極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

BALLAD 名もなき恋のうた (2009) 132分

2009-09-20 14:48:00 | 日本映画(映画館)
BALLAD名もなき恋のうた (アクションコミックス)
津寺 里可子
双葉社

このアイテムの詳細を見る



映画クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 (アクションコミックス)
臼井 儀人
双葉社

このアイテムの詳細を見る



 天正2年。小国、春日の国の武将、井尻又兵衛は“鬼の井尻”と恐れられるほどの無類の強さを誇る男。そんな又兵衛が秘かに想いを寄せるのが、幼い頃から一緒に育った春日の美しき姫、廉姫だった。しかしそれは、戦国の世にあっては決して叶うことのない、身分違いの恋だった。ある時、合戦のさなか又兵衛は一瞬の隙から絶体絶命のピンチを招いてしまう。その窮地を救ったのは、どこからともなく現われた少年、川上真一。彼は未来からタイムスリップしてきてしまったのだった。


 映画館 ★★★☆


 まさか、こんなことになろうとは思わなかったわけで、「くれしん」ファンとしてはめちゃ複雑な気持ちです。今現在、まだ本人かどうかの報道はされていませんが、本人であろうと、他人であろうと、どなたかが亡くなっていることは事実なので、遺体が発見されたことはよかったことだと思います。

 で、この映画の話。
「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎監督作品とあって、CGなどの特撮にどうしても目が行き勝ちなんですが、この映画も「愛」に溢れてて・・・ちょっと臭すぎるところがまたなんともいいんですね。もちろん、オリジナルのアニメの出来がいいからだとは思いますが、草なぎクンの朴訥な感じも、ガッキーの勝気なところもなかなかいい感じでした。もっとも、脇を固めた役者達がさりげない演技の中にもいい味を出していて、とてもいい映画でした。

 話の展開もオチも分かってるんだけど、それでも132分の長さをちゃんと見せてくれたのと、これもオリジナルでもちゃんと描かれていたらしい、戦の場面がなかなかよくできていました。

 ただ・・・ちょっと気に入らないのは「ロミオとジュリエット」風の音楽かも(笑)ちゃんと調べてないんだけど、「ここ」というところに流れるあの音楽はオリビア・ハッセーがジュリエットを演じたあの映画のテーマソングの編曲版だと思うんだけどなぁ(笑)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五連休初日 | トップ | 20世紀少年の私 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あたしは (miyu)
2009-09-20 18:16:00
普段「クレヨンしんちゃん」を最近は観てないのですが、
この映画を観たばかりだったので、
あのニュースにはちょっとした衝撃を受けました。
でも、おっしゃるように亡くなられた方がいるのですから、
遺体が見つかったのは良かったですし、
ご本人であろうと、そうでなかろうと痛ましいことには
違いないですよね。
うんうん (しんちゃん)
2009-09-20 20:31:20
 ★miyuちゃん
そのことを凄く感じました。
それにしても山で亡くなる方は多いですね。

 映画はなかなかよかったです。
想像以上の出来だと思いました。
残念です。 (sawaten)
2009-09-21 00:00:21
遺体は白井義人さんだということが確認されましたね!?
私も、しんちゃんファンなので、とても、残念です。
彼の作品は、笑いの中に人間味があり、
下品の中にも、ちゃんとした品格があり、
作品の中で改めて、教えられることもありました。
映画は特に感動物で泣けるんだよね!?
これで、「しんちゃん」は終わりなんでしょうかね!?
うーん (しんちゃん)
2009-09-21 06:50:41
★さわちゃん
亡くなり方がちょっと衝撃的なので、なんともいえないけど。
ただ、ドラえもんはいまだに健在だし、手塚治虫の作品ももちろん楽しめるし、サザエさんも放送は終わってないし(笑)

 まあ、遺族側との話し合いだろうけど、遺族側も「著作権」が発生し印税が入ることを思えば・・・

 なんてリアルな話をしてる私(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
BALLAD 名もなき恋のうた (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『守ることが、愛することだった。 祈ることが、愛することだった。』  コチラの「BALLAD 名もなき恋のうた」は、2002年の「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を実写リメイクした”戦国の世に引き裂かれた、侍と姫の身分違いの恋。誰もが涙する、...
映画『BALLAD 名もなき恋のうた』(お薦め度★★) (erabu)
監督・脚本・VFX、山崎貴。原案、原恵一。2009年日本。時代劇SF映画。出演、
BALLAD名もなき恋のうた (にき☆ろぐ)
こちら映画公開まで色々ありましたがやっと見ましたよ私は先に原案である「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を見てますなので今回の感想についても原案と比べる部分もあるかと思いますまず映画として驚いたのは結構原案に忠実な展開だったことまぁもちろ...
BALLAD 名もなき恋のうた (だらだら無気力ブログ)
「クレヨンしんちゃん」の劇場版シリーズの中でも名作と言われる第10作目の 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』を実写でリメイク した時代劇ファンタジー映画。 戦国時代を舞台に小国の姫君とその国に仕える武将との身分違いの叶わぬ恋 の行方をタイ...
BALLAD 名もなき恋のうた (週末映画!)
映画「BALLAD 名もなき恋のうた」の感想・評論のまとめ
BALLAD 名もなき恋のうた (Thanksgiving Day)
映画「BALLAD 名もなき恋のうた」を観てきました!! この映画の元は「クレヨンしんちゃん」の劇場版シリーズというこの映画、時代劇ものは少々苦手でもあるので、最初知ったときには、ほとんど観る気がなかったんですよ。 でもなかなか評判もいいようなので、せっか...
劇場鑑賞「BALLAD名もなき恋のうた」 (日々“是”精進!)
Ballad名もなき恋のうた「BALLAD名もなき恋のうた」を鑑賞してきました子ども向けアニメでありながら時に高い物語性で大人たちから評価されてしまうことも多い「劇場版クレヨンしんちゃん」シリーズ。本作は、その中でも「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」と並...
BALLAD名もなき恋のうた (Sweetパラダイス)
これは2002年に公開された映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」の実写化アニメの方は子供に見せたくない番組上位だとかまあたしかにね実写版はアニメのムードはなかったですね私、戦国もの好きなんですよ~この監督が「ALWAYS三丁目の夕日」の山崎貴...
BALLAD 名もなき恋のうた (充実した毎日を送るための独り言)
・BALLAD 名もなき恋のうた(9月5日より上映 草なぎ剛・新垣結衣出演) これはもともとアニメの「クレヨンしんちゃん」の映画版を実写版として制作されたものである。「クレヨンしんちゃん」の方は見たことはないので、とりあえずそれとは切り離して感想を述べたい。...
『BALLAD 名もなき恋のうた』 (・*・ etoile ・*・)
'09.09.20 『BALLAD 名もなき恋のうた』@TOHOシネマズ市川コルトン なんだかとっても気になったので、連休中だし地元のシネコンへ見に行ってきた。 *ごめんなさい! 辛口です 「小学生の川上真一は最近、毎日のように美しい姫が湖のほとりで祈る夢を見ていた。あ...
BALLAD 名もなき恋のうた (新垣結衣さん&草なぎ剛さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆廉姫 役の新垣結衣さん(のつもり) ◆井尻又兵衛 役の草なぎ剛さん(のつもり) 映画『BALLAD 名もなき恋のうた』は、アニメ映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』を原案とした作品で、監督は『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズで有名な山崎貴さんで...
★「BALLAD 名もなき恋のうた」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
こないだ観た「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」の実写版。 主演の草なぎつよしの公然わいせつ事件後の大仕事でもあったし・・・ しんちゃんの原作者の死亡事故があったり・・・で、 劇場公開から数週間たった平日昼間でも多めの入りでした。
BALLAD 名もなき恋のうた マンガやん!ってマンガやったよね(笑) (労組書記長社労士のブログ)
【 52 -12- 1ヶ月フリーパスポート=1 】 先輩んちで昨夜は飲んだくれていたんやけど、いつの間にか気を失ったようで(@ ̄ρ ̄@)zzzz、朝、布団の中で目を覚ましたときにはいったい何処にいるのか、いつの間に眠ったのか、どうやって布団にちゃんと入ったのか思い出せ...
「BALLAD 名もなき恋のうた」 僕らが忘れているシンプルな生き方 (はらやんの映画徒然草)
大人も泣いたと言われる「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を
BALLAD名もなき恋のうた(テレビ録画) (単館系)
2011年08月28日23時39分00秒テレビ朝日日曜洋画劇場「BALLAD 名もなき恋のうた」 ※時刻は録画終了時間。 録画にて鑑賞。 原作はくれよんしんちゃん 原作は読んだことないです。 アニメも。 今回はそ...