極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

三度目の殺人 (2017) 125分

2017-09-09 18:00:14 | 日本映画(映画館)

 勝ちにこだわるエリート弁護士の重盛朋章は、同僚がサジを投げた依頼人・三隅高司の弁護を渋々ながらも引き継ぐことに。三隅の容疑は、解雇された工場の社長を殺害し、遺体に火をつけたというもの。30年前にも殺人を犯した前科があり、自白もしているため死刑は確実と見られていた。さっそく重盛は無期懲役に持ち込むべく調査を始める。ところが、肝心の三隅は証言をコロコロ変え、味方であるはずの重盛にも決して本心を語ろうとしない。そんな中、三隅と被害者の娘・咲江との意外な接点を突き止める重盛だったが…。


 映画館 ★★★★


 ヒッチコックの作品でマレーネデートリッヒ主演の「舞台恐怖症」という作品があります。65年以上も昔の作品ですが、この映画冒頭から数分のシーンがフェアかアンフェアかということでずいぶん問題になりました。もしもこの「舞台恐怖症」を見た人がこの「三度目の殺人」を見た場合に、物語の途中で「舞台恐怖症」を思い出した人もいるのではないでしょうか。

 って、いきなりこの「三度目の殺人」についての一番大きなネタばれになりかねない話から始まりますが、この「三度目の殺人」の冒頭のシーンを「真実のシーン」であるならばこの物語のオチがとてもしっくりきます。犯人が住んでいたアパートの管理人は彼のことをとてもいい人と評価しています。この管理人の証言を信じれば、主人公の弁護士のおやじである裁判官が彼を前の罪で死刑宣告できず、懲役30年としたのも、彼の「本当」を見たからかもしれません。ひょっとしたら北海道での殺人事件も彼なりの「義」があっての殺人事件だったのかもしれません。


 是枝監督の原案と脚本ということで、全くのオリジナル作品ゆえに映画を観た人のみ味わえる至福の時だったのは間違いがなく、斉藤由貴の一連のスキャンダルすらこの映画の宣伝では?などと言いたくなるほどの斉藤由貴のなんとも言えない色っぽく下品な感じがたまらなく良かったです(爆)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月の土曜は。。。 | トップ | 散歩する侵略者 (2017) 129分 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
舞台恐怖症 (kossy)
2017-09-12 23:06:35
『舞台恐怖症』が未見なのでさっぱりわかりません。
ごめんなさい。
さすがヒッチコック愛好家ですね~

斉藤由貴のスキャンダル自体が映画の宣伝!
笑ってしまいました~
Unknown (しんちゃん)
2017-09-13 06:23:33
★kossyさん
「舞台恐怖症」の冒頭の部分が男が女に語る過去の話なんです。観客は映像化されている画面を信じてしまいますよね?何かの機会があれば観てください(笑)

 今回の不倫報道がなかったら、また全く違う印象になったかも(笑)

コメントを投稿

日本映画(映画館)」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
三度目の殺人 (ネタバレ映画館)
タコ、ニモ、カナリア、ウサギ、ゾウと会話に動物は出てくるが、映像はない・・・
「三度目の殺人」(2017 東宝=GAGA) (事務職員へのこの1冊)
「幻の光」「ワンダフルライフ」「誰も知らない」「歩いても 歩いても」「空気人形」「奇跡」「海よりもまだ深く」……是枝裕和作品の特徴は、過剰なまでの自然さにあった...
『三度目の殺人』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「三度目の殺人」□監督・脚本 是枝裕和□キャスト 福山雅治、役所広司、広瀬すず、満島真之介、市川実日子■鑑賞日 9月10日(日)■劇 場......
「三度目の殺人」これはヘビーだ…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[三度目の殺人] ブログ村キーワード 近年、ホームドラマを撮り続けてきた是枝裕和 監督 の最新作は、一転して“法廷サスペンス”それもかなり重厚なお話に仕上がっています。「三......
三度目の殺人 (勝手に映画評)
殺人の前科のある男・三隅による殺人。弁護士・重盛にとってはありふれた事件のはずであったが、事件を調べていくうちに、事件の持つ闇に深まり、次第に重盛は自信を失っていく。......
「三度目の殺人」☆眼で語り、涙腺で演じる (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは事件の真相を暴く推理ものでもなく、法廷劇でもない。 そのほとんどが接見室で繰り広げられる心理劇。 勝った負けたの先にある弁護士・重盛の「弁護士から人間へ」変化し......
三度目の殺人★★★★ (パピとママ映画のblog)
第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作『そして父になる』の福山雅治と是枝裕和監督が再び組んだ法廷サスペンス。死刑が確実視されている殺人犯の弁護を引き受けた弁護士が、犯人......
三度目の殺人  監督/是枝 裕和 (西京極 紫の館)
【出演】  福山 雅治  役所 広司  広瀬 すず 【ストーリー】 勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛は、殺人の前科がある三隅の弁護を渋々引き受ける。クビになった工場の社長......
「三度目の殺人」 (ここなつ映画レビュー)
推測される真実はあるけれど、真相は闇の中。闇の中、というより、もがきながらその場所で生き続ける人の心の中。是枝裕和監督作品。扱っている題材は決してマイルドなものではな......
映画「三度目の殺人」 (FREE TIME)
映画「三度目の殺人」を鑑賞しました。
三度目の殺人 (映画的・絵画的・音楽的)
 『三度目の殺人』を、TOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)是枝監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、夜間、二人の男が河原を歩いています。 ......
「三度目の殺人」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
空っぽの器を満たしたものは…。