しをして欲しいな



 ん?当たりの分?(爆)
高校だと (てくり)
2005-01-21 18:53:32
色々工夫しているみたいですよ。

授業時間を短くして7時間目までにするとか、

授業時間を長くして5時間目までにするとか。



それに、新指導要領の学年(今の2年生)からは、

土曜日も名目は自主参加の補習を実施して学力低下

(っていうか、進学実績保持か?)に備えるとかって言ってました。

公立でこうですから、私立進学校だとすごいんでしょうね。

私立だと・・・ (しんちゃん)
2005-01-21 19:49:39
 もちろん土曜は休みじゃないしなぁ・・・

その差は確実にでてくるよね(^^;



 娘も今年高3・・・

これから小学校、中学校って人は大変だろうね
受験産業に携わった経験のある者です (うに)
2005-01-23 05:09:07
大学受験の理系科目を専門にしていました。

皆さんの問題意識が胸に染みます。

現場の現状をちょっと、話させてください。



高校の学習内容は、ここ10年で内容の質量ともに

30%くらい減った感じです。

T大や、K大でも、「試験にならない問題がでる」

=「皆ができなさすぎて試験にならない」ので、試験問題がここ5年で随分易化しました。



難しいことを教える必要がなくなったので、

大手の予備校でも、難関校向けの講師をリストラして、

アホ(失礼)に受けのいいタイプの講師を中心に売る

ところが出てきました。

パンフを見ると、茶パツ、ラメ入りスーツ…;

自己紹介に顔文字が乱舞しています。

学歴も大幅に低下しています。詐称も横行しています。

私の友人には、講師の黒子(講師が問題を解けないので、

代わりに解いたり、テキストを作ったりする)

をしていた人もいます。

財政の苦しい予備校も、給料安くて大助かりです。

もう学力は必要ありません。歌って踊れればOK!



というわけで、ますます出来ない子が量産(;´Д`)

皆さん、塾、ちゃんと選ばないと、子供以上に2極化

してますよ~。気をつけてくださいね。
うにさんへ (しんちゃん)
2005-01-23 07:56:43
コメントありがとう



昨日「お受験」を風刺した「レイクサイドマーダーケース」って映画を見たところなので、子どもに対する「親」の立場を痛感してきました



うにさんのおっしゃる「出来ない子が量産」っていうのは高いレベルでの話ですよね?

レベルの高い大学合格を目指す塾の中での「出来ない子」のことだと思いますが

そこまでに(その塾へいけるレベル)なるのがまず至難の業かと(^^;

わたくし,当事者の教師です (sam)
2005-01-23 19:14:15
総合学習だけが原因のように言われていますが,あくまでも原因の一つであるし,他の要素の方が大きいように思われます。例えば網羅的で深まりや訓練する要素のない文科省学習指導要領などが多いと思われます。

このままで,訓練的な時間を多くしても学力向上は望めません。

学力とは何かの問題も棚上げですし…。

誰かがこう言ったから制度を変えるというようなスタンスでは,学力向上は望めない。

これが結論です。
貴重なご意見ありがとう (しんちゃん)
2005-01-23 21:23:14
 そうですね

私も総合学習っていうのは成果をみせるに至ってないと思います

 どうしても親の立場で考えた場合、圧倒的な授業時間数の減少が一番の原因だと思いますが・・・

 
ひとつの繰言。 (関口 正道)
2005-01-30 10:38:38
「学力」というのを ごく一般的な「能力」に

置き換えて考えればよい面と 将来専門能力を

学ぶための基礎学力として二つの面から考えるのが現状を把握するにも妥当と思う。人間の能力は必ずしも学校の成績だけではない。「ゆとりの教育」は必ずしも人間育成を考えてはいない。○×問題の点数だけで評価する教育が間違っている。とあれ専門教育を受けるには学力が必要であり、その挟間に自己を見据えて学生時代を過ごしたのが戦前であり、ラサールなども無かった時代である。



そうですね (しんちゃん)
2005-01-30 14:10:53
 結局は人間として生きていく上で必要なことを学んでいくことと、よりいい給料をもらうために必要なことを学んでいくこととはまるっきり別のものだし、今最も必要なのは、形はどうであれ「他人とのふれあい」の時間をどれくらい持つかということかもしれません
実際は2年じゃないですもんね。 (kin)
2005-01-30 16:35:32
この2年間の学力低下を取り戻すっていっても、

分数の計算ができないとか、

この間の学習到達度調査の対象生徒なんかを考えると

学力低下って2年どころの騒ぎじゃなくって

10年以上かけてジワジワおきてるんですよね。

ってことは、何年もかけて取り戻すことより

これから学校に通う子供達への対応のほうが

優先なんでしょうか・・・。

難しいよね・・・ (しんちゃん)
2005-01-30 18:06:41
 これから新しく入学してくる子ども達を優先するってことに結果的にはなるんだろうけどね



 学力だけじゃなく・・・やはり「常識」っていうものを知らないよなぁ・・・



 もちろん常識っていう概念自体を日本全体が崩して行ったような気もするし
時間を増やしてゆとり (だだんだ)
2005-07-03 07:22:36
もう、7月ですが、見てしまったので、、、

 授業時間を減らして、ゆとりを持てってそれは無理です。

 時間減らしたら、その時間内でいろいろやらないといけないわけで、

 総合やるにしても、教科やるにしても

時間は、増やさないと、ゆとりは生まれないと思う。



かといって・・・ (しんちゃん)
2005-07-03 08:25:39
★だだんださん

土曜を元に戻せない限り時間は増えないよね

教えるべき内容を減らすわけにもいかないし

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ゆとり教育転換、授業時数の見直し示唆 (ごちゃごちゃ)
主要教科の授業時数の拡大となると、 社会科が増える→自分の仕事が増えるかもしれないと 妄想に近い願望を抱いてみたりする。 でも、実際に増えるのは国語とか数学だと思うが。 実際に社会科の力も低下していると思うし、 現在使っている教科書も大分簡単になってし
文部科学省の罪 (cozyの果てしないたわごと3)
<中山文科相>総合学習の削減も 授業時数見直し示唆 中山成彬文部科学相は18日、初の「スクールミーティング」のため訪れた宮崎県小林市で「総合的な学習の時間や選択教科をどうするかを含め、国語や算数など基本的な教科にもっと力を注ぐべきだ」と述べ、基礎学力向上
主要教科の授業時間拡大へ~ゆとり教育~ (Y\'s WebSite : Blog ~日々是好日~)
今朝(1月19日)の読売新聞によると、中山文部科学相は18日、子ども達の学力低下について、国語・算数などの主要教科の授業時間の拡大と、総合学習の削減するなど、ゆとり教育の必要性に対し見直しの意向を示しています。昨年暮れから学力低下を示唆する問題を受け、小泉首
総合学習の時間を削減するのはまだ早い (聞いた、見た、読んだ。)
中山文部科学大臣がスクールミーティングの場で、「総合的な学習(総合学習)の時間」を削減し国語や算数などの主要教科の時間に振り替えるなど、いわゆるゆとり教育の見直しに言及した。中山文科相としては、昨年のOECDの学力調査で判明したとされる日本の児童・生徒の学力
「ゆとり教育」てなんだったんだろう。 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ@WebryBlog)
今日は省庁3連発。
もう気付こう、文科省なんか不要だ [ブログ時評08] (ブログ時評)
 学力低下が言われる中、02年度に導入されたばかりの「総合的な学習」見直しを中山文部科学相が表明したことを受け、2月の中央教育審議会で具体的な検討が始まりそうだ。文科省が十数年掲げてきた「ゆとり教育」志向の看板が音を立てて崩れていく。  「おぃおぃ・・・
学力低下なんて全く問題なし! (社会学的作法blog)
 かりにあなたの側に学力低下の問題を強迫観念的に悩みわずらう者がいたとしたら、軽蔑の眼をして一笑に付してよし!何の問題もありません。情報化社会は知のありように一層、複雑性を付加していく過程です。例えば年代という条件で学力を観察するならば、10年前と現在で