極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

蝉しぐれ (2004) 130分

2005-10-09 18:00:19 | 日本映画(映画館)
 江戸時代、東北の小藩“海坂藩”。15歳の文四郎は下級武士である義父・助左衛門のもと、親友たちと剣術や学問に励む毎日。
 一方、隣家に住む幼なじみのふくとも淡い恋心を育んでいく。そして、文四郎が尊敬する父のようになりたいと思い始めた矢先、その助左衛門が世継ぎを巡る陰謀に巻き込まれ、切腹を命じられてしまう。
 それを境に、罪人の子として辛苦の日々を過ごす文四郎。そんな彼に唯一変わらぬ態度で接してくれたのは親友の逸平と、ふくだけであった・・・

映画館 ★★★★

 藤沢周平原作の映画化は山田洋次監督の手による「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」が印象的ですが、この映画もそれら2作品とはちょっと趣が違いますが、この作品もなかなか素晴らしいものでした

 なにが違うのかというと・・・今作は「方言」を用いていないんです。それが役者たちに演技に集中させる結果になったのかもしれません

 初恋と友情の前半部分から、父親の無念の死で急展開をし、後半へと突入していきますが、前半部分の若い役者さんたちの初々しさがこの映画を単なる時代劇ではなく、青春映画としても充分に楽しむことが出来ます

 文句をつけるとするならば・・・人を斬った事のない二人がどうしてそんなに強いの?ってところなんですが・・・ま、これはこれで仕方がないかな(^^;

 ラスト10分のラブシーンは素晴らしいものでした
ラブシーンといっても、手さえ握ることの無い二人なんだけどね(^^;
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ステルス (2005) STEALTH ... | トップ | この胸いっぱいの愛を (2005... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうだね・・・ (fuu)
2005-10-09 20:11:05
ラストのラブシーンは・・・

言葉さえ少ないもののすばらしいものでしたね・・・



まぁ しんちゃんには手も握らないラブシーンなんてありえないのでしょうけれど(=^^=) ニョホホホ

少しは・・・勉強になったかな?????
( ̄ヘ ̄;)ウーン (しんちゃん)
2005-10-09 21:45:12
★fuuちゃん

目と目を見つめあい・・・



(*mm)キャっっ



そんなラブシーン苦手ですぅ(^^;



 指を吸うシーン・・・ドキドキした?(*mm)キャっっ
評価 (RIN)
2005-10-10 02:03:50
高いですね!

滋賀での撮影が多いから観に行こうかな

と思ってます。

滋賀関係多いですね~、今年は・・・。
そうね・・・ (しんちゃん)
2005-10-10 07:26:36
★RINちゃん

2時間以上じっくりと見ることが出来たしね

どの部分が滋賀での撮影かていうのはパンフに書かれてる「製作日誌」を見なきゃ分かりませんでした(^^;
原作 (kossy)
2005-10-10 15:28:28
ラストの方が違うらしいですね・・・

なんとなく読みたくなってるんですけど、

読む暇がない!

緒方拳さん素敵です~ (ぐ~)
2005-10-10 20:55:22
一言一言のセリフが素敵でした。

ラストのシーンは、目で語るラブシーンでしたね。



あの牢屋?があった坂の階段。長い長い階段。

あそこに行ってみたいです。
そうみたいです (しんちゃん)
2005-10-10 21:50:12
★kossyさん

NHKでもドラマ化されて・・・

その時はちゃんと結ばれるんですって・・・

ただし、一度きりらしいですが(^^;



どちらがいいか・・・これは難しいですよね(笑)



★ぐ~ちゃん

坂が多い映画でした

「海坂藩」ですって(^^;
観たよ (おかん)
2005-10-12 21:50:41
せつなかったね。

忘れ捨てようとしても・・・と言う文四郎のセリフがジーンとしました。

琴線に触れる映画でした。
おか~ん! (fuu)
2005-10-12 22:39:23
是非・・お訪ねくださいな・・・

癒し・・またまた・・に入っております



忘れ物をとりにいこうとした仲だったことを・・

何故か・・思い出しました・・・



しんちゃん!!

この場をお借りいたしましたm(_ _)m
だよね (しんちゃん)
2005-10-12 23:31:46
★おかん

日本人に生まれてよかったなぁ・・・って思う映画だったね(笑)

忘れようとしても忘れられないような恋してみたいなぁ・・・

( ゜o゜)ハッ 背後に殺気!(笑)



★fuuちゃん

(⌒▽⌒)アハハ!

お訪ねして欲しかったらちゃんと「URL」入れておいてね(=^_^=)



そっか・・・忘れ物をね・・・
毎度・・・ (fuu)
2005-10-13 22:46:46
お世話になりまして・・・

ありがとうございます・・・(_ _)



http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/c2468adf34a3becbdb2268993fbd2630/02



これでよろしいでしょうか・・・?



あのね・・・

忘れ物はね・・捨て去るものだったの・・



>忘れようとしても忘れられないような恋してみたいなぁ・・・

そうか・・まだしてないのか

では・・これからね!!頑張ってね(=^^=) ニョホホホ
っていうかね・・・ (しんちゃん)
2005-10-13 23:57:50
★fuuちゃん

記事のURLじゃなくって、タイトルの下の欄に

fuuちゃんのブログのURLを入れておけばいいのよ



忘れ物は捨て去るものだったのね?

...ψ(。。)メモメモ...



それに気がついたってことか(^^;

やっと!! (はむきち)
2005-11-03 15:32:43
やっと見れたわ~~~~\(^o^)/

ほんまいい映画でした。。

最後のシーンがいいね♪

私は「この指覚えてますか・・」この言葉に(T_T)やったわ~~!!

また文四郎さんの言葉もいいしね。。

よかったね! (しんちゃん)
2005-11-03 21:07:10
★はむきっちゃん

よほど見たかったんだね(^^;

普通・・・あきらめるもんね(笑)

もう公開してひと月だもん



いい映画だったでしょ?)^o^(
いい映画だったわぁ (chishi)
2005-11-04 01:04:11
切なかったしね~(泣)



そうか、しんちゃんは

手も握らないラブシーンをこの作品で勉強したと・・・( ..)φメモメモ
(。_。)ウンウン (しんちゃん)
2005-11-04 07:46:25
★chishiちゃん

こういう映画はやっぱ月一で見て「まったり」したいよね(笑)



目と目で見つめあう・・・

そんなラブシーン・・・私には不可能です(爆)
「URL」 (おかん)
2005-12-01 07:54:26
行ってみたけど・・・

「ページが表示されました」と出てるのに

画面は真っ白で、どこに行ったのか・・・?

何も表示されなかったんだけど、、、(-"-;)

私のPCがおかしいの?
((・・ )( ・・))ウウン (しんちゃん)
2005-12-01 08:04:54
★おかん

fuuちゃんち?

あのURLが間違ってるみたいね

あれはTBURLだもん(^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
蝉しぐれ (ネタバレ映画館)
 「文四郎さまのお子様は?」「未だ・・・」「いまだ・・・とおっしゃいますと?」「未だ・・・い、今田耕司」  『たそがれ清兵衛』『隠し剣、鬼の爪』と続いた藤沢周平作品の映画化。今回は、山田洋次監督ではなく、黒土三男監督がメガホンをとった。どうしても山田作品
蝉しぐれ (のんびりぐ~)
作品:蝉しぐれ 監督:黒土三男 主演:市川染五郎、木村佳乃、石田卓也、佐津川愛美、緒方拳 制作:2005年 日本 映画館 蝉しぐれ 「忘れようと、忘れ果てようとしても、  忘れられるものではございません」 -20年、人を想いつづけたことはありますか。- 心待
■「蝉しぐれ」 (こばこば日記)
昔の日本の風景美を背景に繰り広げられる、幼馴染との悲恋を描いた映画。 テレビCMでも一青窈の「かざぐるま」が流れており、あぁ泣かせる映画だなと 予感していたけど、その通り。完全に泣きました、やられました。 計4回ほど涙がこぼれました、、、。 全体的に
#36:蝉しぐれ (*KAZZの呟き*)
KAZZのこの映画の評価   いいねっいやぁ~泣けました こういう映画で感動するようになったって、 やっぱり自分もおじさんなんだぁ~とちょっとショック 邦画は、やっぱり王道の時代劇なのかな ”たそがれ清兵衛”などで知られる 英雄でも、偉人でも無く...
蝉しぐれ (toe@cinematiclife)
どうも、中学・高校時代、歴史の授業がすごく苦手で、「大切なのは、過去よりも未来だろ!!」なんて、傲慢な考えをしてまして(ーー;) が、映画を見るようになってから黒澤作品を見るようになり、時代劇の面白さを知るようになったのです。 しかし、なにせ歴史の勉強が嫌い
蝉しぐれ (はむきちのいろいろ日記)
江戸時代、東北の小藩“海坂藩”。15歳の文四郎は下級武士である義父・助左衛門のもと、親友たちと剣術や学問に励む毎日。一方、隣家に住む幼なじみのふくとも淡い恋心を育んでいく。そして、文四郎が尊敬する父のようになりたいと思い始めた矢先、その助左衛門が世継ぎを巡
映画『蝉しぐれ』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?     ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                       0点□□□□□□□□□□10点     ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→
蝉しぐれ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
日本らしい良い作品だとは思うけど、自分には合わなかった。しかし観る人によっては素晴らしい作品に映ると思います。ラストの市川染五郎と木村佳乃の対話は必見。
映画『蝉しぐれ』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
冬から夏、春から秋へと、季節は走馬燈のようにめまぐるしく巡る。切なく悲しくやるせない思いと共に引き裂かれた恋・・そして無情に飛び散る血しぶき・・ 江戸時代は東北の小藩、義父牧助左衛門(緒形拳)の元で逞しく成長した牧文四郎(市川染五郎)には思 ...
蝉しぐれ (黄昏ミニヨン想録堂)
 今回で最後。『蝉しぐれ』である。
蝉しぐれ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 時は江戸時代-15歳の牧 文四郎(石田)は、東北の下級武士の父親の助左衛門(緒形)を尊敬し、剣術と学問に明け暮れていました。  隣家に住む幼馴染のふく(佐津川)に淡い恋心を抱いていた文四郎でしたが、ふくもまた優しく頼れる兄のような存在の文四郎に憧れて...