極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

インデペンデンス・デイ:リサージェンス (2016) INDEPENDENCE DAY: RESURGENCE 120分

2016-07-10 15:07:36 | 外国映画(映画館)
インデペンデンス・デイ [Blu-ray]
クリエーター情報なし
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



 20年前、エイリアンとの戦いに辛うじて勝利し、独立を高らかに宣言した人類は、再び迎えるであろうその時に備え、多大な犠牲と技術革新の上に、強固な地球防衛システムを築き上げてきた。しかし、ついに再び地球に襲来したエイリアンは、人類の想像を遥かに超える進化を遂げていた。元合衆国大統領ホイットモアの愛娘パトリシアの恋人で、20年前の戦いで両親を失った戦闘機パイロットのジェイクは、人類の存亡を懸けた過酷な戦いに身を投じていくのだが…。



 映画館 ★★★☆


 「敵の敵は味方だ!」

 って映画でした(爆)

 要するに突っ込みどころ満載の脳天気なSF娯楽作で、前編をちゃんと踏襲している20年後の続編ってことで。私はこういった続編モノでも、主要スタッフやキャストが続投であればめちゃ認めるんです。監督は脳天気SF大好き監督のローランド・エメリッヒの続投だし、主演のウィル・スミスこそ劇中では飛行訓練事故で亡くなったことになってて(彼の写真のみカオス出演(笑))主人公の1人が彼の息子という設定で、他の主要キャストは20年後に生きていた人は続投しているところに好感が持てました。

 今度のエイリアンの巨大円盤は直径3500キロだっけ?(笑)日本列島がすっぽり収まるくらいの巨大円盤なのに、どうして力技で地球を攻撃しないのかな?なんてのが一番の突っ込みどころなのですが、過去のSF映画の数々の「お約束」を上手にパクってたのも笑いました。エイリアンクィーンも出てくるし←一番のネタバレ(笑)

 で、あの球体は一体なんなん?って話で、あの球体こそがいわば「おとり」だったってことで、難解なSF映画が多い中、何も考えずに楽しめるってことはこの映画の一番の売りだと思います。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝顔日記 2016.12 | トップ | 朝顔日記 2016.13 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (kazu)
2016-07-22 09:50:41
ほんと脳天気な映画でしたね。
何も考えずに楽しめました。
活躍するのは年寄りが多いし
いつものパターンですね。
Unknown (しんちゃん)
2016-07-22 22:45:09
★kazuさん
一応前作の主要メンバーがでていることは評価してあげていんです(笑)

ただ・・・
お馬鹿な映画(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
インデペンデンス・デイ リサージェンス (花ごよみ)
20年前のSFパニック映画「インデペンデンス・デイ」の続編。 1996年、宇宙からの侵略者を撃退、 人類は再来に備え、地球防衛システムを構築。 しかし、再び襲来した侵略者は 想...
インデペンデンス・デイ:リサージェンス  監督/ローランド・エメリッヒ (西京極 紫の館)
【出演】  リアム・ヘムズワース  ジェフ・ゴールドブラム  ビル・プルマン  マイカ・モンロー 【ストーリー】 エイリアンによる地球侵略に人類が立ち向かい、およそ30億人もの命...
映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」 (FREE TIME)
映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」を鑑賞しました。
『インデペンデンス・デイ/リサージェンス』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
宇宙からの侵略者を撃退した地球は、かつてないほどまとまりを見せていた。またエイリアンが残したテクノロジーを用いて、科学も飛躍的に進歩。しかし「もしも」に備えた準備も怠っ...
「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」 虚しい拡大再生産 (はらやんの映画徒然草)
前の「インデペンデンス・デイ」が公開されてから、もう20年経っているんですね。
インデペンデンス・デイ:リサージェンス (銀幕大帝α)
INDEPENDENCE DAY: RESURGENCE 2016年 アメリカ 119分 SF/パニック/アクション 劇場公開(2016/07/09) 監督: ローランド・エメリッヒ 『ホワイトハウス・ダウン』 製作: ローラン......