極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

男たちの大和/YAMATO (2005)

2005-12-18 21:13:46 | 日本映画(映画館)
 2005年4月、鹿児島県枕崎の漁港。老漁師の神尾のもとを内田真貴子と名乗る女性が訪ね、60年前に沈んだ戦艦大和が眠る場所まで船を出してほしいと懇願する。彼女が大和の乗組員・内田二兵曹の娘と知り驚いた神尾は、小さな漁船を目的の場所へと走らせる。神尾もまた大和の乗組員だったのだ。内田二兵曹の名前を耳にし、神尾の胸裡に60年前の光景が鮮やかに甦ってくる…。

映画館 ★★★

 映画の評価とはまるっきり関係ない話なんですが
この映画を見ている最中に、「私はいったい何を期待してみてるんだ?」なんてことを考え出したもんだから。。。もう映画を楽しむことができませんでした

 フィクションの「ディザスター映画」ならそれもいいでしょう
いかに「本物」らしく、「凄惨」に、「激しく」「残酷に」ってことを期待するからこそ、こんな映画を見に行くわけで、そういう意味では実話の戦争映画などは娯楽としてみていいものなのかな?なんてことが頭をよぎったわけです

 たとえば・・・
「戦艦大和」の乗組員の身内はこの映画を見ることができるのかな?
60年の月日がそれを忘れさせてくれたのかな?


 もちろん事実は事実として、このような悲しい過去の過ち(この表現も嫌ですが)を二度と起こさないためにも私たちの心の中に「戦争」の恐ろしさ、おろかさ、むなしさを擬似的に体験し、学習することでの「抑止力」にはなると思いますが

 実物大の大和のセットを作り、リアリズムを追及するこの映画・・・そしてそこに派手な戦闘シーンを期待する観客たる私たちはこれでいいのかな?なんて気がしちゃったもんだから、変な記事になっちゃいました

 こんなことを言い出したら、映画は観ることはできません
ただ・・・あくまでも「フィクション」の世界ならどんなことでも耐えられるんですが・・・っていうか、より派手な残酷シーンを期待して見に行くわけですが、この映画のような「実話」はやっぱ辛いものがあるなぁ・・・って思わされました。

 あと何十年かたてば・・・何十年も必要ないかもしれませんが、「阪神大震災」も映画化するなんていうのかな?まあ、自然災害と人為的な災害はまるっきり別のものですが(^^;やっぱそんな映画観たくもないよね(^^;

 反町隆史、中村獅童、松山ケンイチ、蒼井優・・・みんな良い演技を見せてくれました。たんたんと「大和」がたどる運命を・・・当時の日本の運命を、じっくり見せてくれた映画でした。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロケ地を訪れて(笑) | トップ | ちょっとヨッパーかな? »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見るよ!! (はむきち)
2005-12-21 01:53:05
しんちゃん・・今週のうちに見るよ!!

私自信どう思うか楽しみなのだ~~~\(^o^)/
(o^・^o) ウン (しんちゃん)
2005-12-21 07:01:12
★はむきっちゃん

長渕剛の歌がしみるよ(笑)

マジで!! (はむきち)
2005-12-21 12:27:11
しんちゃん・・長いのよね??(爆)
ん? (しんちゃん)
2005-12-21 18:52:44
★はむきっちゃん

長い?なにが?(笑)

映画の分数は140分ぐらいかな?
見てきたよ~~!! (はむきち)
2005-12-23 12:56:13
しんちゃん・・私もしんちゃんと同じ感じになっちゃった。。

私もこの映画に何を期待して見てるんだろう??と思ってね。。胸がざわついた。。

これが本当の話なだけに・・どうしていいのか分からなくてね。。



この反町隆史さんや中村獅童さんはとてもいい演技でした!!
(。_。)ウンウン (しんちゃん)
2005-12-23 14:55:33
★はむきっちゃん

戦争映画って・・・特に日本の戦争映画は重くのしかかってくるよね

読みました (猫姫少佐現品限り)
2005-12-28 01:51:56
なんて言って良いのか、わからない。

とにかく、あたしとは、ぜんぜん違った見方?ってことですか?
そそ(^^; (しんちゃん)
2005-12-28 08:00:28
★猫姫ちゃん

純粋に映画を楽しむ(?)ことができなかったのよね(笑)

まあ色々考えさせられた映画でした(^^;



Unknown (あっしゅ)
2006-08-15 10:02:14
こんにちわ。あっしゅです。

close your eyes♪瞳を閉じれぇばぁ~

いやぁこの映画は今まで見た映画の中で一番泣いたかもしれません。

なんっていうんですかね、、、心の奥から込み上げてくる、昭和20年代の若い将校の思い、、、心に突き刺さりました。

男たちの大和の中で”男たちの男魂”ってやつを見せつけられました。

蒼井優ってかわいいですね。笑顔が最高です。

大げさかもしれないけど (しんちゃん)
2006-08-15 17:49:01
★あっしゅさん

先人たちのこうした「犠牲」で今の日本があるわけで。

今の日本がもし「いい世の中」なら先の戦争も間違いじゃないのかもしれません



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
男たちの大和 (うぞきあ の場)
■ストーリー    なんか、タイタニックみたいな始まり方(回想)だと思ったら、    やはり最後までタイタニックみたい(ネックレスを捨てる→散骨)だった。    この話は、実在する、大和の乗組員の生存者の話を元に構成されているが、    結局、何を言いたかっ
男たちの大和/YAMATO (THE!記)
昨日公開の『男たちの大和/YAMATO』観てきました。 終わった後、席を立たずに一時間くらい余韻に浸っていたくなる映画でした。 そういえば日本の戦争映画って見た記憶がないなぁ 強いて言えば、戦国自衛隊くらいか 当時の映像を織り交ぜてのこの映画、戦艦大和の最後の作
戦艦大和に散った人達がこれからの未来を託した思いがここに (オールマイティにコメンテート)
今年が戦後60年という事で制作された「男たちの大和」だが、実話という点ではやはり戦争の過去は忘れてはならないと常に思う。戦艦大和は60年経た今でも伝説の戦艦として語り継がれているが、ある意味で時代から取り残された戦艦だったとも言える。
男たちの大和/YAMATO (欧風)
「男たちの大和 YAMATO」は17日から公開なんですが、この映画やこの映画をベタ褒めしちゃってるINDYならば、当然初日の初回に観に行くだろうって思ってました?いや、そんな事気にしてないしとかそう言う意見は馬耳東風でいくとして、ああ、もちろん行ったとも!例
男たちの大和/YAMATO (大藤@日本國)
 主役が「神尾」つながりという事で、先日見た「劇場版AIR」に続き今度は映画館で「男たちの大和/YAMATO」を鑑賞。冒頭シーンは呉の大和ミュージアム。戦後60年、2005年の映画ということを強調した作り。さすがに実物大の戦艦大和セットを組んだだけあって、大和艦上のシ
男たちの大和/YAMATO (ダラダラ生活 日記)
観に行ってきました。 年配の男性を中心に、大入り満員の映画館。 大和に思い入れのある方が、やはり多いんでしょうか? 私は大和と聞けば、アニメの「宇宙船艦ヤマト」を連想する世代です。 出演者:反町隆史・中村獅童・・・(以下省略)豪華な出演者です{/kirakira/} さ
男たちの大和 YAMATO (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:反町隆史/中村獅童/鈴木京香/蒼井 優/渡 哲也/仲代達也/原作:辺見じゅん/脚本・監督:佐藤純彌/作品『男たちの大和 YAMATO』を観ました。 ●ストーリー 2005年の桜が咲き誇る季節、鹿児島で漁師をしている神尾克己(仲代達也)の元へ、戦艦大
男たちの大和/YAMATO (Akira\'s VOICE)
2005年の終わりに届けられた力強い戦争映画。
男たちの大和/YAMATO (まぁず、なにやってんだか)
夫が「男たちの大和/YAMATO」の前売券を一枚もらってきました。いつものように、「観た~い!」とまきあげ・・・じゃなかった、もらって、本日観てまいりました。夫は、昨日から海外出張していて、機内で新作映画を観ているハズだから、まぁ、いいかな(都合のいい言い訳)
男たちの大和 YAMATO その2 (映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ)
●『男たちの大和 YAMATO』2005年12月17日公開。公開まで後一ヶ月。なんだか地元広島では盛り上がりつつあります。呉の大和ミュージアムもかなりの動員があるらしいです。同日公開になった強敵『キング・コング』とどう勝負するのか?(その前にハリー
男たちの大和/YAMATO  (はむきちのいろいろ日記)
2005年4月、鹿児島県枕崎の漁港。老漁師の神尾のもとを内田真貴子と名乗る女性が訪ね、60年前に沈んだ戦艦大和が眠る場所まで船を出してほしいと懇願する。彼女が大和の乗組員・内田二兵曹の娘と知り驚いた神尾は、小さな漁船を目的の場所へと走らせる。神尾もまた大和の乗組
■週末の学び12/23「大和」~男たちの大和/YAMATO必見です~ (「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
※明日が祝日なので 一日繰り上げます   急遽内容を変更して贈ります   水上特攻って知ってますか?   大切な何かを守るために 命をかけたことはありますか?   ●大和   以下をクリック ↓↓↓↓↓↓   http://www.jyohoku.
男たちの大和/YAMATO 今年の247本目 (猫姫じゃ)
男たちの大和/YAMATO 日本人なら、この映画を見て、泣け! 誰はばかることなく、この男たちに、感謝と、賞賛と、哀悼の念を抱け! もう、最初から泣き、でした。沖縄に向かって出撃したのに、枕崎から、たったの200Kmのところで轟沈した大和。仲代達矢 さん、鈴木京.
男たちの大和/YAMATO (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
「敵機は、1秒間に160mの速さで突っ込んでくる。 死んだら戦えん!生き抜くために、戦うんだ!」 1945年4月6日 3333名の男たちは、 最強最大の不沈戦艦大和と共に、 決戦の海へと向かった・・・ 「大和は沖縄に行くんじゃろ。 死んじゃら
『男たちの大和/YAMATO』 (京の昼寝~♪)
■監督・脚本 佐藤純彌■原作 辺見じゅん「決定版 男たちの大和(上下)」(ハルキ文庫刊) ■キャスト 反町隆史、中村獅童、仲代達矢、鈴木京香、松山ケンイチ、蒼井 優、長嶋一茂、余喜美子、高畑淳子、白石加代子、渡 哲也□オフィシャルサイト   『男たちの大和
「男たちの大和/YAMATO 」 (雑板屋)
人間ドラマ重視の戦争映画ってとこか。 とても丁寧に作られている気がした。 戦艦大和がかなりかっこいい!デカくて威厳があって迫力があって・・・。 広大な海に浮かぶ存在感・・・あの大和に乗れること事態がそれぞれの誇りでもあったんだと思う。 物語は現代と過去.
「男たちの大和」昭和は終わらない (soramove)
「男たちの大和」★★★☆ 反町隆史、中村獅童、松山ケンイチ主演 佐藤純彌監督、2005年日本 あえて言うなら 無駄な死を目にして 悔しくて堪らなかった。 無駄な死というより 無残なと 言い換えた方が正しいのか。 戦争に行くということは 死ぬかもし...
男たちの大和/YAMATO (toe@cinematiclife)
これが、今年最後の映画。 邦画だったっていうのが、自分では結構意外だけど、またしても号泣しちゃった。 私、戦争モノは苦手なので、泣くとは思ってなかったんだけどね~。 <STORY> 鹿児島県枕崎の漁港で、神尾(仲代達矢)は内田真貴子(鈴木京香)に依頼され戦艦大和が
男たちの大和―YAMATO― (かりめろ日記)
■観覧場所 ピカデリー 三井ビル■ ■監督・脚本 佐藤純彌■ ■原作 辺見じゅん■ ■CAST 反町隆史 中村獅童 松山ケンイチ 蒼井優 仲代達矢ほか■ ■あらすじ■ (平成17年4月6日)ひとりの女性・内田真貴子(鈴木京香)が鹿児島県枕崎の漁港を訪.
「男たちの大和」 (愛と虐殺の日々)
命の重みすら知らない青年達が命の重みを知る前に国のために戦うことこそがすべてと出撃していく。そんな彼らに残されるものが伝えるフレーズが出るたびに涙が出ました。 ・・・・・「死んだらいけん」
男たちの大和/YAMATO (映画倶楽部 祇園座)
待ちに待った映画「男たちの大和/YAMATO」を観て来ました。 世界最大級の超弩級戦艦大和の最後を乗組員に焦点を当てて描いた作品です。 原作は戦艦大和の生存者や遺族へ取材した辺見じゅんの傑作ドキュメント 私は予告編を観たときから涙が出そうになったので本編を観た.
YAMATO~男たちの大和 (警視庁から俳優への転身~乾坤一擲で頂点を目指す)
 見てきました。  もうね、ずっと泣いてましたよ。  横に警視庁時代の同期がいるのに、涙が止まらないもんはしゃあない。  人前で見せた初めての涙。  ・・・だと思いますよ、小学校時代にあったかも知れませんが。  未成年で召集された兵隊たちが大和に乗り込.
『男たちの大和』 佐藤純彌   (斜に構えた映画評)
 戦艦大和が勇ましく戦う映画と思っていたら全然違っていて、戦艦大和の全体がどんな戦いをしているか、なのではなく、戦艦大和のある一部分の機銃座を巡る少年兵たちの人間模様を描くドラマだった。<
映画「男たちの大和/YAMATO」を観てきました。  (ブツヨク人 ~ GOのハッピー?!ライフ ブログ ~)
遅ればせながら昨日、映画「男たちの大和/YAMATO」を観てきました。 監督・脚本: 佐藤純彌    原作: 辺見じゅん「決定版 男たちの大和(上下)」(ハルキ文庫刊)   キャスト: 反町隆史 / 中村獅童 / 仲代達矢 / 山田純大 / 鈴木京香 / 松山ケンイチ / 蒼.
男たちの大和/YAMATO (駄菓子屋Weblog)
昭和49年、ルバング島から当時の陸軍少尉・小野田寛郎さんが日 本に帰還しました。終戦から約30年、当時はものすごい話題とな りました。僕はまだ小さかったのですが、良く覚えています。 当時テレビに映った小野田さんは常に帝国軍人として振る舞い、 事あるごとに「.
「大和」世界航海 40か国・地域100社からオファー !サイパン出発前に (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
映画「男たちの大和/YAMATO」が40カ国からオファー
男たちの大和 (Let\'s enjoy!失業生活!!)
自動車学校に設置されていた情報発信テレビで、ひたすらCMしていた映画。 基本的に平和主義者なので、戦争モノはあまり好かないが、出てくる女の子の仕草がかわいらしく、長渕の魂を感じさせる歌が印象的で気になっていた。 movixがメンズデイで1000円だったので、観てきまし
「男たちの大和」 生存者は、満開の桜を見て泣いた。 ( 本と映画の日々  そして、ゆめのつづき)
1/10の大和の模型 広島県呉市の大和ミュージアムに行った。 「男たちの大和/YAMATO」の大ヒットによるのだろうか、平日だというのに、 入館者が多い。 やはり目玉は、1/10の大和の模型だ。 26.3メートルもある。16センチくらいの水兵さんも置いてあったりする
男たちの大和/YAMATO (日々是桜)
日下公人・伊藤洋一両氏の共著「上品で美しい国家」に、実にいいエピソードが載っていますので紹介させて頂きます。 BLOGランキング参加中。ぽちっとご協力お願いします!m(._.)m
◆DVD・男たちの大和/YAMATO (映画大好き☆)
男たちの大和 監督 : 佐藤純彌 出演 : 反町隆史 , 中村獅童 , 鈴木京香 , 仲代達矢 レンタル開始日 : 2006-08-04 製作 : 角川春樹 脚本 : 佐藤純彌 原作 : 辺見じゅん 音楽 : 久石譲 収録時間 : 143分 【story】 辺見じゅんの ...
男たちの大和/YAMATO (Yuhiの読書日記+α)
 戦後60周年記念作品として、反町隆史、中村獅童、鈴木京香、渡哲也等が出演の戦争スペクタクル・ドラマ。実寸大の大和を建造しての撮影ということでも、かなり話題になった作品ですね。 2005年4月、鹿児島県の漁師・神尾(仲代達矢)はかつて戦艦大和の沈んだ地点まで...
男たちの大和/YAMATO (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コレはいい意味で、学校のイベントなんかで映画鑑賞に行くのに、最適な映画でしょうね。  最近、”いい意味で”ってつけたら、なんでも許されると思っている節がありますが、コレは含みなくそぅ思ってます(*'-'*)エヘヘ  邦画好きさんの感想にありますように、戦...