極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

海を飛ぶ夢 (2004) MAR ADENTRO 125分

2005-04-16 21:36:17 | 外国映画(映画館)
 スペイン、ラ・コルーニャの海で育ったラモン・サンペドロは19歳でノルウェー船のクルーとなり、世界中を旅して回る。だが1968年8月23日、25歳の彼は岩場から引き潮の海へダイブした際に海底で頭部を強打、首から下が完全に麻痺してしまう。
 以来、家族に支えられながらも、ベッドの上で余生を過ごさなければならなくなったラモン。彼にできるのは、部屋の窓から外を眺め、想像の世界で自由に空を飛ぶことと、詩をしたためることだけ。やがて事故から20数年が経ち、彼はついに重大な決断を下す。それは、自ら人生に終止符を打つことで、本当の生と自由を獲得するというものだった…。

映画館 ★★★★

 あなたは自分自身の四肢が不自由になり、自らの命を絶つことすら出来ない状態になったとき、「尊厳死」・・・すなわち他人の手を借りての「死」を選べますか?
もしくは、愛する人の望みでその命を絶つことが出来ますか?

 この映画は本年度のアカデミー賞外国語映画賞を受賞した「愛」で一杯の映画です。
もうね・・・色々な関係での愛が出てきますが、テーマが重く、非情な話だとも思えるのに、見たあとの清涼感というか、清清しさまで感じるのは、この「愛」に溢れた映画だからかもしれません

 主人公役のハビエル・バルデムはこの映画撮影時にはまだ35歳だって事をパンフレットで知って、本当にビックリしました。特殊メイクと彼の確実な演技で、とてもそんな年齢には見えませんでした。ほとんどのシーンが表情と会話のみで語られる主人公・・・彼の表情は多くのセリフをも必要としない素晴らしいものでした

 「命」ということ・・・「生きる」ということをいろいろと考えさせられた映画です。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この花は私です(爆) | トップ | 東宝系 今後の公開予定作品 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱり!! (はむきち)
2005-04-17 00:01:53
しんちゃん待ってました!!!

これは早く見たい作品です。ヽ(^o^)丿

劇場招待券、応募したんだけどはずれちゃって・・(ーー;)

でも!!!絶対見ます(^_-)-☆



私は来週にでも行こうかな(*^。^*)

良い映画だったよ (しんちゃん)
2005-04-17 00:57:12
 すごく心に染み込んでね・・・

最初寝ちゃったけど(爆)>はむきちちゃん

でもね・・・お友達に携帯メルで起こされた(爆)
よい映画だったね (おかん)
2005-04-29 00:49:48
ほんとに愛に溢れる映画だったね。

ランチのすぐ後だったのと、前の日寝るのが遅かったのとで、、、

初めの方でところどころ意識が遠のいてしまった、、、。

で・・・肝心な箇所を見逃してしまった!

引き潮に落ちる前彼は何を考え何を見ていたの?



あれれぇ~・・・?

この手のたぐいの映画では寝ないんじゃなかったっけ???(爆)



s(・'・;)エ-トォ (しんちゃん)
2005-04-29 01:16:24
 ん?何の話?(爆)>おかん

落ちる前っていうか・・・とびこんだんだよ?

で、偶然運悪く引き潮になって・・・



 頭を打った時に、過去のことを走馬灯のように思い出すシーンはあったけど、飛び込むときには何もなかったと思うけどなぁ・・・
私は頸損です (好子)
2005-07-13 12:53:40
私は事故で頸損になりもう6年目です自宅にいます。当時二人の息子は18歳と19歳でした。此の侭長生きする事は恐怖なんです。夫にもし先立たれたらって想像するだけで恐ろしいです。自分の決めた時期に尊厳死を選べたらと思います。
生きる権利 (しんちゃん)
2005-07-13 19:01:45
★好子さん

生きる権利があるのなら

死を選ぶ権利もあって然るべきかもしれません

もちろんそれは「自殺」という形を取るものではなく

法的に認められた「尊厳死」ってことですよね



うわ! (shoegirl)
2005-10-17 00:59:04
しんちゃんさん、この映画ご覧になっていたんですね。

しかも使っている画像、書いている感想がすごく同じ。

しんちゃんさんもそう感じたのですね。

この画像が一番この映画っぽい気がしました。

でも、shoegirl、あまりに似ている感想を書いてしまって恥ずかしいです。

何だかしんちゃんさんの真似したみたいです・・・。

ごめんなさい。
o(*^▽^*)oあはっ♪ (しんちゃん)
2005-10-17 07:49:52
★shoegirlちゃん

この画像はパンフの表紙だし(^^;

感想が似るって光栄ですよん(=^_^=)



いい映画だったよね・・・

やっぱDVD買おうかな(^^;
Unknown (D)
2006-03-08 03:25:14
今ごろですが、やっと見ましたこの作品。

いろんな愛に溢れた作品でした!!

いいですね♪



TBさせていただきます!

考えさせられます (しんちゃん)
2006-03-08 08:11:51
★Dさん

登場人物が全員それぞれの「愛」を見せてくれたと思います



人の命の問題は・・・やはり難しいですが(^^;
Unknown (あっしゅ)
2006-03-30 19:52:20
この映画今日観ましたよ。

健常者には決してわからない

思いをされていたと思います。

一緒になるために死ななければ

ならない、本当にかわいそうでした。

生きる勇気をわけてくれた映画ですね。
そうですね (しんちゃん)
2006-03-30 22:47:46
★あっしゅさん

生きる勇気と・・・生きていく厳しさも教えてくれました

たとえば・・・この映画を見て、自ら命を絶つことを拒絶した人が一人でもいれば素晴らしいと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
CAC映画評:海を飛ぶ夢 (言語生活)
 アレハンドロ・アメナーバル監督は、スタイリシュな映像で幻想を見せる。それは、人自らが作り出す幻想である。それは疎外感から生まれるのか、自己愛から生まれるのか。それを生み出す、『オープン・ユア・アイズ』(1997)での人と人との関係も、『アザーズ』(2001)での幽
海を飛ぶ夢 (エンタメ!ブレイク?)
重たいテーマだが、軽やか&さわやか。 「尊厳死」を望む不遇な男の 飛翔する心を描
映画「空を飛ぶ夢」 (RAKUGAKI)
なぜでしょうか。見終わった後なぜかすっきりと爽快な気分にもなりました。何が正しい
海を飛ぶ夢 (It\'s a Wonderful Life)
かなりデリケートな「尊厳死」というのがテーマになっているので、 この映画は人によって見方がかなり違うんじゃないかと思います。 僕は、主人公よりもこの主人公を支え続けて来た家族たちに胸うたれる ものを感じてしまいました。 全く予備知識無しで観たので...
『海を飛ぶ夢』 (京の昼寝~♪)
 約束しよう。 自由になった魂で、きっとあなたを抱きしめる。 ■監督・脚本 ハレハンドロ・アメナーバル(『アザーズ』) ■原作 ラモン・サンペドロ(「海を飛ぶ夢」) ■キャスト ハビエル・バムデル、ベレン・ルエダ、ロラ・ドゥエニャス、マベル・リベナ、セルソ
海を飛ぶ夢 (No Cinema,No Life)
大好きなアレハンドロアメナーバル監督の作品です。 「オープンユアアイズ」で衝撃を受けたあのサスペンスを作った監督、今度は一転し切なくて心苦しいヒューマンドラマを作ってくれました。その才能には驚きです。 自殺したいと切望する本人の苦しみも伝わってくる、
海を飛ぶ夢 (Akira\'s VOICE)
死をじっくりと見つめた真摯な映画。
Mar adentro★★★★★ (なおのオススメ文芸。)
邦題:海を飛ぶ夢(The Sea Inside) 『25歳の夏にラモン・サンペドロは、事故により首を骨折、寝たきりの生活を送る身体になってしまう。それから26年後、ラモンは自ら人生にピリオドを打つことを決意するが、弁護士フリアと村の女ローザと出会う。人間の尊厳とは何か。生...
海を飛ぶ夢 (future world)
「生きる権利」「死ぬ権利」「尊厳死」・・・これらには永遠に答えが無いのかもしれない。 「生きることへの苦痛」「家族愛」「友情」「男女愛」など盛り込まれたヒューマニティ溢れる作品。 尊厳死を願う・・・人はどんな時も生きなきゃいけない、自ら願い命を絶つな
「海を飛ぶ夢」観ました (Infocierge(インフォシェルジュ))
こんにちは!「海を飛ぶ夢」の感想を書きましたので、TBさせていただきました。よろしかったら、遊びにきてください。
映画「海を飛ぶ夢」 (solaのえそらごと)
ハリウッド・デビュー作の「アザーズ」で一躍有名になったアレハンドロ・アメナーバル監督が、実在の人物ラモン・サンペドロの手記を元に作り上げた。 25歳の夏にラモンは、事故により首を骨折、寝たきりの生活を送る身体になってしまう。 それから28年後、ラモンは自ら人生
映画「海を飛ぶ夢」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
「海を飛ぶ夢」開映11:20@新宿武蔵野館2 「海を飛ぶ夢」 2004年 スペイン・フランス・イタリア スペイン題 MAR ADENTRO  イタリア題 MARE DENTRO  英題 THE SEA INSIDE 配給:東宝東和 監督:アレハンドロ・アメナバール 製作:エミリアーノ・オテギ
『海を飛ぶ夢』 生きることは辛いことなのか!家族の姿に涙するしかない。 (映画のブログBLOG@今日のいいこと。明日のいいこと。)
海を飛ぶ夢 尊厳死という重いテーマだが、まずこの話が実在の人物ラモン・サンペドロの人生を映画化したことに驚かされる。25歳の時に引き潮の海に飛び込み、頭を強打。首から下が不随となり、ベットの上の生活を余儀なくされる。 25歳の若さで!自分だったら。。ど
「海を飛ぶ夢」The sea inside (Cinema,British Actors)
約束しよう。自由になった魂で、きっとあなたを抱きしめる。 (日本語公式サイトよ
海を飛ぶ夢 (ヲイラのだいあり?)
■ 海を飛ぶ夢 ( THE SEA INSIDE ) 4月16日公開 ● 第77回アカデミー賞 外国語映画賞受賞 ● ゴールデン・グローブ賞 最優秀外国語映画賞 受賞 ● ベネツィア映画祭 主演男優賞 受賞 約束しよう… 自由になった魂で、きっとあなたを抱きしめ
海を飛ぶ夢 (シネクリシェ)
 尊厳死を取り扱った作品ということは事前に耳にしていましたが、これほどの直球勝負とは予想外でした。
海を飛ぶ夢 (逃源郷)
 この映画は去年観た「モンスター」同様、法と社会規範について深く考えさせられる映画。自分なりに尊厳死と法について、文献の力を借りてそれなりに勉強してみようという気になった。 とりあえず、作品としてその内容のでき不出来は別として、映画として尊厳死という問題
海を飛ぶ夢 Mar Adentro / The Sea Inside (ネコと映画と私plusワンコ)
おとといナビオTOHOプレックスで観た映画。 この時の一番人気は「甘い人生」だった。 さずが今をときめく韓流スター、イ・ビョンホン主演。 イ・ビョンホンは確かにかっこいいし、「甘い人生」も面白い映画なんだろうけど、この映画もとっても良かった。 とにかく多くの
海を飛ぶ夢 (日々徒然ゆ~だけ)
 安楽死と尊厳死の違いってなんだろうね?不治の病に悲観して死ぬるって意味じゃ,あんまり両者は大差ないのか,とも思う。26年も社会的に死んでいた男が,その身体になってから初めて己の意思で動き,その存在をしらしめたのが死への道筋だった,って笑えない冗談みたい
[映画]海を飛ぶ夢 (遠くの猫を思いながら)
{/fine_face/} もうすぐ公開終了ということで、今日やっと見に行ってきました。 尊厳死という重いテーマを扱った、アレハンドロ・アメナーバル監督のスペイン映画です。 詩人ラモン・サンペドロの手記「LETTERS FROM HELL」を基にしています。 自由を愛するラモン・サン
海を飛ぶ夢 (悩み事解決コラム)
 映画『{{8809,海を飛ぶ夢}}』第77回アカデミー賞外国語映画賞受賞作。 海に飛び込み頭部を強打し首から下が付随になってしまったラモン という男の物語。26年間寝たきり生活を続け、ラモンはつ
海を飛ぶ夢 (いつか深夜特急に乗って)
「海を飛ぶ夢」★★★★★(盛岡フォーラム3) 2004年スペ
海を飛ぶ夢 (生きてるだけで儲けもの☆)
第77回アカデミー賞外国語映画賞受賞作。 海に飛び込んで頭を強打し、首から下が不随になってしまったラモン。 その後、26年間もベッドでの生活を続ける彼が、尊厳死を訴え続ける。 『アザーズ』のアレハンドロ・アメナーバル監督が、 生と死という深いテーマに、...
海を飛ぶ夢 (cinema capsule)
GWの谷間に出勤だったので、早めに帰って近所の映画館 のレイトショーで海を飛ぶ夢を観ました。 今年のアカデミー賞やゴールデン・グローブ賞を受賞していて、 チラシを見て気になってました。 というのもアザーズとかサスペンス調の作品を発表してる イメージの強いアレ
海を飛ぶ夢 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  その魂は真実の希望へと向かう
〔movie〕海を飛ぶ夢 (徒然なるままに)
海を飛ぶ夢 / ポニーキャニオン(2005/10/05)Amazonランキング:414位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 約束しよう。 自由になった魂で、 きっとあなたを抱きしめる。 ***************************************** 海の事故で、首か.
海を飛ぶ夢 (my life of my life)
海を飛ぶ夢監督:アレハンドロ・アメナーバル出演:ハビエル・バルデム , ベレン・ルエダ , ロラ・ドゥエニャス , マベル・リベラStory『オープン・ユア・アイズ』のアレハンドロ・アメナーバル監督によるドラマ。四肢麻痺の障害を持つ主人公.
『海を飛ぶ夢』’04・スペイン (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじスペイン、ラ・コルーニャに住むラモン・サンペドロ(ハビエル・バルデム)は、25歳の夏に事故により首を骨折寝たきりの生活を送る身体になってしまう。それから26年後、ラモンは自ら人生にピリオドを打つことを決意する。尊厳死を支援する団体のジェネ(クララ...
【自宅鑑賞2】海を飛ぶ夢(原題:MAR ADENTRO 英語:THE SEA INSIDE) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
約束しよう。 自由になった魂で、 きっとあなたを抱きしめる。
海を飛ぶ夢 (映画を観よう)
ポニーキャニオン 海を飛ぶ夢 MAR ADENTRO スペイン 2004年 ハビエル・バルデム、ベレン・ルエダ、ロラ・ドゥエニャス、クララ・セグラ、マベル・リベラ、セルソ・ブカーリョ、タマル・ノバス、ホアン・ダルマウ、フランセスク・ガリート 監督・脚本・音楽
「海を飛ぶ夢」 (ひらりん的映画ブログ)
2004年アカデミー賞外国語映画賞受賞作。 尊厳死をテーマにしたスペイン映画。 英題は「THE SEA INSIDE」。
海を飛ぶ夢 (とにかく、映画好きなもので。)
   ベットに寝たきり・・・そして首から下は一切動かせない。  そんな生活を26年も続けてきた男が見つめる生と死。  スペインの海で育ち、ノルウェー船のクルーとなり世界を駆け巡っていた男、ラモン・三ペドロは、25歳の時に岩場から引き潮.
海を飛ぶ夢   MAR ADENTRO 後編 (ちつ子の調教シネマCAFE)
海を飛ぶ夢監督:アレハンドロ・アメナーバル出演:ハビエル・バルデム , ベレン・ルエダ , ロラ・ドゥエニャス , マベル・リベラStory『オープン・ユア・アイズ』のアレハンドロ・アメナーバル監督によるドラマ。四肢麻痺の障害を ...
海を飛ぶ夢 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『世界中が泣いた―― 魂を揺さぶる真実のラブストーリー』  コチラの「海を飛ぶ夢」は、事故で四肢麻痺となった実在の人物ラモン・サンペドロ(ハビエル・バルデム)が尊厳死を切望する様を描いたPG-12指定のヒューマン・ドラマです。  これほど真摯に生と死、...