極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

ワールド・トレード・センター(2006) WORLD TRADE CENTER  129分

2006-10-09 16:40:52 | 外国映画(映画館)
 2001年9月11日の早朝。いつものように家を出て署へと向かう港湾警察のジョン・マクローリン巡査部長。彼は署に着くと部下たちを集め“お互いを守り合い、事故のないように”と言葉をかけ、それぞれの現場へと送り出す。ところが間もなく、世界貿易センタービルの北棟に旅客機が激突する大惨事が発生、港湾警察官たちに緊急招集がかけられる。すぐさまマクローリンを班長とした救助チームが結成され、現場へと急行する。


映画館 ★★★

 遠く離れたTVの前の私たち日本人の方が、現場の状況を「ライブ」で把握できていたんだね。
 現場に向かうまでのバスの中、そして現場でも「ヽ(ーー )おぃおぃ・・・何言うてるねん!」ってセリフの応酬で、いかに現場が混乱していたのか思い知らされました。
 
 で・・・本当にリアルだなぁって思ったのは・・・主人公たちは誰一人助けてないんだよね。助ける以前に自分たちが犠牲になっちゃったわけで・・・すごく無念だったと思います。

 実話ゆえに批判しにくいんですが、映画としてはあまり面白いものじゃなかったなぁ・・・
 WTCが崩落するまでの映像は結果がわかっていても固唾を呑むものでしたが、そこからが長くて長くて(^^;

 2人が救出された現場でたくさんの人がいたけど、2人が生還したって事は、その下にもまだ生きている人がいるんじゃないの?なんて思って観るもんじゃないよね?(笑)

 あまりにもたくさんの人が亡くなったので「生還者とその家族」の映画にせざるをえなかったかな?
 いずれにせよ当たり前の話ですが、思ったままお話は過ぎ、思ったままの終わり方でした。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストロベリーショートケイク... | トップ | ザ・センチネル/陰謀の星条... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブッシュ (kossy)
2006-10-09 18:53:51
テレビにブッシュが映ったときに、気の利いた台詞を誰かに喋らすのかと思っていたら・・・

そんなことをしたら検閲でカットされちゃうかもしれない。最近はアメリカも厳しいらしいから。
あの日・・・ (しんちゃん)
2006-10-09 19:30:14
★kossyさん

マイケル・ムーア監督が映画の中でぼろくそにしちゃったしね。

なんだかブッシュさんもついてないというか・・・やっぱどんくさいって言うか(^^;
う~ん・・・ (はむきち)
2006-10-12 20:52:51
いい映画・・って言っていいのか・・う~ん悩みます。。

やっぱりリアルでめちゃ!!痛い映画でした。。

いたくって・・・ (しんちゃん)
2006-10-12 21:28:21
★はむきっちゃん

重苦しくって・・・って感じだね



よほど見たい!って思っている人以外には勧めていない私です(笑)
この題材で感動させるって・・・。 (Ageha)
2006-10-13 17:54:54
カキコしあうなかで出てきたことは、

描き方は何通りもあって

それが、自分の望む形で出てこないと

違和感を持ってしまうんだろうということ。

・・・それでも現場に居合わせないまでも

その瞬間をテレビでリアルタイムに見たもんとして

どんな映画が出てきても多分見るだろうなってこと。



忘れないために、繰り返さないために。





これはあくまでもこの事件の一部分。

この映画が作品としてどうのっていうより

見て考えるのはこっち。

これをうけて自分らが持ち帰って

どう考えるのかって話だと思うわけで。



ただ、アカデミー賞最有力とかいう宣伝は

やめてほしいなって・・・。

感動の娯楽作品・・にしてほしくないなって。
この先・・・ (しんちゃん)
2006-10-13 18:41:28
★Agehaちゃん

クリント・イーストウッドの硫黄島2部作が公開されるわけで

これも勝者側が日本の硫黄島玉砕をどう描くかが、すごく興味があるんだよね



日本側が2万人、アメリカ側が6000人以上の死者(重軽傷者が2万人以上)



過ちを繰り返さないというメッセージを感じ取れたらいいな

観たよ~~!! (はむきち)
2006-10-19 17:17:41
しんちゃん・・本当痛い映画でした(^_^;)

あまりこの映画観て~~!!な感じじゃないよね。。

やっぱり本当のお話だけに、しんどかったです(^_^;)
しかし・・・ (しんちゃん)
2006-10-19 18:24:21
★はむきっちゃん

この映画や「カポーティ」などは映画好きを自認するならば観にいっておかないと・・・って感じだもんね(笑)



ニコラス・ケイジじゃなくてもよかったよなぁ



思っていたほど (Qchan)
2006-10-25 22:53:27
しんどくはなかったね?

ユナイテッド93みたいにテロの映像もなければ、

飛行機がビルに突っ込むしーもなかったし、

それがなかっただけでも随分と観る方の心理的なものが違うんだな~って思った。
そうなのよね (しんちゃん)
2006-10-25 23:05:41
★Qちゃん

ビルが崩壊するまでは「911」って印象が強かったんだけど、それ以降は普通の救出劇に見えちゃったの。



で、彼らはテロだってことを知らないないんだよなぁ・・・って思ったら、なんだか全然違う雰囲気に思えてね(笑)
何故に・・・ (未来)
2006-10-29 23:17:40
主役が2警官だったんやろう。。。

まぁ、生還できた人からでないと真実の物語はムリか。。。

9.11というより‘普通の救出劇’ってカンジで・・・

「9.11」なので・・・やはり何も言えない^^;
(。_。)ウンウン (しんちゃん)
2006-10-29 23:36:47
★未来ちゃん

この映画も演出的にことさら「テロ」が悪いとは描かれてなかったね。

そこにあるのはただ真実のお話。

黙々と救出されるのを待ち、私たちも結果を知りつつ息苦しさと戦いながら「頑張れ!」って声をかけてしまう映画でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ワールド・トレード・センター (ネタバレ映画館)
ニコラス・ケイジが扮するジョン・マクローリン・・・『ダイハード』の主人公の名前の由来もここからだというのは全くのデマです。
ワールド・トレード・センター (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆ 公開日:2006年10月7日 配給:UIP 監督:オリバー・ストーン 出演:ニコラス・ケイジ,マイケル・ペーニャ,マギー・ギレンホール 鑑賞日:2006年10月7日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 2001年9月1 ...
『ワールド・トレード・センター』 (**Sweet Days**)
監督:オリバー・ストーン CAST:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ 他 2001年9月11日、同時多発テロにより崩壊した貿易センタービルに突入した警察官、ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)とウィル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)は、瓦礫の下 ...
ガレキの下で (藻、たくさんの日々。)
今日は、試写会のため有楽町へ。 観たのは、「ワールド・トレード・センター」。 完成披露の試写会だったらしく、 平日の昼間だというのに、会場はいっぱいでした。 9.11テロの際に、 救出のため出動し、生き埋めになった警官の物語(実話)。 絶望感と ...
「ワールド・トレード・センター」:築地バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}このビルは? {/kaeru_en4/}時事通信社。 {/hiyo_en2/}じゃあ、9.11のときは大変だったでしょうね。事件を伝えなくちゃいけなくて。 {/kaeru_en4/}あの日、ワールド・トレード・センターの外で何が起こったかは、テレビや新聞や通信社の報道で知 ...
「ワールド・トレード・センター」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
日劇1で先日公開した「ワールド・トレード・センター」を見てきました。 史上最大の同時多発テロが起きた9.11。 その標的の一つ、ニューヨークのワールドトレードセンターを舞台に 大惨事の中で奇跡的に生還した二人の警察官とその家族を 実話や証言を元に描いた ...
【劇場鑑賞111】ワールド・トレード・センター(WORLD TRADE CENTER) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
あの日、世界は恐ろしい悪を目撃した。 しかし2人だけは見た。尊い何かを―― 勇気そして生還 これは、真実の物語である。
映画「ワールド・トレード・センター」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年53本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「プラトーン」「7月4日に生まれて」のオリヴァー・ストーン監督作品。9.11米国同時多発テロの際、崩落した世界貿易センタービルの瓦礫の中から奇跡的に生還した2人の港湾警察官の感動の実話を映画化。9.11米国同時 ...
『ワールド・トレード・センター』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『ワールド・トレード・センター』鑑賞レビュー! 勇気そして生還??これは、真実の物語 『ワールド・トレード・センター』 2006年10月7日より全国超拡大ロードショー 製作国?アメリカ ビスタサイズ/ドルビーデジタル 上映時間?12 ...
勇気と生還。~「ワールドトレードセンター」~ (ペパーミントの魔術師)
オリバーストーン監督作品ってことで。 しかも題材が題材なだけにものすごく話題になってて。 風化させてはいけない出来事がある。 そしてこの瓦礫の中へ、身の危険も顧みず 救出に向かった勇気ある男たちがいた・・・。 その事実は語り継ぐべきものだとは思った ...
【劇場映画】 ワールド・トレード・センター (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 2001年9月11日、午前8時40分過ぎ。ニューヨークのシンボルともいえる2つのタワー、世界貿易センター北棟にアメリカン11便が、南棟にユナイテッド175便が激突した。港湾局警察官(PAPD)のジョン・マクローリンとウィル・ヒメノは同僚と現場に急行 ...
映画鑑賞記「ワールド・トレード・センター」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:06.10.13 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16  今でも鮮烈に脳裏に焼きついている「9.11アメリカ同時テロ」。 あれから5年が経ち、あの悲劇を基に制作された映画が今年、相次いで公開された。 本作品は、最も犠牲者が多かったニューヨ ...
★「ワールド・トレード・センター」 (ひらりん的映画ブログ)
2006.10.07の劇場公開初日のナイトショウ(0:10~)で見てきました。 川崎チネチッタの一番でかいスクリーンだったけど、 夜中にしては、けっこう入ってました。 主演はニコラス・ケイジ。 予告で何度も見てたけど、彼だと気づいたのは、つい最近。 役になり ...
「ワールド・トレード・センター」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
書きたい事が色々在り、記事にするのが遅れてしまったのだが、公開2日目に観て来た「ワールド・トレード・センター」に付いて書いてみたい。 この作品は先月観て来た「ユナイテッド93」同様に、5年前に起こったアメリカ同時多発テロを題材にしている。「ユナ ...
『ワールド・トレード・センター』in神戸 (☆えみたんの日記帳☆)
先日映画を久しぶりに見てきたんだけど・・・・ あの「ワールド・トレード・センター」を見てきたよぉ~♪♪ ストーリー テロリストの手によって、マンハッタンの貿易センタービルに旅客機が墜落。多くの人々が救援を求める中、港湾警察官のマクローリンたちは ...
ワールド・トレード・センター (金言豆のブログ ・・・映画、本について)
2006年10月7日公開  それにしてもアメリカっつ~国は大したもんです。  映画のネタが無い無いって万年言ってるわりには、テロだの紛争だの、事実に基づいた戦争のネタにはつきないという・・・それだけ継続的にしょっ
ワールド・トレード・センター (はむきちのいろいろ日記)
2001年9月11日の早朝。いつものように家を出て署へと向かう港湾警察のジョン・マクローリン巡査部長。彼は署に着くと部下たちを集め“お互いを守り合い、事故のないように”と言葉をかけ、それぞれの現場へと送り出す。ところが間もなく、世界貿易センタービルの北 ...
ワールド・トレード・センター (BLACK&WHITE)
監督:オリヴァー・ストーン 出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール、マリア・ベロ 9.11の同時多発テロで崩壊してしまったワールド・トレード・センター。 あの日大惨事を目の前にして何
ワールド・トレード・センター (まぁず、なにやってんだか)
「ワールド・トレード・センター」を観に行ってきました。予告を観ただけで涙が出てしまったので、前から観てみたいと思っていたんです。 数名が救助されても、犠牲になった人が多すぎて、「助かってよかった」という気にはとてもなれませんでした。 瓦礫の中 ...
ワールド・トレード・センター(映画館) (ひるめし。)
勇気そして生還―――これは、真実の物語。 製作年:2006年 製作国:アメリカ 監 督:オリバー・ストーン 出演者:ニコラス・ケイジ/マイケル・ペーニャ/マギー・ギレンホール/マリア・ベロ 時 間:129分 [感想] ニコラスさん、顔がコケすぎ・・・。 前半 ...
ワールド・トレードセンター (なんちゃかんちゃ)
21世紀最大の悲劇“9.11同時多発テロ”。人々の心に残る事件のウラ側を描くヒューマン・ドラマ。監督は「プラトーン」などでアカデミー賞3度受賞したオリバー・ストーン。
ワールド・トレード・センター (future world)
あの悪夢のような9.11を題材に、勇気~生還、感動の真実の物語~~ 予告編でも何度も観て、かなり期待したのだが・・・予想通り泣いてしまったわけだが、どうなんだろう。。 先に観た「ユナイテッド93」とは明らかに描き方や見せかたが違うわけだけど、圧し掛 ...
「ワールド・トレード・センター」 小さくても力強い善の力を信じたい (はらやんの映画徒然草)
9・11から5年。 まだその時の記憶は生々しく、テロ事件をテーマにしていることも
ワールド・トレード・センター (ぶっちゃけ…独り言?)
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 9・11の事を描いた映画を観るのは『ユナイテッド93』『エアポート ユナイテッド93』 に続いてこれで3本目です。 一体あの事件の事を社会派のオリバー・ストーン監督がどー描き出すのか、かなり 楽 ...
ワールド・トレード・センター (CinemA*s Cafe)
公式HP 期待度が大きかったためにちょっとハズレか?という印象を持ってしまったこの映画。 人間が犯した悪がそこにあったのは事実だけど、それを越えようとする人間の善がそこに集結したというラストの言葉には
ワールド・トレード・センター (映画鑑賞★日記・・・)
『WORLDTRADECENTER』公開:2006/10/07製作国:アメリカ監督:オリヴァー・ストーン出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール、マリア・ベロ、スティーヴン・ドーフ、ジェイ・ヘルナンデスその後、あの家出少女はどうしたのでしょう。  ↑...
「ワールド・トレード・センター」 (シネマ・ワンダーランド)
「プラトーン」や「7月4日に生まれて」「アレキサンダー」などの作品で知られる米社会派監督オリヴァー・ストーンが、2001年の9・11同時多発テロを題材に映画化したヒューマン・ドラマ「ワールド・トレード・センター」(2006年・米)。この映画は崩壊した世...
ワールド・トレード・センター 評価:★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
ワールド・トレード・センター (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『勇気そして生還―これは、真実の物語。 いま語り継ぐべきなのは ”悲劇”の中に差し込んだ”希望”の光・・・ 支え合って生きること― 人間のあるべき姿を呼び覚ました感動超大作』  コチラの「ワールド・トレード・センター」は、9.11同時多発テロをオリヴァ...
ワールド・トレード・センター (Yuhiの読書日記+α)
9.11同時多発テロの標的となったワールド・トレード・センターを舞台に、大惨事から奇跡的に生還した男の姿を描く実話を基にした感動ドラマ。監督はオリバー・ストーン、キャストはニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール他。 <あらすじ> 2001年9...