極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

SAYURI (2005) MEMOIRS OF A GEISHA 2005 146分

2005-12-11 18:30:12 | 外国映画(映画館)
貧しい漁村に生まれ、9歳で花街の置屋に売られた少女・千代。そこには、千代と同じ境遇のおカボという少女と、花街一の売れっ子芸者、初桃がいた。下働きの辛さと、初桃の執拗ないじめに希望を見失いかけていた千代に、ある時、“会長”と呼ばれる立派な紳士が優しく声を掛ける。この一瞬の出会いが千代に確かな希望をもたらした。以来、芸者になって会長さんにもう一度逢いたいと夢見る千代。15歳の時、そんな千代に転機が訪れる。

映画館 ★★★★

 まあ日本では「芸者の思い出」なんてタイトルでは公開できないよね(笑)
なかなかよくできた「西洋人がみた日本」の映画でした。こういう映画・・・たとえば「ラストサムライ」やこの「SAYURI」をみて、我々日本がどういう風に見られてるかというのを感じることも大切だと思います

 もちろん、我々ですら「花柳界」のしきたりなど知る由も無く、この映画によって「置屋」や「半玉」「水揚げ」などのことを知った人もたくさんいるでしょうね(笑)

 英語でのセリフは大正解だと思います
登場人物を日本人で固められないのなら、下手な日本語で演じられるくらいだったら、英語でのセリフは私たちにとってもこの映画がフィクションであり、ファンタジーであることを認識させてくれるしね

 ただ・・・これは本当に仕方ないとは思うんですが、重要な3人の芸者をすべて中国人に持っていかれたのは残念かも(笑)一応オーディションもあったらしいし、いろいろなことを考慮したうえでのこの3人って事なので日本の女優さんたちにも今一度の奮起を期待したいですね

 まあ、製作者側から見ても今の現代日本女性よりもこの3人のほうが60年前の日本の芸者に見えるっていうのも事実なんでしょうね・・・私もチャン・ツィイーは青い目こそしていましたが、日本人だと疑いももしませんでした(笑)

 子役の女の子が一番素晴らしいとは思いましたが、桃井かおりの演技もまた素晴らしかったなぁ・・・あの英語の台詞回しで、「桃井かおり」してたんだもの(笑)

 線香に火をつけるシーン・・・
1本の線香が消えるまでの時間を「花代」とし、芸者として一人前になったことのたとえに「一本になった」という表現を使いますが、上方落語の大作「立ち切れ線香」を思い出しました・・・また芸者だけではなく、春をひさぐ仕事の「ちょんの間」というのはこの線香1本が燃え尽きる時間から来ているそうですよ・・・って映画には関係ないけどね(笑)

 まあこれを機会に「舞妓」「半玉」「芸者」「女郎」などの違いなどを勉強するのも日本文化に触れることかもしれません・・・って私はジジイか(笑)


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザスーラ (2005) ZATHURA ... | トップ | 半期に一度 (⌒▽⌒)アハハ »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のびぃ太)
2005-12-12 14:30:21
ヒロインが中国系と言うだけで見る気なくしちゃいました。

もう、ミスセブンティーン北川景子のワイルドスピードが出来上がるまで待とうなんて考えています。
旦那 (kossy)
2005-12-12 16:48:27
宝くじが当たったら何に使いますか?

などという質問に対する答えの選択肢に「花代」「水揚げ」「旦那になりたい」が付け加えられるのは間違いないことでしょう。

(⌒▽⌒)アハハ (しんちゃん)
2005-12-12 20:01:58
★のびぃ太さん

「ミスセブンティーン北川景子のワイルドスピード」は知らない私(笑)

その娘があのシリーズに出るわけ?



★kossyさん

あこがれるよなぁ・・・「旦那」(笑)

一度「放蕩」っていうのを尽くしてみたいな(爆)
見てきたよ~~~~!! (はむきち)
2005-12-13 12:58:11
しんちゃん・・めちゃ「ドロッ」としてて面白い映画だったよね~(笑)



しんちゃんの言う通り、色々「芸者さん」「女郎」とか色々勉強になりました!!

雰囲気は分かるけど、ここまで知らなかったもんね~。。

豆葉と初桃の心理戦な部分もいいよね~♪

音楽もよかったしなぁ~。。

このコンリーは大好きです\(^o^)/



北川景子さんについて (のびぃ太)
2005-12-13 18:01:50
こちらのニュースをご参照願います。



★北川景子ハリウッド大抜てき

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051212-00000010-sph-ent

(。_。)ウンウン (しんちゃん)
2005-12-13 19:01:21
★はむきっちゃん

なかなか丁寧に作られていました

ドロドロ部分もなかなかいけてたよね



チャン・ツィイー・・・もう少しふっくらしてたらよかったのになぁ(^^;



★のびぃ太さん

なるほど・・・

セーラームーン実写版は見ていましたが、セーラーマーズがどんな顔してた全然思い出せない私です(^^;
予想以上に (RIN)
2005-12-14 01:17:12
上手く作ってたと思いました。

(ナンデそんなにエラソウなんだっ!)

ただ、ミシェル・ヨーは、もうちょっと髪の毛

黒くして欲しかったなあ・・・。

うん!(^-^) (しんちゃん)
2005-12-14 08:21:48
★Rinちゃん

よくできていましたね←めちゃ偉そう(爆)



女優陣の素晴らしさに比べ・・・(⌒▽⌒)アハハ!

ちょっと二人とも気合が入りすぎてたかも(笑)
コン・リーの (shoegirl)
2005-12-15 00:20:33
初めて千代ちゃんを見たときのシーンが印象的でした。

一瞬にして自分を脅かす存在になる事を見抜く初桃もまた一流芸者だったのですよね。

そのコン・リーの表情、すごかったですね。

まさに女のドロドロっていうところを凝縮してました。

shoeはこの映画でいつもいつもニコニコしている女が

時にチラっと覗かせる本性は

肌見せのチラリズムより色っぽいかもっていう結論です。

(って、何の学習だ・・・)
(。_。)ウンウン (しんちゃん)
2005-12-15 07:46:48
★shoegirlちゃん

自分が生きていくうえでの「障害」や「敵」を見抜く力が備わってるんだろうね

もちろん、初桃自身がそれまでの辛い人生で培ってきたものなんだけど・・・

それもまた「悲しい」事だよね(^^;
TBありがとうございます♪ (さや)
2006-01-09 20:52:33
TBさせていただきました♪初めまして♪

アジアン・ビューティーさゆりは最高でした☆

ちょっと『女の怨霊』の様な踊りはいただけなかったですが(笑)

また遊びに来て下さいね☆

コメント待ってます(^∀^)V

ひょっとしたら (しんちゃん)
2006-01-09 21:17:11
★さやさん

今の日本人以上に当時の日本人らしいかもしれませんね(^^;



清楚な美しさが光ってました
↑の皆さんの (sabu)
2006-01-26 22:03:49
コメントにいちいちウンウンと頷いてしまいました。

丁寧ないい作品だと思いますが、私はちょっと穿った見方をしてしまいました(^_^;)



でも、美しかったです。

映像も女優陣も。
そうだね (しんちゃん)
2006-01-26 23:37:52
★sabuちゃん

あくまでもハリウッド映画として見なきゃいけないんだけどね(笑)

ま、アメリカ人にとっては中国も日本も「同じ」なんだろうね(笑)



コン・リーやミシェル・ヨーだったからよかったかもしれないなぁ(^^;
検索しても (じゃすみん)
2006-07-28 19:39:10
探せなかったのよ。なぜか・・・。

TBしてくれてサンキュー!



芸者がみんなそういう境遇なのかわからないけど 昔は借金のかたに 売られるようなことが多かったんだろうな。時代劇によくあるぐらいだから。

しかし、すごいよねぇ~。女は怖い!って感じの映画だったわ。

今の時代なら・・・ (しんちゃん)
2006-07-28 23:54:39
★じゃすみんちゃん

男に貢ぐとか、ブランド品を買うとかで風俗に流れるのかな(笑)



今の時代の芸者は・・・特に京都先斗町の芸者さんなんて、めちゃステータスだと思うけど・・・・



やっぱ昔ながらの風習は残っているのかな?



 みんな「情」が深そうだったよね(^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
SAYURI (Saturday In The Park)
アメリカ 146分 監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー     渡辺謙     ミシェル・ヨー     役所広司 貧しい漁村に生まれ9歳で花街の置屋に売られた少女・千代は先輩で花街一の売 れっ子芸者の初桃の執拗ないじめに遭い辛い日々を送る。そ
SAYURI (ネタバレ映画館)
 『北の零年』では小百合を裏切った渡辺謙。ここで名誉挽回するのか?!  日本文化や日本人の心、はなまちのしきたりなど、「ハリウッドが描いた日本なんて虚構の世界だ」と批判する日本人も多いのだろう。多分、監督もスタッフも出演者も皆十分に納得していたのでしょう
SAYURI 評価額・1300円 (Blog・キネマ文化論)
●SAYURIをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 貧しさゆえに9歳で置屋に売られた少
映画館「SAYURI」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
予告編で観たときの印象、そのまんまの作品でした! 予告編以上に良くもなく、悪くもなく。。。 原作の「Memories of Geisha」、オーストラリアにいたころに外国人の友達に「読んだよぉ~!」って言われたんだけど、そのころ私はこの小説しらなくてなんとも答えよう...
SAYURI(MEMORS OF A GEISHA) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
その少女は、特別の輝きを持っていた・・・ 運命の出会い・・・ 絢爛 無垢 毅然 昔、ダウンタウンがやっていたGEISHA GIRLSの話ではありません・・・(笑)
SAYURI (はむきちのいろいろ日記)
貧しい漁村に生まれ、9歳で花街の置屋に売られた少女・千代。そこには、千代と同じ境遇のおカボという少女と、花街一の売れっ子芸者、初桃がいた。下働きの辛さと、初桃の執拗ないじめに希望を見失いかけていた千代に、ある時、“会長”と呼ばれる立派な紳士が優しく声を掛
SAYURI さゆり MEMOIRS OF A GEISHA (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
チャン・ツィイー、渡辺謙主演 チャン・ツィイーが綺麗でしたが子役の大後寿々花が良かった 千代は貧しい漁村に生まれ 小さな時に姉と祇園の置屋に売られる その置屋の売れっ子芸者初桃が千代に辛く当たる ある時幼い千代が橋のたもとで転んで泣いているのを 通りすがり
SAYURI (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  異国情緒溢れる熾烈な女の世界
ハリウッド日本映画~「SAYURI」 (凛大姐&小姐的極楽日記!)
あれれ??? 予告編で思い切り流れていた「LOVERS」のBGMがなくなってる!! 本編サントラ作成班の仕事完成までの「つなぎ」だったのかっ?!                  マジっすかっっ!! まず、観にいこうと思い、先日ウチの一番近所の映画館に足を運んだので
SAYURI (Akira\'s VOICE)
監督の美意識をたっぷり堪能できる大河ドラマ。 話は普通・・・。
「SAYURI」をみた。 (今日も明日もカエラと映画とマンガ)
「休憩は1分だけです  ラスト2分が勝負」by安西監督(湘北バスケ部) どうも、週末は映画を見る日なってる今日この頃です。 ずーっと公開されるの待ちに待っていた映画・・・ 気合
「SAYURI」 (映画とワンピースのこでまり日記)
貧しさゆえに置屋に売られた千代。辛く厳しい日々の中で、彼女に運命の出会いが訪れる。「こんな美しい日に、悲しい顔は似合わない」――そう声をかけたのは、立派な身なりをした“会長”と呼ばれる、一人の紳士だった…。「もう一度、あの人に会いたい…」その願いを胸に、
『SAYURI』 (Rabiovsky計画)
『SAYURI』公式サイト 監督:ロブ・マーシャル 原作:アーサー・ゴールデン 音楽:ジョン・ウィリアムズ 出演:チャン・ツィイー 、渡辺謙 、ミシェル・ヨー 、役所広司 、    桃井かおり 、コン・リー 、大後寿々花 2005年/アメリカ/146分 おは.
★「SAYURI」 (ひらりん的映画ブログ)
公開初日のナイトショウで観てきました。 時間の関係で2スクリーンやってるうちの小さいほうのスクリーンで見ることに。 あんまり混んでなかったよ。 チャン・ツィイー主演なのに・・・ねっ。
SAYURI~memories of a Geisha (毎週水曜日にMOVIE!)
まあ、このちびさゆり=千代ちゃんのうまいこと、うまいこと。 日本の映画かと思っちゃいました。彼女だけ。あと桃井かおりね。 冒頭から千代ちゃんが花街に売られていくまで、日本語が飛び交い、異様な日本の駅(ブレードランナーみたいだった)を通り、違和感が結構あ
『SAYURI』★★★★・85点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『SAYURI』公式サイト 制作年度/国;\'05/米 ジャンル;ヒューマン               配給;BV、松竹  上映時間;146分  監督;ロブ・マーシャル 出演;チャン・ツィー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/コン・リー観賞劇場:12/14(水)丸の内プラゼー...
SAYURI (Alice in Wonderland)
一人の芸者の数奇な運命を描いたアーサー・ゴールデンの世界的ベストセラー『さゆり』を、スティーヴン・スピルバーグ製作の下、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督がメガフォンをとり豪華に映画化。主演は「HERO」のチャン・ツィイー、共演に「ラスト サムライ」の渡...
「SAYURI」映画の魔法が幸せな気分にさせる (soramove)
「SAYURI」★★★★ チャン・ツィイー、渡辺謙、大後寿々花、ミシュエル・ヨー主演 ロブ・マーシャル監督、2005年、アメリカ この映画に嫉妬した。 日本で描けない 日本の「美」を そこに見たからだ。 戦前までは あんな文化が 日本に存在していたのだと ...
*SAYURI・・・美し過ぎる!* (うさくま広場)
監督:ロブ・マーシャル  原題:MEMOIRSOFAGEISHA製作:スティーヴン・スピルバーグ出演:チャン・ツィイー(さゆり)/ ミシェル・ヨー(豆葉)/ コン・リー(初桃)    渡辺謙(会長)/ 役所広司(延)/ 桃井かおり(お母さん)    工藤夕貴(おかぼ)...
映画「SAYURI」 洋画作品だが、邦画作品でも十分通用する (オールマイティにコメンテート)
「SAYURI」は製作スティーブン・スピルバーグとそのスタッフが結集して日本の芸者の世界を描いた作品である。邦画中心の私がこの映画を見る事事態が珍しいのだが、外国人が作る日本を題材にした映画がどう描かれるのか?を楽しみに見る事にした。
SAYURI / Memorirs of a Geisha (我想一個人映画美的女人blog)
5年くらい前から、ハリウッドで「さゆり」を映画化すると聞いてた。それも、スティーブン・スピルバーグで。 その当時、主演は工藤夕貴と予定されてて、いつになったらやるのかな~と思ってたら 忘れた頃にやってきた! それも、主演には\"アジアンビューティー”の象徴とも
「SAYURI」 三大中国美女夢の競演! (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
予告編を見た時から、ワースト映画の最高峰「ショーガール」の芸者版として見ようと心に決めてました。 だって、チャン・イーモウに見出され寵愛を受けた二人、コン・リーVSチャン・ツィイーだけでなく、 「グリーン・デスティニー」の撮影の時には、マジのケンカにまで発展
映画「SAYURI」 (teeter-totter)
製作:スティーブン・スピルバーグ 監督:ロブ・マーシャル 原作:アーサー・ゴールデン 「Memories of a Geisha」 音楽:ジョン・ウィリアムズ 出演: チャン・ツィイー 渡辺謙 役所広司 ミシェル・ヨー コン・リー 桃井かおり 大後寿々花 貧しい漁村から祇園の置屋へ売ら
SAYURI (八ちゃんの日常空間)
予告編を観て「面白そうだな」と思っていても、観る優先順位は下の方で、もしかしたら観ないかもしれない、と思っていた。それがどうしたことだろう。前売り鑑賞券まで購入し、公開初日に観てしまった。それだけ惹きつけられていたのかも知れない。もちろん、観て正解だ。お.
SAYURI (和日和)
満足度★★★★ シカゴのロブ・マーシャル監督作品であり、 米作家アーサー・ゴールデン作のMemories of Geisha(邦題さゆり)を完全映画化し 日本人役者も大量に出演し話題のこの作品。
SAYURI (八ちゃんの日常空間)
予告編を観て「面白そうだな」と思っていても、観る優先順位は下の方で、もしかしたら観ないかもしれない、と思っていた。それがどうしたことだろう。前売り鑑賞券まで購入し、公開初日に観てしまった。それだけ惹きつけられていたのかも知れない。もちろん、観て正解だ。お.
SAYURI (まぁず、なにやってんだか)
予告を観て、とっても楽しみにしていて前売券を買っていたのに、観に行くのが遅くなってしまいました。公開から一週間経っただけで、近所のシネコンは一日の上映回数が3回に減ってしまい、「評判いまいちなのかなー」とちょっと心配になったのであります。でも、良かったで
【映画】 SAYURI ★★★ (徒然なるままに・・・)
ストーリー: 9歳で花街の置屋へ売られた千代は、下女として働いていた。 ある日、辛さに耐えられず泣いていた千代は、 「会長さん」と呼ばれる紳士から優しく慰められ、 いつか芸者になって会長さんに再会したいと願うようになる。 時が経ち、15歳になった千代は、 芸者の中
SAYURI /さゆり (あいりのCinema cafe)
製作 スティーブン・スピルバーグ 監督 ロブ・マーシャル 原作 アーサー・ゴールデン 出演 チャン
SAYURIぃ~ (ナイス旦那日記)
映画SAYURI観てきました!奥さんと一緒に~。 製作総指揮スピルバーグで『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督という、なかなか豪華なスタッフで、日本を舞台にした映画ということで、前々から結構期待しちゃってました。 さて、内容はというと、昭和初期の京都の花街を舞台
「SAYURI」 (慧の映写会)
アジアンビューティなSAYURI 3月ごろ原作「さゆり」を読んで その時すでに12月あたりに 劇場公開らしいと・・ でもって観ました まさにエンターテイメントです
SAYURI(映画館) (ひるめし。)
CAST:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/桃井かおり/工藤由貴/コン・リー 他 ■アメリカ産 146分 さすがアジアン・ビューティーのチャン・ツィイー!!ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたみたい!!芸者のお稽古の成果が出てよかったね。
SAYURI (toe@cinematiclife)
この映画の中で、すこしでも、え??と思うことが起こるたびに、これはアメリカの日本風アジア人街で起きてることなんだわ・・・。 なんて、勝手に自分に言い聞かせながら観てた。 結局、一人前の芸者になるために苦労を重ねた人が誰も出てこなかった映画だった気がする・・
『SAYURI』 (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
?『SAYURI』 英題 MEMOIRS OF A GEISHA 公式HPはこちら   米国公式HP (日米同時公開の為)  9歳で花街の置屋に売られた少女・千代(さゆりは源氏名)。大変な苦難のなか会長と呼ばれる紳士と束の間の出会いの中で、希望を持ち、いつかあの方に再び逢
SAYURI@シネマメディアージュ:レディースデー夕方 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
ブログ引越後初、かつ2005年の映画鑑賞最後を飾ったのは『SAYURI』。 まだ映画を見る趣味がなかった頃、『ラストサムライ』の“ヘンテコリンなニッポン”の話を映画好きの大学の後輩から聞いても、その時は「ふ~ん」としか思わなかった。 その私が昨日(12/28Wed)、.
『SAYURI ~MEMOIRS OF A GEISHA~』 (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『SAYURI』 公式サイト:http://www.movies.co.jp/sayuri/原題:MEMOIRS OF A GEISHA製作:2005年アメリカ監督:ロブ・マーシャル出演:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/桃井かおり/コン・リー 《公開時コピー》絢爛  無垢    毅然 一人の芸
SAYURI (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
貧しい家庭で育ち、9歳で置屋に売られた千代は、置屋の下女として働かされていました。ある時、「会長」と呼ばれる紳士から優しくされ、その後、芸者になって「会長」と再会することを夢見るようになり...。 豪華絢爛な作品でした。ただ、「貧しく生まれ育った女性の成
happy new year 2006 !! (キャバ嬢このはの気まぐれ日記)
   ? ???? ∧_∧? ????????????(? ´∀` ) ? ――○―――○―――――        Happy? New          Yeаr! ―――――――――――― 明けました~  2006年だねd(^-^*) おめでとぅござぃます♪ 挨拶・日記書くの遅く
SAYURI (KINOKANAL)
監督 : ロブ・マーシャル 出演 : チャン・ツィイー,渡辺謙,ミシェル・ヨー,役所広司,コン・リー,大後寿々花 9歳で花街の置屋へ売られた千代は、下女として働いていた。ある日、辛さに耐えられず泣いていた千代は、「会長さん」と呼ばれる紳士から優しく慰められ、い.
SAYURI-映画を見たで(今年3本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、桃井かおり 評価:85点(100点満点) 公式サイト ハリウッドが描いた日本としては、十分に許容範囲。 幻想的な映像は、日本よりも日本的で美しく、俳優陣の存
SAYURI (さやの映画&日記)
(CAST) チャン・ツィイー:さゆり 渡辺謙:会長 ミシェル・ヨー:豆葉 役所広司:延 桃井かおり:おかあさん 工藤夕貴:おカボ 大後寿々花:さゆり(少女時代) ケネス・ツァン
SAYURI (欧風)
実家宮城県は映画のメンズデー王国(109シネマズ富谷が金曜日、MOVIX利府が月曜日。他の映画館でもやってる)って事は前にもここで書きましたが、そんなメンズデー王国にせっかく帰省してるヒマメンINDYが、これを利用しない訳がないじゃないですか!奥さん!っ
SAYURI (sabuのつれづれ)
花街を舞台とした女の一途な想いを美しい映像で綴った作品。
Geisha映画 (JOCV セブねっと)
水曜日から上映されていた「Memoirs of a Geisha」、今日見てきた。 タイトルの通り、ある一人の芸者の回顧録。 分かり易い内容で、そして出演者の英語が聞き取りやすい。 でも、全編英語にすればいいのに、挨拶や「ありがとう」・「おかあさん」・「おねえさん」と
映画 vol.37 『SAYURI』 (Cold in Summer)
 『SAYURI』  監督:ロブ・マーシャル(「シカゴ」) 出演:渡辺謙(「ラスト・サムライ」)桃井かおり 公式サイト ここ数年恒例となりつつある、元旦の映画鑑賞。『映画の日』ですが初売りは2日からだし、あまり混み合っていなくて.
映画 vol.37 『SAYURI』 (Cold in Summer)
 『SAYURI』  監督:ロブ・マーシャル(「シカゴ」) 出演:渡辺謙(「ラスト・サムライ」)桃井かおり 公式サイト ここ数年恒例となりつつある、元旦の映画鑑賞。『映画の日』ですが初売りは2日からだし、あまり混み合っていなくて.
SAYURI (映画鑑賞★日記・・・)
『MEMOIRS OF A GEISHA』公開:2005/12/10監督:ロブ・マーシャル原作:アーサー・ゴールデン    『さゆり』(文春文庫刊) 音楽:ジョン・ウィリアムズ出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、桃井かおり、工藤夕貴、大後寿々花、ケネ ...
「SAYURI」 (海外ドラマが好き♪)
レンタルで借りてみた。映画館で観れなかった作品だし。 あのね、案外良かったよ? 確かあまりいい評価じゃなかったように思うの。 映画館に行けばよかった!って思ったぐらい。
SAYURI (シネマ通知表)
2005年製作のアメリカ映画。 全米週間最高5位、興行成績$57,490,508。 アーサー・ゴールデンのベストセラーを『シカゴ』のロブ・マーシャルが豪華キャストを迎え映画化。幼い頃に花街に売られた少女・千代。下働きの厳しさと、先輩芸者からの苛めに挫けそうになっていた...
『SAYURI』'05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ9歳で花街の置屋へ売られた千代は、下女として働いていた。ある日、辛さに耐えられず泣いていた千代は「会長さん」と呼ばれる紳士から優しく慰められいつか芸者になって、会長さんに再会したいと願うようになる・・・。感想アカデミー賞3部門受賞(撮影、美術、....
SAYURI (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 絢爛 無垢 毅然  昨日予告しました通り、観てきましたぁ(〃'∇'〃)ゝエヘヘ  全体的な感想としては、良かったですねぇ。  基本的に観る前に批評系は読まずに観に行くんですが、チラっと聞こえてくる評判はイマイチ?ってよりもアラ探し系が多いみたいだったん...