極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

嫌われ松子の一生 (2006)

2006-05-27 20:29:50 | 日本映画(映画館)
 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに。その後、愛を求めて男性遍歴を重ねるたびにますます不幸になってゆく松子。いつしかソープ嬢に身を落とし、果ては同棲中のヒモを殺害して刑務所に服役してしまう…。

映画館 ★★★★★

  一つの映画の中に、「ミュージカル」「ラブロマンス」「コメディ」「メロドラマ」「ノスタルジー」「サスペンス」「スプラッター」「ミステリー」「ファンタジー」「アダルト」・・・およそ映画のジャンルと呼ばれるものすべてが入っています。

 って言うのもヒロイン「川尻松子」の人生がすごいんです。

 あのね・・・覚悟をして見に行ってね。
 この映画をみたあなたは「映画」のすごさを痛感することでしょう。


 「ものすごいもの」を見たときに、人はどんなリアクションをしていいかわからないときがあるよね?

 この映画がまさにそうなんです。

少しでも早く、この「ものすごい」映画を体験してくださいね(^^;

 って珍しく私は絶賛してるんですが、この映画の細かいことを語りだしたら、どこがどうすごいとか、あの場面がどうだったか・・・なんて、とても書けません

 ただ・・・この映画は好き嫌いがとてもはっきりしている作品なので、見る人によれば、「最低!」って意見ももちろん有ると思います

 しいていえば・・・
「シカゴ」の乗りで「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を見るようなつもりで心して見てください(笑)

 体力はめちゃ必要です(⌒▽⌒)アハハ!

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5・6・7月に公開される映... | トップ | ちょっとむかついた(▼、▼メ) »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そう思います!! (しぃちゃん)
2006-05-27 22:49:59
いい意味でたくさんの期待を裏切ってくれました!!



わたしは原作を読んでいないので・・・

目をパチクリして観ていました(笑)





予告編 (しんちゃん)
2006-05-27 23:04:32
★しぃちゃん

とてもいい予告編だとおもったよ

「緊張と緩和」のさじ加減が最高だったね



原作買っちゃいました(^^;
すごい喩え (kossy)
2006-05-28 03:25:36
シカゴのノリでダンサー・イン・ザ・ダーク

言い得て妙ですなぁ・・・

ま、死刑にはなりませんでしたが(笑)



刑務所のシーンもよかったですね~♪
もっときついかもよ?(笑) (しんちゃん)
2006-05-28 03:59:47
★kossyさん

最期があれやん?死刑よりもきついかも(笑)



ホント書き出したら、いくらでも書くことがあって・・・キリがないので書かなかったの(笑)

ツボにはまりまくりました(笑)
予告編見て (かくれ)
2006-05-29 23:43:07
どうしても見たくなって、今度の土曜日ナビオチケット予約しました。

一人でささっと観て来ます。

ヨドバシカメラにも行きたいし~。

しんちゃんの感想読んで、ますます期待が膨らむわ♪

迷い中 (じゃすみん)
2006-05-30 00:17:43
わたしにとって 吉か凶なのか。

明日のレディスで行こうか思案中だよ。

(。_。)ウンウン (しんちゃん)
2006-05-30 00:57:47
★かくれちゃん

ヽ(;▽;)ノおひさっ♪♪

そうだね・・・私は腰が抜けるほど感動したけど、好き嫌いの分かれる映画だと思います

かくれちゃんに合ったらいいんだけどな



★じゃすみんちゃん

これって他の人の評価もまちまちでしょ?

でもね・・・メチャ見て欲しいな(笑)

私と好みが合わないのは承知してるけど(笑)
昨日 (じゃすみん)
2006-05-31 06:17:35
陽気なギャングと松子観てきたよ。

ドン引きは しなかったけど 哀れすぎて 叱咤したくなっちゃって。

もっとしっかりしなさい!って。

小説なのに 変に気になっちゃったのよね。

考えようによっちゃ・・・ (しんちゃん)
2006-05-31 07:16:29
★じゃすみんちゃん

色々な男に愛されたよね

実はめちゃ「愛され松子」だったよなぁ



本人の選択ミスだよね(^^;
こんばんは (かりめろ)
2006-06-01 01:31:40
観てきました☆

たしかに映画としては斬新な演出だったなぁとしみじみ。映画よりもミュージカルを見慣れたかりめろにも違和感なく見られるものでした☆

物語的に、ちょっと割り切れないものを感じてしまったのですが、それは考えすぎなんですかねぇ?(笑)
ウウン~(・。・。)(。・。・)~ウウン (しんちゃん)
2006-06-01 07:52:37
★かりめろさん

あのヒロインの生き方に賛同できる人は少ないんじゃないかな?

でも・・・自分で判断して、自分で好きなように生きたと思うよ。

ある種羨ましい人生かもなぁ
あれ? (Qchan)
2006-06-03 08:52:48
TB貼りに来た時にコメント入れたはずなのに・・・

何て書いたか忘れちゃったよ~!(-"-;)

泣かないで観れると思ったのに、お父さんの日記のシーンで落ちました。。。(苦笑)



ハッピーバースデーのお母さんの病弱な妹の部分は似てるけど、

お義母さんのジェラシーにより妹の臨終に両親が間に合わなかった

そのことが一番のとラマの原因になってるんだと思う。

両親の愛情が妹に一心にそそがれてたことに対する僻みの部分は似てるけどね
そかそか(^^; (しんちゃん)
2006-06-03 17:27:05
★Qちゃん

お父さんの彼女に対する愛情って、本人以外はわかってるんだけどね(笑)

ま、やはり当事者にはわからなくって・・・

そういった部分も含めて「ハッピィバースディ」にめちゃ似てる気がした私です(^^;
良かった! (ぐ~)
2006-06-03 20:42:40
原作も良かったし、映画もとっても良かったです!

私もお父さんの日記にはうるうるってしちゃいました。



私は川尻松子という女性に共感しちゃいました!
(。_。)ウンウン (しんちゃん)
2006-06-03 22:04:24
★ぐ~ちゃん

私も原作読んじゃったよ(^^;

映画を見てからだったので、すっと入っていけました。

女性には多い少ないに関わらず「松子」の部分があると思うんだよなぁ(^^;
私も・・・ (RIN)
2006-06-04 23:28:56
原作読んだよん♪

原作も映画もどっちもヨカッタ!

ああいう原作を、あそこまで全然違う雰囲気に演出

しちゃって、しかも

核になる部分はちゃんと残しておくってスゴイよね!

原作モードのまま映画化されたら、たぶん、不評だったような気がするなあ・・・。

>本人の選択ミスだよね(^^;

ってか、松子ってやさしすぎるから、オトコをダメにしちゃうんじゃない?

暗い映画好き・・・ (はむきち)
2006-06-05 04:07:21
しんちゃん・・観てきたよ~~!(^^)!

暗い映画好きの私にはたまらない映画でした!!(笑)

松子が男に抱かれてるときに、私のこと愛してる??とか、何か胸打たれたわ!!



何かこの映画好きやわぁ~!!泣いたっちゅーねん!!(爆)
(。_。)ウンウン (しんちゃん)
2006-06-05 07:26:58
★Rinちゃん

原作の方が悲惨だったよね(^^;校長先生の一件とかさ

でも・・・Rinちゃんの書いてるように、映画は原作の伝えたいことはちゃんと伝えてたしね



自分にも優しいのかなぁ・・・

愛情があふれすぎてるのか、愛し方を知らないのか(^^;



★はむきっちゃん

ん?

そんな「殺し文句」吐かれたら・・・なえちゃったりして(爆)

相手役の男優陣たち、みんな良かったよね





これ好き! (未来)
2006-06-08 23:21:41
映画の醍醐味的要素が全て含まれてるよね!

観る前から期待してたけど、予想以上だったわ。

映画後半の‘哀愁感’がまた、たまらない。。。

「松子さぁ~ん。。」って泣きたくなる。。。
うん!(^-^) (しんちゃん)
2006-06-09 00:01:01
★未来ちゃん

期待はしてたんだけど、こんなにすごいとは思って無くってね

娘と見に行ったんだけど、後半ずっと泣いてた娘・・・それでも今は毎日サントラ聞いてます



衝撃を与える作品だったと思うよ



で・・・「まげてのばして」歌えちゃう?(爆)
ごめん、、、 (猫姫少佐現品限り)
2006-07-01 12:36:43
あたしは、映画の出来、手法じゃなくて、ストーリーだから、大絶賛、ぴんと来ません、、、

いぁ、悪い映画だとは思わないケド、悪い女だもんね。

かわいそうかも知れないケド、同情してはダメだと思います。

ホント、もっとしっかりしろい!でした。
原作は・・・ (しんちゃん)
2006-07-01 22:56:45
★猫姫ちゃん

実はこの映画よりも救いようがないんだよね(笑)



松子みたいにいきあたりばったりの人生はなかなかおくれないだろうなぁ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
嫌われ松子の一生 (欧風)
「下妻物語」と言えば、前も書きましたが、私の終身名誉映画。永遠の1位です。未だに観ていないなどと言う不届き者は、日本にはもう居ないと思いますが、万が一観てない場合は今すぐレンタル屋にダッシュして観るべし! その終身名誉映画を撮った、終身名誉監 ...
嫌われ松子の一生 (ネタバレ映画館)
 波乱万丈転落人生、でも松子は神や天使のような存在。だって相手の男が、クドカン、劇団ひとり、荒川良々etcだもん・・・恋なんて嘘だな・・・
嫌われ松子の一生 (It\'s a Wonderful Life)
これはスゴイ傑作でした!期待以上に圧倒されましたよ。 「下妻物語」の中島哲也監督の新作。 全編派手な演出で、テンポが速くて、 スクリーンから溢れる情報量が半端じゃないのに ちゃんと芯の通った部分があるのは前作に共通する部分。 主演の中谷美紀 ...
「嫌われ松子の一生」 Memories of Matsuko (俺の明日はどっちだ)
いやはや何とも、ひと言では言い表せない超弩級の新たなる映画というべき作品。 とにかくそんな手があったのかという独特の映像表現にすっかり楽しませてもらった。 話そのものは今まさに2007年問題として話題となっているいわゆる団塊の世代である昭和22年(1947 ...
「嫌われ松子の一生」史上最悪の男運でも男を愛し続けた一生 (オールマイティにコメンテート)
「嫌われ松子の一生」は昭和22年(1947年)福岡県大野島生まれの川尻松子の波乱万丈の一生を描いた作品である。これだけ不幸で、史上最悪な男運の女性がそれでも男たちを愛してやまなかった人生をコミカルに描いている。
映画「嫌われ松子の一生」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
昭和22年福岡で生まれ、男に恵まれず堕ちて53年の生涯を荒川の河川敷で閉じた一人の女性。山田宗樹の小説"嫌われ松子の一生"の映画化。 川尻松子(中谷美紀)、物語は松子の生涯に興味を抱いた甥(瑛太)が、彼女に成り代わり一生を回想するよ ...
松子の一生に涙する【嫌われ松子の一生】 (犬も歩けばBohにあたる!)
「嫌われ松子の一生」 タイトルだけでキョーレツである。 本屋で平積みされている
嫌われ松子の一生 / MEMORIES OF MATSUKO (きょうのあしあと)
「不幸って何?」 監督:中島哲也 原作:山田宗樹 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、市川実日子、黒沢あすか、ゴリ、武田真治、荒川良々、劇団ひとり、マギー、谷原章介、竹山隆範、甲本雅裕、片平なぎさ、他 公式HP:http://kiraware.goo.ne.jp/ 鑑賞 ...
嫌われ松子の一生 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ピンクの象を飼う女  
「嫌われ松子の一生」 Memories of Matsuko (俺の明日はどっちだ)
いやはや何とも、ひと言では言い表せない超弩級の新たなる映画というべき作品。 とにかくそんな手があったのかという独特の映像表現にすっかり楽しませてもらった。 話そのものは今まさに2007年問題として話題となっているいわゆる団塊の世代である昭和22年(1947 ...
嫌われ松子の一生(2006/日本/中島哲也) (CINEMANIAX!)
【新宿ジョイシネマ】 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子(中谷美紀)。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに。その後、愛を求めて男性遍歴を重ねるたびにますます不 ...
嫌われ松子の一生 (海外ドラマが好き♪)
今日はお休みだったので 映画を2本観てきた。 一本目は これ。
嫌われ松子の一生 (Akira's VOICE)
色彩豊かに歌い上げる人間への愛に満ちたドラマ!
【映画】嫌われ松子の一生 (かりめろ日記)
■観覧場所 TOHOシネマズ■ ■脚本・監督 中島哲也■ ■cast 中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 香川照之 市川実日子 柄本明 ほか、ものっそいたくさん■ ■あらすじ■ 昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川 ...
【映画】嫌われ松子の一生 (かりめろ日記)
■観覧場所 TOHOシネマズ■ ■脚本・監督 中島哲也■ ■cast 中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 香川照之 市川実日子 柄本明 ほか、ものっそいたくさん■ ■あらすじ■ 昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川 ...
嫌われ松子の波乱万丈人生。 (アゴPの〈人生楽ありゃ蜘蛛膜下出血〉)
映画を見ようと映画館へ行くも、マッチよろしく「グッ」とくるようなgoodな作品がやってない。 もうどうでもよくなって、グダグダ感たっぷりに「まぁいいや」と呟く。 …グダグダのまぁいいや。 ……グダグダのマァリーア。 ………マグダラのマリア。 ...
嫌われ松子の波乱万丈人生。 (アゴPの〈人生楽ありゃ蜘蛛膜下出血〉)
映画を見ようと映画館へ行くも、マッチよろしく「グッ」とくるようなgoodな作品がやってない。 もうどうでもよくなって、グダグダ感たっぷりに「まぁいいや」と呟く。 …グダグダのまぁいいや。 ……グダグダのマァリーア。 ………マグダラのマリア。 ...
嫌われ松子の一生 (UkiUkiれいんぼーデイ)
“生れて、すみません。” 松子の一生は、駆け足のように足早に・・・ ・・・その中で人を愛し・・・ ・・・誰よりも前向きに精一杯に生きた一生でした。 その松子の人生に、私は・・・ 涙がでました! “意気消沈”している日本映画において、 ...
『嫌われ松子の一生』 (京の昼寝~♪)
松子。人生を100%生きた女。 ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ□オフィシャルサイト   『嫌わ ...
嫌われ松子の一生・・・・・1200円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
中島哲也はCMの世界の巨匠である。 業界には彼を崇拝している人も多いし、実際素晴しい仕事を多く残している。 長編映画三作目となった前作、「下妻物語」もエキセントリックな映
嫌われ松子の一生 (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2006/05/27(05/31)監督:中島哲也原作:山田宗樹『嫌われ松子の一生』(幻冬舎文庫刊) 出演: 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子。お姫さまのような人生を夢みる明るい少 ...
嫌われ松子の一生 (なんちゃかんちゃ)
ひとりの女性の波乱万丈の一生を描いたベストセラー小説を、『下妻物語』の中島哲也監督が、中谷美紀主演で映画化
嫌われ松子の一生 (Digital-Shell Weblog)
『下妻物語』の中島哲也監督がメガホンを取った話題作『嫌われ松子の一生』を観てきました。 松子=人生を100%生きた女。 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 昭
嫌われ松子の一生 (とにかく、映画好きなもので。)
   昭和22年。福岡県の大野島に一人の女の子が生まれた。  彼女の名は、川尻松子(中谷美紀)。シンデレラストーリーを夢見る彼女は、教師になり爽やかな教師に恋焦がれいい感じになりそうだったが、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられ ...
嫌われ松子の一生 (とにかく、映画好きなもので。)
   昭和22年。福岡県の大野島に一人の女の子が生まれた。  彼女の名は、川尻松子(中谷美紀)。シンデレラストーリーを夢見る彼女は、教師になり爽やかな教師に恋焦がれいい感じになりそうだったが、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられ ...
『嫌われ松子の一生』 (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
監督:中島哲也 CAST:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介他 平成13年、東京に暮らす川尻笙(瑛太)は、父親に叔母の川尻松子(中谷美紀)が住んでいたアパートを片付けるよう頼まれる。松子は荒川河川敷で遺体となって発見された。松子のことを知らない笙は仕方な ...
嫌われ松子の一生 (のんびりぐ~)
作品:嫌われ松子の一生 監督:中島哲也 主演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、黒沢あすか、柄本明、ゴリ、市川実日子 制作:2006年 日本 映画館 嫌われ松子の一生 松子。人生を100%生きた女。 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる ...
嫌われ松子の一生 (Diarydiary!)
《嫌われ松子の一生》 2006年 日本映画 - 英題 -MEMORIES OF
鎮魂歌「嫌われ松子の一生」 (凛大姐&小姐的極楽日記!)
遊び心をアチコチにちりばめ、歌アリ、踊りアリ、極彩色 に彩られたアップテンポな映画。 それにしても、独特の中島ワールドでトントン進んでいき、 まるでテーマパークのアトラクションに乗ってるような気分になるのですが、 映画が終わった後に残ったのは、なん ...
嫌われ松子の一生 (はむきちのいろいろ日記)
昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに。その後、愛を求めて男性遍歴を重ねるたびにますます不幸になってゆく松子。いつしかソープ嬢 ...
嫌われ松子の一生 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ある日、荒川の河川敷で女性の他殺体が発見されます。川尻松子(中谷美紀)、53歳。今まで彼女の存在を知らずにいた甥の笙(瑛太)は、松子の弟である父親(香川照之)に頼まれ、松子の住んでいた部屋の後片付けをすることになります。乱雑jな部屋を片付けながら ...
『嫌われ松子の一生』(中島哲也監督) (新装開店☆玉野シンジケート!)
 『嫌われ松子の一生』は考えさせられる映画でした。  アイデンティティと映画表現というものが、どうあるべきなのかってことについてね。ゲイが出てくるわけではないのだけどゲイ的だし、内面からの共感などあるはずのない境界型人格障害の女性を描き上げてい ...
嫌われ松子の一生 (東京ミュービー日記)
嫌われ松子の一生 監督:中島哲也 出演:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介ほか 昨日は前の会社の先輩と恵比寿で飲む。 「50/50」という店。 久々に明石焼きを食べる。 懐かしくて旨い。 東京で明石焼きってなかなか食べられないからなぁ。 先輩は ...
嫌われ松子の一生 (future world)
‘ま~げて~のばして~おほしさまをつかもう~♪’ 松子「心の愛唱歌」・・・私これ、知ってますが・・何か?・・ロンパールームだっけ? 「下妻物語」のあの中島監督に主演が中谷美紀とくれば、どれほどの期待だったことか! ほんとよく出来てる、面白い~ ...
映画よりも面白い 『嫌われ松子の一年』 (海から始まる!?)
 映画『嫌われ松子の一生』は、  ?主人公・松子の堕ちっぷりが見事  ?その松子を演じる中谷美紀の“ここまでやるか”感が凄い!  ?宮藤官九郎、劇団ひとり、武田真治、荒川良々、伊勢谷友介等、松子をめぐる男たち&その他のキャストが豪華で、ゴージャス! ...
嫌われ松子の一生 (勝弘ブログ)
http://kiraware.goo.ne.jp/最寄りの映画館で鑑賞。テレビでやっていた下妻物語を録画し見ていて15分ぐらいして見に行くことを決めたのが昨日でした(ぉでまだ下妻物語は見終わっていません(
嫌われ松子の一生(映画館) (ひるめし。)
不幸って何? CAST:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明 他 ■日本産 130分 中谷美紀があのおちょぼ口をするたんびに濱田マリに似てるな~って思ってたら、濱田マリ本人がカメオ出演してたのが自分の中でも一番のツボだった ...
嫌われ松子の一生 (めざせイイ女!)
♪ま~げて 伸ばしてお星様をつかもぉ♪ラスト 松子は天国への階段を登っていきました。まるで ハッピーエンドのように・・・父親に愛してもらいたかったのに父...
嫌われ松子の一生 06年134本目 (猫姫じゃ)
嫌われ松子の一生 中谷美紀 ≒ 濱田マリ ≒ 柴咲コウ ≒ あたし > 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 原作って、感動ミステリー巨編 (Official HP)?なの? ...
嫌われ松子の一生 (CinemA*s Cafe)
http://kiraware.goo.ne.jp/ 下妻物語の監督がとった最新作ということで期待していた私。 そして期待すると大概裏切られるのだけど、今回はそんなことはなく、期待通り面白かった映画でございます。 面白かっ
嫌われ松子の一生 (てっきりてっくり)
映画館で見てきました。いつも封切りされて、ずいぶんたってから観にいくせいか、レイトショーでは、やってませんでした。 普通の休日、昼間のせいか、ものすごく空いてましたよ。最初、私達の貸切?!って思ったぐらい。 ネタバレしてます。ネタバレしてます。 ...
◆試写会・嫌われ松子の一生 (映画大好き☆)
雨が降る中、御堂会館に 嫌われ松子の一生の試写会に行って来ました。 監督は、あの前にも笑わせてもらった 下妻物語の中島哲也監督 そりゃぁ~笑わせてくれるっしょ 【STORY】 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 昭和22年・福岡県 ...
嫌われ松子の一生 (Cinemermaid)
同じ中島哲也監督作品である【下妻物語】で予想以上に感動してしまった私だったが、この作品は原作も評判も一切興味がなかったのでDVDになったら観てみようかな~っていう程度のものだった(汗) "女の人生"がテーマなんてきっと"転落して自暴自棄に ...
嫌われ松子の一生 (八ちゃんの日常空間)
ついに実現!スクリーン内一人独占観賞!映写技師さん、八ちゃんの為にご苦労様でした。と、いうか噂どおり凄まじい映画・映像です。邦画の新しいエンタメ時代の到来でしょうなぁ。2007年劇場観賞20本目です。
映画・嫌われ松子の一生~悲劇かコントか、時々ミュージカル! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
映画・嫌われ松子の一生ですが、これは結構面白いです。ドラマの内山理名のも見たのですが、中谷美紀の松子の方が私は好きです。 映画だと、次から次へと川尻松子の転落人生、これでもかと続くわけですが、あまり悲壮感もなく、壮大なコントのような気もしてきますが、ラ...
嫌われ松子の一生 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『不幸って何? 松子。人生を100%生きた女。』  コチラの「嫌われ松子の一生」は、山田宗樹さんの同名小説の映画化で、5/27公開になったPG12指定の映画なんですが、公開3週目にも関わらずかなり混雑していました。あの「下妻物語」の中島哲也監督の最新作です...
嫌われ松子の一生 (Blossom)
嫌われ松子の一生 MEMORIES OF MATSUKO 監督 中島哲也 出演 中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 香川照之     市川実日子 黒沢あすか 柄本明 ...