極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

明日の記憶 (2005) 122分

2006-05-14 17:11:07 | 日本映画(映画館)
 広告代理店に勤める49歳の佐伯雅行。仕事も充実し、一人娘の結婚も控え、公私ともに忙しくも幸せな日々を送っていた。ところが最近になって急に物忘れが激しくなり、不安になって病院を訪れた佐伯は、そこで衝撃の事実を告げられる。医者が下した診断は“若年性アルツハイマー”というものだった。やり場のない怒りと不安に苛まれる佐伯。だが、そんな夫を妻の枝実子は静かに受け止め、2人で一緒に病と闘い続けようと覚悟を決めるのだった。

映画館 ★★★★

 この映画・・・今日見に行くまで、「堤監督」の作品だってことを知らなかったんです(爆)そうです・・・「トリック」「サイレン」の監督です。もうすぐ「トリック2」が公開されるってことは・・・半年のうちに3本も公開されるってことで・・・すごいよなぁ(^^;

 劇場は夫婦50割引を利用した、私よりちょっと上のお兄さんお姉さんのカップルで一杯でした。みんな奥さんにつれてこられたんだろうなぁ(^^;
 でね・・・私の隣もそういったご夫婦だったんですが、夫婦して泣きまくってたの(笑)あちこちですすり泣く声が聞こえ、「海猿2」では泣けなかった人もこちらでは泣けますので(笑)え?私?私は泣かないんです(爆)

 さすが堤監督、どういった処理をしてくれるのかと楽しみにしていましたが、あちこちに「トリック風」な演出が見られ、「トリックファン」で泣き虫のあなたには超オススメっす(笑)私のお友達にこの2つの条件に該当する人が2人ほどいてね(笑)ちょっと「物理的」に無理なんだけど、二人一緒に見てもらいたいなぁ(^^;

 誤解を招くかもしれませんが「アルツハイマーと戦って共存していく」って言う勇気を与えてくれる映画だと思います。もちろん製作者側も単に難病感涙モノをつくったつもりではないでしょうし、タイトルにもそれはあらわれていますね。
出てくる人がみんな優しいの。焼き物教室のオヤジもあれはあれで茶目っ気があって憎めないなぁ(^^;

 ラストシーンから・・・二人は「明日(未来)の記憶」を作っていくわけだしね

 ただ・・・本当に残念なのは
「あの映画」を見た人が「この映画」をみて・・・
「おんなじやん!」って思う人がたぶんいるはず・・・ってことかな?
あのテストのシーンももちろんそうだし、「夫婦の片割れ」が病に倒れるってのもそうだし、メモをあちこちに貼るってのもそうだし・・・

 大きく違うのは(国の違いは当然だけど)前者が新婚さんで子どもはいない後者は孫までいる結婚25周年を迎えた熟年夫婦ってことなんだよね。だからこそ私はもちろんこの映画のほうが感銘を受けました

 でもやっぱなぁ・・・二番煎じって感は否めないなぁ(^^;
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (28)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グッドナイト&グッドラック... | トップ | モモ 2態 U^ェ^U »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あの映画 (kossy)
2006-05-14 17:26:06
「あの映画」では全く泣けなかった俺ですが、この映画では大泣き・・・

「あの映画」って、オリジナルのドラマのほうが泣けるんですよね。そう考えると、ただ日本映画好きってことなのかもしれないけど(笑)

なんというか、映画の作り方、重みが違うような・・・多分「あの映画」のほうが好きという人のほうが多そうなので発言を控えます・・・
ヾ(@^▽^@)ノわはは (しんちゃん)
2006-05-14 17:43:39
 ★kossyさん

わたしもやはり日本映画のほうが好きなんだよね

日本人だしね(笑)私たちにしか分からない心の「機微」っていうのかな?



 この映画のほうがいいって人のほうが多いと信じてますよ(=^_^=)



 まあ映画に何を求めるかっていうものもあって、この映画の場合、やっぱリアルだから嫌だって言う人もいるかもしれませんが(^^;
ひょっとして・・(爆) (はむきち)
2006-05-14 19:41:10
しんちゃん・・

>「トリックファン」で泣き虫のあなたには超オススメっす(笑)私のお友達にこの2つの条件に該当する人が2人ほどいてね

これって私??(爆)



しんちゃん・・らじゃ!(^^)!

来週のレディースディ絶対に観ま~す!(^^)!
もちろん・・・ (しんちゃん)
2006-05-14 19:47:37
★はむきっちゃん

あと一人は「成田山」ね?(爆)
やっぱり(爆) (はむきち)
2006-05-14 21:15:11
しんちゃん・・あはははははっ!!

めちゃ!!ビンゴや~~!!(爆)

でもね・・・ (しんちゃん)
2006-05-14 21:34:23
★はむきっちゃん

泣いちゃうからね・・・まじで(笑)
あの映画を見た (deco)
2006-05-14 21:38:31
韓流ファンのリアル友人曰く

『あっちよりこっちの方が泣けたし、良かったわ~。絶対見に行ってね』と。

今さっき言われたところです。



堤監督なのね。

じゃあ、見に行くリストに入れておきます(笑)
うん!(^-^) (しんちゃん)
2006-05-14 21:50:14
★decoちゃん

照れちゃって感想が書きにくかったんだけど

いい映画だし、感動するし、めちゃ怖いし・・・(^^;



「あっち」はやっぱうそ臭いもんね(笑)だからこそいいんだろうけどね





(¨* )あのぉ… (Qchan)
2006-05-15 08:25:10
成田山って・・・

もしかして、私ですかい?

「トリック」・・・ファンって程では・・・(;^_^A

まぁ、嫌いじゃないからいいけど、、、。(笑)



あら?(笑) (しんちゃん)
2006-05-15 12:15:34
★Qちゃん

昨年秋の「トリック新作スペシャル」のときに本放送が見れなくって、DVD化されるってことで、メチャ楽しみぃって某所で書いてたからさぁ(笑)

めちゃファンだと思ってたよ?



ねぇ?はむきっちゃん(笑)
えっ?? (はむきち)
2006-05-15 14:04:24
Qちゃん・・「トリック」ファンじゃなかったのですか??(爆)

かなりビックリやで~~~\(◎o◎)/!(爆)



でも・・Qちゃん映画「トリック」は観ちゃいますよね??
そう言われてみれば・・・ (Qchan)
2006-05-15 17:14:58
しんちゃん&はむきっちゃん

連続ドラマでやってた時は、必ず見るって程じゃなかったから、それ程のファンって程でもないと思ってたけど、見逃したのを残念に思うってことはファンなのかぁ~・・・(笑)



映画は観たいと思います♪
ちなみに (しんちゃん)
2006-05-15 20:19:10
★Qちゃん

私は「トリック新作スペシャル」と「柴崎香」の話だけを見たことがあります(爆)



映画も「1」は見てないんだよね(^^;
中年の (sabu)
2006-05-18 17:42:08
ご夫婦が多かったですね。

あちこちですすり泣く声が…。

私もウルウル来ちゃいました。

登場人物がみないい人ですね。

陶芸教室の先生も、慌てるところが可愛くて許せるし(^_^;)



彼が渋谷で迷った時に、ナビ役をした彼女(水川あさみだっけ?)の方向感覚はすごい!と思いました(爆)

距離まピッタリ!まるで観てるようでしたね(^o^)丿(笑)
だよね・・・ (しんちゃん)
2006-05-18 19:04:18
★sabuちゃん

私よりも少しお兄さんお姉さんのカップルばかりでした

病気はどんな病気でも怖いんだけど、こういった精神が崩壊していくのはやっぱ重い感じがするなぁ



彼女はずっと部長を見てて、異変をいち早く察知したんだろうね
静かな (deco)
2006-05-18 21:58:08
映画でしたね。



及川くんがなかなか良かったです。

あと、大滝さんも。。。

わ~い♪大滝さんだ~って感じでした。
花咲き花散る宵も~ (しんちゃん)
2006-05-18 22:57:56
★decoちゃん

あの歌最高だったね

あのボケ方なら・・・って、やっぱボケちゃ辛いよね



我が家の近所のおばあさん・・・

ずっと徘徊していてたんだけど、最近見ないなぁって思ったら、家の中に閉じ込めてるってお嫁さんが言ってました

かわいそうだけど、あちこちで転倒して大怪我をするし、勝手にバスに乗って梅田まで出ちゃうし・・・



 って話は関係ないか(^^;



こんばんは (かりめろ)
2006-05-18 23:54:17
私も見てきました!

やっぱり、泣けませんでした(爆)どんだけほど涙腺詰まってるんだろうかとちょっと疑問に思っちゃいましたよ(笑)



堤監督って、やっぱり「トリック」の監督ですよね?

私はトリックをしっかりとは見た事がないので、先入観だけから、ずいぶん違うものを撮っていらっしゃるなぁと思っていましたが、、

やはり「トリック」的手法が使われていたんですね!
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2006-05-19 03:02:59
いつもありがとうございます!

あたしもトリックって、TVで少ししか見たこと無いから、全然違う映画作ったのね?って感じ。

これははっきり言って、ゾンビですからねぇ。自分の意志がなくなると言うことが恐ろしい、、、

あえて反対の立場から考えると、「アルツハイマーになった自分なんかほっておいて、おまえは違う幸せを見つけてくれ!施設に入れてくれ!離婚してくれ!」

そんな意志さえもなくなってしまう、、、

あたしが言うのもおかしいですが、ホント、どうしたら良いんでしょ?

ただただ、怖いです。
(。_。)ウンウン (しんちゃん)
2006-05-19 07:23:40
★かりめろさん

泣けなくったっていいんじゃないですか?

私も全然泣けなかったし(笑)

え?私と一緒にするなって?(^^;



こういったテーマの映画の割には、前半が少々コミカルだったでしょ?そのコミカルな演出も、ちょっと凝っててさ。カットの仕方などはやはり「トリック」でした(笑)

そんなことはともかくいい映画でしたね



★猫姫ちゃん

はい!今日からあなたはアルツハイマーです

って言うんじゃなくって、徐々にって言うのがなぁ・・・

で、一度忘れちゃったらもう少しも思い出せないのかな?



どのような病気になったとしても、どのような程度でも、配偶者に頼ってしまうよね。

で、仮に猫姫ちゃんが言うようなことを相手に言ったとしても、それが本当の夫婦愛かどうかわからないよね



とにかく病気は怖いです

歳相応ならあきらめもつくかもしれませんが・・・



いや、つかないな(^^;
あの映画よりこの映画(笑) (Ageha)
2006-05-19 11:20:04
「あの映画」・・については

救いがないとか

アレで泣かなかったら人間じゃないっていわれてるようでいやだったとかまあ結構辛口でかいてしまって

でもこっちはこっちで感動するというよりは

今そこにある「恐怖」を感じました。

けっしてこれはヒトゴトではないんだと・・・。



・・・確かに似てるかもしれませんが

なんていうか、受け止める側の奥さんが

本人のいないとこでなく時さえも

感情を抑えてキリッとして星空を見上げるとこなんざ

やっぱり伊達に生きてないよな~っていう貫禄。

家族なんだから当たり前という理屈ぬきの愛で

あそこまでできるのかといわれると

正直そこまで人間できてないです・・・。
できますとも(笑) (しんちゃん)
2006-05-19 12:58:44
★Agehaさん

お国の違い、年齢の違い、そのほかの理由で「あの映画」と「この映画」は別物だよね

ただ・・・先にこちらを見ていたら・・・って本当に残念で(笑)

もっとも「あの映画」も元は日本のTVドラマなので、こういったものはやはり日本のお家芸なのかな?なんて思ったりもしましたが



その立場になったら必ずあの通り出来ます

もちろんあんな奇麗事には終わらないかもしれないけれど、そのための「夫婦」だとも思います(^^;
観たよ~ん!(^^)! (はむきち)
2006-05-22 22:32:52
しんちゃん観たよ~ん!(^^)!

渡辺謙さんてかっこいいなぁ~♪

めちゃ!!惚れたわ!!



ミッチーの質問にドキドキで答えました(爆)
(¨* )あのぉ… (しんちゃん)
2006-05-22 23:21:26
★はむきっちゃん



あんた・・・惚れすぎです キッパリ(笑)



でさぁ・・・知ってる?

渡辺謙って、私より1つだけ年上なの(爆)

めちゃおっさんやろ?ヾ(@^▽^@)ノわはは
観ました (Qchan)
2006-05-23 07:51:34
「トリック風」な演出が分かりませんでした。

ってか、やっぱ、「トリック」自体をそれほど真剣に観てなかったから分からないのかも・・・?

たとえば、名刺のお絵かきのとことか?

焼き物屋のオヤジのとことか?

大滝秀治の歌とか?(笑)



「あの映画」の方が泣いちゃった。

ただ、「この映画」を観て設定が似てるとは思ったけど、

別物として観ることができました。

「あの映画」はしゃくりあげて泣いてしまったけど、

こっちの方は静かに泣ける映画でした。



感想ちょこっと追加しました。(苦笑)





>めちゃおっさんやろ?ヾ(@^▽^@)ノわはは

って、年齢的にってこと?

それよりも、自分よりもおっさんやろ?ってこと?

しんちゃんの実物を見たことないけど、見た目は渡辺謙の方が若いんじゃないかと・・・(-。-) ボソッ

εεεεεヾ(*´ー`)ノトンズラッ
映像の処理 (しんちゃん)
2006-05-23 08:16:26
★Qちゃん

演技の演出とかじゃなく、映像の処理の仕方ね

ちょっとした小道具を使ってみたり、簡単に言えばこの映画の内容なら、あんな派手な演出の方法は普通はとらないと思うのね。



うん・・・「あの映画」の方が先に見たからって言うのが一番大きいと思う

まあ、これは個々の感性の問題だからね

私はこちらの方が好きかな



Unknown (exp#21)
2007-09-18 22:45:48
この映画、泣いてしまいました。僕、こういう記憶喪失物に弱いかも・・そして僕も忘れっぽいので、恐怖を覚えて佐伯がやったテストをマキ戻してしてしまいました。
(゜ー゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)ウンウン (しんちゃん)
2007-09-18 22:52:58
★exp#21さん
自分自身が壊れていく恐怖ってあるよね・・・
壊れちゃったら壊れちゃったモノの勝ちって感じもするけどね。
でも・・・やっぱ病気で記憶が亡くなるのは怖いよなぁ・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
明日の記憶 (ネタバレ映画館)
及川医師「映画をご覧になったようですから、問題を出しますよ。さて、次に挙げる俳優のうち、この映画で登場しなかったのは誰でしょうか?」
明日の記憶 (ケントのたそがれ劇場)
『本と映画のランデヴー第六弾』   今回は、まず小説を読んで感動し、そのあと10日後に映画を観たので、まだ原作の記憶がかなり鮮明に残っていました。こういうパターンで映画を観たのは初めてでしたが、レビューを書くには都合が良かったと思います。では、ま ...
「明日の記憶」過去の記憶を無くしても無くならないものがある (オールマイティにコメンテート)
「明日の記憶」は働き盛りの50代目前の営業部長が突然若年性アルツハイマーと診断され、その後の生き方を探していくストーリーである。
『明日の記憶』を忘れないで ([混]ミックスランチ)
渡辺謙 樋口可南子主演 若年性アルツハイマー病に侵された夫と、共に喪失を乗り越えようとする 妻の情愛を描いた『明日の記憶』を観て来ました。
明日の記憶 (ドリアンいいたい放題)
劇場にて仕事前に鑑賞 正確には、本当はその時間帯に行かなければいけない 説明会のことを忘れてすっぽかして鑑賞。。。。 これも何かの因縁だろうか? 非常に重い作品 涙など流せなかった! 食い入るようにして見てた。 明日は我が身? 自分 ...
明日の記憶 (sabuのつれづれ)
若年性アルツハイマーを題材に寄り添う夫婦の愛を描いた作品。
明日の記憶 (DEKO-BLOG)
広告会社の営業マンとして働く雅行は、時に家庭を返り見ないほど仕事に没頭してきた
【劇場鑑賞51】明日の記憶(MEMORYS OF TOMORROW) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
『お前は平気なのか? 俺が俺じゃなくなっても。』 『私がいます。 私が、ずっと、そばにいます。』 思い出が消え去ったとき、 一番大切なものが見えてくる。
【映画】明日の記憶 (かりめろ日記)
■観覧場所 ピカデリー■ ■原作 荻原浩■ ■監督 堤幸彦■ ■脚本 砂本量 三浦有為子■ ■CAST 渡辺謙 樋口可南子 吹石一恵 水川あさみ 及川光博 遠藤憲一 香川照之ほか■ ■あらすじ■ 広告代理店の仕事にも脂が乗り、家庭円満、一人娘 ...
明日の記憶 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  失う怖さ、変わらぬ希望  
明日の記憶 06年104本目 (猫姫じゃ)
明日の記憶 ごめんなさい、あたしはまた、謙さんが、ハリウッド出演の合間に、片手間に撮った映画かと、、、自らがエグゼクティブ・ブロデューサー、気合い入っていたんですね。 監督 堤幸彦 若年性アルツハイマーと言えば、消しゴム ですよね。 でもあたしは ...
「私がいます」と言えること~「明日の記憶」~ (ペパーミントの魔術師)
いや~身につまされる映画でした。 「・じ月を見ている」以・久々夫婦で見にいったんですが。 見終わって”重いよこれ・・”ってしきりにバルが言うてました。 「オレ、めっちゃ不安やし」・・ちょっとどういう意味よ。(爆) 映画館を出てからちょっとして、 ...
明日の記憶 (★明日も笑顔で・・・・★)
作者・・・・萩原 浩
「明日の記憶」 (俺の明日はどっちだ)
うーん、何とも身につまされると同時に、とてもとても優しい慈しみの心に触れる作品だった。 とにかく毎日仕事に追われる主人公が自分と全くの同世代で、そして働いている業界もかつてその末端に身を置いていた広告業界だということでとても他人事とは思えず、つ ...
渡辺謙主演 堤幸彦監督「明日の記憶」特別編・大ヒット記念 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
渡辺謙主演・堤幸彦監督作品「明日の記憶」の試写と ティーチインに参加してきました。 映画は「若年性アルツハイマー病」を 扱っているので重いイメージがあったのですが そこは「堤監督作品」うまく見せてくれます。 前半は「HOW TO アルツハイマー」的で 現 ...
明日の記憶 (とにかく、映画好きなもので。)
   明日の記憶は、ここには無い。自分が覚えている事は、もちろん今までの記憶だ。  記憶の中にはすっかり忘れてしまった事もあるし、未だに覚えている過去の出来事もある。  人間の脳が覚えている事は、もちろん限られている。引出しか ...
明日の記憶 (とにかく、映画好きなもので。)
   明日の記憶は、ここには無い。自分が覚えている事は、もちろん今までの記憶だ。  記憶の中にはすっかり忘れてしまった事もあるし、未だに覚えている過去の出来事もある。  人間の脳が覚えている事は、もちろん限られている。引出しか ...
明日の記憶 (HR BLOG)
大好き堤幸彦監督作品!! それにしても見事に劇場内はおばちゃんばっかやったね(ま、レディースディってのもあったんだけど)υ しっかしすごい迫力やったЮдЮ!! スクリーンから受ける危機迫る圧迫感に引き込まれた。 特に渡謙さんvsミッチーの一連のやりとり ...
明日の記憶 (はむきちのいろいろ日記)
広告代理店に勤める49歳の佐伯雅行。仕事も充実し、一人娘の結婚も控え、公私ともに忙しくも幸せな日々を送っていた。ところが最近になって急に物忘れが激しくなり、不安になって病院を訪れた佐伯は、そこで衝撃の事実を告げられる。医者が下した診断は“若年性ア ...
明日への記憶 (なんちゃかんちゃ)
山本周五郎賞受賞の萩原浩の同名の小説を、世界を舞台に活躍する渡辺謙主演で映画化。若年性アルツハイマー病を患い、不安にかられる男と、彼を必死に支えようとする妻の姿
明日の記憶 (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:渡辺 謙/樋口可南子/坂口憲二/吹石一恵/水川あさみ/袴田吉彦/市川 勇/松村邦洋/MCU/遠藤憲一/木野 花/木梨憲武/及川光博/渡辺えり子/香川照之/田辺誠一/大滝秀治/原作:荻原 浩/脚本:砂本 量/三浦有為子/監督:堤 幸彦/作品『明日の記憶』を観 ...
明日の記憶 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
監督=堤幸彦。原作=荻原浩。脚本=砂田量/三浦有為子。 49歳、バリバリの広告代理店部長が若年性アルツハイマー病を発症し、次々に記憶を失ってゆく。
■明日の記憶 (ルーピーQの活動日記)
広告会社の営業マンとして働く佐伯雅行(渡辺謙)は、大きなプロジェクトと娘の結婚を控えて忙しい日々を送っていたが、ある日原因不明の体調不良に襲われる。妻の枝実子(樋口可奈子)と共に病院を訪れた雅行は、医師から「若年性アルツハイマー」の診断を受け ...
明日の記憶 (Digital-Shell Weblog)
昨日はファーストディで料金が1000円だったし、2本観る時間があった(嫌われ松子の一生観て直ぐ駆け込みでしたが)ので頑張りました(^-^;) そういえば最近仕事してねーよ、オレ_| ̄|○
明日の記憶 (PLANET OF THE BLUE)
この映画、観ようかどうしようか凄く迷ってて。 とても関心のあるテーマなんですが、観るのがちょっと怖いなって思ってたんです。 でも関心の方が、恐怖より大きくなって、観ることにしました。 監督:堤 幸彦 出演:渡辺 謙  樋口可南子  坂口憲二 ...
明日の記憶 (映画評論家人生)
千日前国際シネマ 本作に触れない、とても映画評論とは言えない評論を書くが、どうか勘弁してほしい。 人は人でありながら、人とは何かを考える。人は永遠に人、自分を追求する。「生まれてきた意味」「生きてい
陶 ~「明日の記憶」~ (サナダ虫 ~解体中~)
堤幸彦監督作品、渡辺謙主演の、 映画 「明日の記憶」を観た。 若年性アルツハイマー病に侵された夫と、そんな彼を支える妻の、夫婦の物語。 第18回山本周五郎賞を受賞した、荻原浩の同名長編を映画化。 感想。 ①「桜」「電車」「猫」の言葉より、引き ...
明日の記憶 (めざせイイ女!)
若年性アルツハイマー 最近よく目にするようになった言葉 でも 告知されると言うことは 一種の死の宣告なのか?? 「『あんたは ゆっくり死ぬんだ』 と言ってくれ~」 と言うところが...
明日の記憶 (壺のある生活)
明日の記憶 Ashita no Kioku (2005/日本) 謙さん・・・! 監督 堤幸彦 Tsutsumi Yukihiko 原作 荻原浩  『明日の記憶』(光文社刊) 脚本 砂本量 Hakaru Sunamoto 出演 渡辺謙 Ken Watanabe (佐伯雅行) 樋口可
Memories Of Tomorrow (Unknown)
『明日の記憶』 大手広告代理店の部長を務める佐伯雅行(渡辺謙)は、50歳を目前に大きなプロジェクトと娘の結婚を控えていました。そんな仕事も家庭も順風満帆だった中年男性に突如、病が襲います。病名は若年性アルツハイマー。 この病は決して他人事ではな ...
『明日の記憶』 (京の昼寝~♪)
「あなたと生きる」     俺が変わってしまっても、  俺が俺でなくなってしまっても平気なのか?                                   私が、                                   ...
明日の記憶 (CinemA*s Cafe)
http://www.ashitanokioku.jp/ `s(・'・;) エートォ... 思ったよりもなんかつまらない映画だったかなぁ~。 期待しすぎてしまったというところがあるのかもとも思うけども・・・。 両親がみたいというので、3
明日の記憶 (きょうのできごと…。)
「堤監督の新作キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!」(堤監督好きです) と、思いつつストーリーを見たら、若年性アルツハイマー病…。 本業の絡みもあったり(謎)、 作品自体もかなり真面目な話しっぽいので 二の足を踏んでしまい、公開終了ギリギリで映画館へ ...
mini review 07005「明日の記憶」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2005年 製作国 : 日本 時間 : 122分 公開日 : 2006-05-13~ 監督 : 堤幸彦 出演 : 渡辺謙 樋口可南子 坂口憲二 吹石一恵 水川あさみ 木梨憲武 及川光博 渡辺えり子 香川照之 大滝秀治 袴田吉彦 松村邦洋 ...
DVD『明日の記憶』 (みかんのReading Diary♪)
明日の記憶 (2005/日本) オススメ♪ 広告代理店に勤める佐伯雅行(渡辺謙)は、平凡だが幸せな暮らしを送っていたが、ある日突然若年性アルツハイマー病に襲われる。あらゆる事柄をメモに取り、病魔と必死に闘い始める夫を、懸命に受け止め、慈しみ、い ...
明日の記憶(DVD) (ひるめし。)
いま、妻に――― 「ありがとう」の言葉を
明日の記憶 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
誰にでも突然襲い掛かる可能性のある若年性アルツハイマー病。人を愛すること、そして一緒に生きていくことを素晴らしさを伝える素晴らしい映画!                       評価:★10点(満点1...
『明日の記憶』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ広告会社の営業マンとして働く雅行は時に家庭を返り見ないほど仕事に没頭してきた。大きなプロジェクトと娘の結婚を控える今突然、物忘れの症状が酷くなった。病院を訪れると「若年性アルツハイマー」の診断を受ける・・・。感想この映画を一言で言うとええ映画や...
大失敗だった 明日の記憶 (Cigarの見る風景)
先日 “明日の記憶“ という邦画をテレビで放映されていた背中越しに聞きながらなので しっかりは見ていないのだ やはり 映画はロードショーで見るに限る最大の理由は 放送時間の制限から映像がカットされることだこのストーリーは アルツハイマーを告知された広告...
明日の記憶 (Yuhiの読書日記+α)
堤幸彦監督、渡辺謙、樋口可南子、坂口憲二、田辺誠一ほか出演。第18回山本周五郎賞を受賞した荻原浩の同名長編が原作の人間ドラマ。 広告代理店でバリバリ働く佐伯雅行(渡辺謙)は、平凡だが幸せな暮らしを送っていたが、ある日突然若年性アルツハイマー病に襲われる...
CINEMA●STARR「明日の記憶」 (しっかりエンターテイメント!)
明日の記憶 監督 堤幸彦 出演 渡辺謙、樋口可南子、他 バリバリの営業マン佐伯。ある日体の変調から診察を受けると若年性アルツハイマーと診断される。記憶を失っていく辛さとそれを支える妻の苦悩を描く。    涙涙の物語。失う恐怖と、忘れられる悲しさが伝...
<明日の記憶>  (楽蜻庵別館)
2006年 日本 122分 監督 堤幸彦 原作 荻原浩「明日の記憶」 脚本 砂本量  三浦有為子 撮影 唐沢悟 音楽 大島ミチル 出演 渡辺謙  樋口可南子  坂口憲二  吹石一恵    水川あさみ  袴田吉彦  及川光博  香川照之    渡辺えり子  ...