極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

リーピング (2007) THE REAPING 100分

2007-05-20 16:53:43 | 外国映画(映画館)
 かつてキリスト教の宣教師として活動していたキャサリンは、幼い娘と夫を失ったことで信仰を捨ててしまう。そして、宗教的な様々な“奇跡”を科学的に解明する専門家として、その道の第一人者となる。そんな彼女のもとに、小さな町ヘイブンで起きている不可解な出来事を解明してほしいとの依頼が舞い込む。調査を始めたキャサリンは、この町で起きている事件が旧約聖書の“10の災い”にそっくりなことに気がつく・・・

映画館 ★★★

 実はこの映画、金曜の夕刊の広告を見るまで全然知らない映画でした。
2度のオスカー最優秀主演女優賞に輝く、ヒラリー・スワンクが「ブラックダリア」の次に公開される映画ってことで、すごく興味があったこと、そしてその広告のコピーの「イナゴ少女、現る」との落差に、「彼女はどうして、そのキャリアとは関係の無い方向のものを選ぶのかな?」なんて疑問に思いました。

 「インソムニア」「ザ・コア」などに出た後に「ミリオン・ダラー・ベイビー」を経て「ブラックダリア」にこの「リーピング」なんだもん(笑)まあ、ここ数年アカデミー最優秀主演女優賞に輝いたグウィネス・パルトロウ、ハリー・ベリー、ニコール・キッドマン、シャーリーズ・セロンなども受賞後にいわゆるB級映画にでまくっていますが(笑)

 で・・・この映画、やはり彼女の演技力というか、存在感に頼らざるを得ない内容であることは確かでした。旧約聖書に記載されている「十の災い」が次から次へと「こじんまり」とある村を襲うわけですが・・・

 そのお話の内容といい、演出といい、オチといい、どれもこれもその古臭さは否めません。こういうのが好きな人にならおススメできますが(笑)

 で・・・私はこういうのが好きなもんで、まあまあの評価です(爆)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パッチギ! LOVE&PEACE (20... | トップ | 2本「無駄なく」観てきました »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
へぇ~~~ (シウ)
2007-05-21 10:22:32
イナゴ少女っていうコピーに
ハーメルンの笛吹きみたいなのを想像して
全然見る気を失くしていたんですが
ヒラリースワンク出演なんですね!
全然気付きませんでした・・・
でも怖いな~~
やっぱり見られないな~~~
(。_。)ウンウン (しんちゃん)
2007-05-21 12:11:07
★シウちゃん
10の災いのうちのイナゴは1つなのよ(笑)

まあ公開したばかりなのでまだあまり書けないけど、ある種「ハーメルンの笛吹き」みたいなほうがよかったかも(爆)

怖くは無いけど、気色悪いかも(笑)
怖かったよ。 (じゃすみん)
2007-05-24 20:11:44
ラストの終わり方が気持ち悪くて。
結局どっちなんだ?って感じでさぁ・・・。
脅かされるシーンが多かったよね。
楽しめたみたいね(笑) (しんちゃん)
2007-05-24 21:10:26
★じゃすみんちゃん
途中までは「ん?ん?ん?」って感じだったけど、ラストに向かっては、めちゃ「定番」って感じで安心してみてました(爆)

まあ、私が寝なかったから面白かったのかも(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「リーピング(THE REAPING)」映画 感想 (Wilderlandwandar)
「イナゴ少女現る」という、よく判らないコピーで宣伝中のホラー映画「リーピング」(
リーピング (ネタバレ映画館)
あなたは奇跡を信じますかぁ?
リーピング /The Reaping (我想一個人映画美的女人blog)
こんなの観ちゃった。 「見所はアナゴの大群!!」って言ったら笑われた{/ase/} 間違えた、イナゴの大群!! 最近ボケがたまにひどい(最近始まったことじゃないかも。。。) 深夜CM大量O.A中で見た人も多いだろうけど、 「この少女の秘密は劇場で!」みたいに言われた...
リーピング (Lovely Cinema)
2007年/アメリカ 監督:スティーブン・ホプキンス 出演:ヒラリー・スワンク(キャサリン)    デイビッド・モリッシー(ダグ)    アイドリス・エルバ(ベン)    アナソフィア・ロブ(ローレン)     今日はCSI:マイアミのDVDをもらうためにシネプ...
映画「リーピング」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「リーピング」に関するトラックバックを募集しています。
映画「リーピング」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年38本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」のスティーヴン・ホプキンス監督作品。オカルト・テイストのスーパーナチュラル・スリラー。家族の悲劇的な死が原因で信仰心をなくした元宣教師のヒロインが、小...
リーピング (海外ドラマが好き♪)
久々の映画鑑賞。ポイントが溜まってたので 行ってきた。結果は・・・。えーん、あんまり脅かさないでよね。 心臓に悪いから。
映画「リーピング(THE REAPING)」 (わかりやすさとストーリー)
●「出エジプト記十の災い」の知識が必須の「信仰の物語」●作品の作り方としては素直。イスラエルの「過ぎ越しの祭り」の由来を知っている人はスグに観に行っても大丈夫。「いなご少女現る」って強烈コピーがたまらない(笑)。イナゴ大量発生シーンは迫力満点だ!
映画「リーピング」 (映画観ないとあかんてぇ~)
かつてキリスト教の宣教師として活動していたキャサリンは、幼い娘と夫を失ったことで信仰を捨ててしまう。そして、宗教的な様々な“奇跡”を科学的に解明する専門家として、その道の第一人者となる。そんな彼女のもとに、小さな町ヘイブンで起きている不可解な出来事を解...
リーピング(映画館) (ひるめし。)
イナゴ少女、現る。
リーピング (The Reaping) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スティーヴン・ホプキンス 主演 ヒラリー・スワンク 2007年 アメリカ映画 100分 ホラー 採点★★★★ 全くもって似合わないのだが、中・高・大とミッション系の学校に通っていた私。しかも、英語の次に得意だった科目が聖書学という更に似合わない過去をも持ってた...
リーピング (週末映画!)
期待値: 53%  「イナゴ少女、現る」のホラー・オカルト映画。 ヒラリー・スワンク、デヴィッド・モ
映画『リーピング』を観て (KINTYRE’SDIARY)
41.リーピング■原題:TheReaping■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:100分■鑑賞日:5月27日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックして下さい□監督:スティーヴン・ホプキンス□製作:ジョエル・シルヴァー、ロバート・ゼメキス、スーザ....
リーピング (映画鑑賞★日記・・・)
【THE REAPING】2007/05/19公開製作国:アメリカ監督:スティーヴン・ホプキンス原案:ブライアン・ルーソ出演:ヒラリー・スワンク、デヴィッド・モリッシー、イドリス・エルバ、アンナソフィア・ロブ、ウィリアム・ラグズデール、スティーヴン・レイかつてキリスト教の...
リーピング (小部屋日記)
The Reaping(2007/アメリカ)【DVD】 監督:スティーブン・ホプキンス 出演:ヒラリー・スワンク/デイビッド・モリセイ/イドリス・エルバ/アナ・ソフィア・ロブ イナゴ少女現る 前々から気になってたことと、「テラビシア」にでてるアナソフィア・ロブちゃん出演...
『リーピング』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
 リーピング 特別版/ヒラリー・スワンクヒラリー・スワンク主演のオカルトスリラー。劇場公開時にめちゃくちゃ気になってた作品だったんだけど、あっという間に縮小上映になっちゃったので見逃してた作品。こういう聖書とか宗教をモチーフにしたオカルトスリラーが大好....
リーピング (mama)
THE REAPING 2007年:アメリカ 監督:スティーブン・ホプキンス 出演:ヒラリー・スワンク、スティーヴン・レイ、デヴィッド・モリッシー、ウィリアム・ラグズデール、アンナソフィア・ロブ、イドリス・エルバ 大学教授のキャサリンは、かつてはキリスト教の宣教...