極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

真夏の方程式 (2013) 129分

2013-06-29 21:48:40 | 日本映画(映画館)
真夏の方程式 (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋



 風光明媚で普段は静かな海辺の町、玻璃ヶ浦。しかし今は、海底鉱物資源の開発を巡り、賛成派と反対派が激しい対立を繰り広げていた。湯川はそんな玻璃ヶ浦で開かれる地元説明会にアドバイザーとして招かれ、川畑夫妻とその一人娘、成実が営む小さな旅館“緑岩荘”に滞在することに。彼はそこで、親の都合で夏休みの間だけ親戚の川畑家に預けられていた少年、恭平と出会う。子ども嫌いの湯川だったが、恭平とは不器用ながらも心を通わせていく。


映画館 ★★★☆


 原作を読んでいるので、どのように話を展開していくのかな?って思ったら。。。
冒頭でのあのシーンはまったくダメ(笑)話を知らない人が観て、一番最初に「あの二人は怪しい」ってことになるわけで。

 もっとも誰が犯人かというような話ではないので・・・それは「容疑者Xの献身」でもそうだったけど。ただ、ぶっちゃければもう終わった話を無理やり「真相」を暴かなくてもいいと思うし(これは原作を読んだ時もそう思ったし)そういう意味ではカタルシスに欠ける作品かもしれません。

 概要文にも書いたけど、この映画にはハライチの澤部は出て来ません。まずこの映画の撮影の後にテレビドラマの収録があったので仕方ないのですが、一応はTVドラマシリーズの次の事件って感じなので、吉高がテレビドラマほど弾けてなくてちょっと残念だったかも。

 でもまぁガリレオファンには楽しめる作品だと思います。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男は狼なのよ | トップ | あさがお日記 10 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱり・・・ (シウ)
2013-07-01 00:33:38
見るべきでしょうか。

福山ファンですが、
“ガリレオファン”ではなくなってきていて
原作も未読です。

もはや、福山ファンかどうかも微妙になってきてしまいました。

でも「容疑者X・・」のように、楽しめるでしょうか・・・。
あら(笑) (しんちゃん)
2013-07-01 08:25:42
★シウちゃん
今シリーズの「ガリレオ」の次のお話って位置づけなんだけど、ドラマとは違ってまったく笑うシーンはないんだよね。
吉高のウザさも出てないし。←私はこれが好きなんだけど(笑)

 で、「容疑者X」が100ならば、この映画は60位かも。
正直お話の展開も面白くないし、たとえば真犯人との頭脳合戦みたいなのも皆無だし。
「容疑者X」は堤や松雪泰子などとの絡みも良かったけど、この作品はそういうのはまったくないんだよね(笑)

 まあ、杏の見事な貧乳と、素晴らしい下半身を楽しめたからいいけど(爆)
吉高ちゃんが地味~。 (Ageha)
2013-07-02 12:13:46
ドラマが始まる前に撮ってるから
多分キャラも確立してなかったんだろうな~。
個人的にはウザくなくてよかったけど。(わわわわわ)
ただ、杏があまりに健康的すぎたせいか
ものすごいギャップで
吉高ちゃんは
「目の下、クマできてませんか?」ってくらい
顔色が悪かった気がして、
それが余計に
成実そんなに健康的でいいんかとおもうほど
杏を引き立ててしまった気がしました。(^^;
Unknown (しんちゃん)
2013-07-02 12:22:41
★Agehaちゃん
吉高の魅力が半減だったよね(笑)
聖女にも悪女にもなるあの表情と演技が彼女のウリなんだけどなぁ(笑)
シリーズ2を一気に見て、これは柴咲コウとは全く違うなぁって(笑)好き嫌いは別としてね。

 この映画、原作を読んだ時からぶっちゃけ「も一つ」だったのね(笑)過去の事件はちゃんと終わってるわけだし、それこそ登場人物も読んでる私達もみんながみんな嫌な気分に。思わず「白夜行」を思い出しました。

 杏。。。上半身は貧弱だったけど、下半身は立派でした(爆)「プラチナデータ」といい、この映画といい、なかなかいい役が続いてるよね。
こんばんは (kazu)
2013-07-19 00:06:13
吉高なんか残念な役でしたね。
健康的な杏に比べて
不健康な感じがしました。
いつもの魅力を感じませんでした。
映画は結構楽しめましたが…
Unknown (しんちゃん)
2013-07-19 06:46:59
★kazuさん
吉高の場合この映画の撮影後にTV収録があったのでキャラ設定ができてなかったね。
で、ドラマがおわったあとのこの映画ってことなのでより違和感。この映画の吉高なら柴咲のままでも良かったし。

私はドラマ版の吉高はすごく良かったんだけど(笑)
暴走する吉高を福山が諌めるって感じがすきでした(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
真夏の方程式  監督/西谷 弘 (西京極 紫の館)
【主演】  福山雅治  吉高由里子   杏  山崎 光 【ストーリー】 きれいな海に面した玻璃ヶ浦で計画されている海底鉱物資源の開発。その説明会に招待された物理学者・湯川学は、緑岩荘という旅館を滞在先に選ぶ。そして、そこで夏休みを過ごす旅館を営む川畑夫婦の甥...
「真夏の方程式」事件の真相を知った先にみた愛する人を守るために罪を重ねた愛する人への贖罪に導く方程式の答え  (オールマイティにコメンテート)
「真夏の方程式」はガリレオシリーズの劇場版第2弾で今回は湯川がレアメタルなどの採掘に関する説明会に出席した先で事件に遭遇しその事件の謎を追う事になるが、追った先に過去の ...
映画「真夏の方程式」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
あまりにも印象的で哀しい、とある少年の夏休み 子供嫌いの湯川先生と恭平少年の交流が微笑ましい。列車内の出会い、緑岩荘での再会、子供が近寄るとじんましんが出る湯川先生だけれど、何故か恭平には...
『真夏の方程式』 ミステリーの危うさ (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『宇宙戦艦ヤマト』を見て科学を志した子供は多いだろう。  『宇宙戦艦ヤマト2199』の科学考証を担当する半田利弘氏(鹿児島大学理学部物理科学科・大学院理工学研究科教授)も、ヤマ...
真夏の方程式 (Akira's VOICE)
揺れ動く。落ち着く。寄り添う。  
「真夏の方程式」 未来を選ぶために (はらやんの映画徒然草)
<ネタバレしてますので、注意です> 先日のドラマ「ガリレオ」の第2シーズンについ
真夏の方程式 (映画的・絵画的・音楽的)
 『真夏の方程式』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)映画館では、3つものスクリーンをこの作品のために用意し、少しずつ時間をずらして上映していますが、各回ともかなり混雑しているようです。  さて、映画の冒頭では、1998年冬と時点が示され、道路を走っている者...
真夏の方程式 (勝手に映画評)
東野圭吾原作の人気小説、ガリレオシリーズが原作。 原作からは、それ程大きな改変はない・・・、って言うか、そもそも原作では“岸谷”なる刑事は出てきていないので、そう言う意味では、大きな改変があるとも言います。ただこれは、内海にも同じ事が言えていて、彼女も...
『真夏の方程式』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「真夏の方程式」 □監督 西谷 弘□脚本 福田 靖□原作 東野圭吾□ キャスト 福山雅治、吉高由里子、山崎 光、北村一輝、杏、風吹ジュン、前田 吟        西田尚美、田中哲司、塩見三省、白竜、永島敏行 ■鑑賞日 7月7日...
『真夏の方程式』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
『容疑者xの献身』を見終わった後、また映画で<ガリレオ>見たいなあと思っていましたが、5年経ってそれがようやく実現しました。ただ個人的には第三長編の本作(『真夏の方程式』)ではなく、第二長編である『聖女の救済』を見たかったのですが……。 順番としては...
[映画『真夏の方程式』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆かなり面白かった。  前作(『容疑者Xの献身』)の時も思ったのだが、  この『ガリレオ』映画版の作り手たちは、どっちが上と言うわけではないが、テレビシリーズとは厳然と異なる作品作りをしている。  例えば、冒頭の、「トンネルを抜けると・・・」のシーンの...
真夏の方程式 (花ごよみ)
原作は東野圭吾のテレビドラマ “ガリレオシリーズ”の映画化第2弾。 主演はテレビドラマと同じく福山雅治で 物理学者、湯川学を演じます。 杏、風吹ジュン、前田吟等が共演。 湯川は海辺の町にある旅館で、 夏休みに遊びに来ていた旅館の親類の子供、 恭平に出会う。...
真夏の方程式 (だらだら無気力ブログ!)
吉高由里子が超キレイ!
真夏の方程式 (単館系)
真夏の方程式 MOVIXさいたま 6/29公開 きれいな海に面した玻璃ヶ浦で計画されている、海底鉱物資源の開発。 その説明会に招待された物理学者・湯川学(福山雅治)は、緑岩荘という旅館を滞在先に選ぶ。 ...
映画『真夏の方程式』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-61.真夏の方程式■配給:東宝■製作年、国:2013年、日本■上映時間:129分■観賞日:7月27日、TOHOシネマズ日劇(有楽町)■料金:0円(観賞券使用)□監督:西谷弘◆福山雅治◆吉高由里子◆北村一輝◆風吹ジュン◆杏◆前田吟◆白竜◆永島敏行◆西田尚美【...
「真夏の方程式」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
13年前の秘密。 29年間の秘密。