極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

清須会議 (2013) 138分

2013-11-09 19:57:13 | 日本映画(映画館)
清須会議 (幻冬舎文庫)
三谷 幸喜
幻冬舎



 天保10年(1582年)。天下統一を目前にした織田信長が、本能寺の変で命を落とす。長男の忠信も討ち死にし、にわかに織田家の後継争いが勃発する。筆頭家老・柴田勝家と明智討伐の功労者・羽柴秀吉が後見に名乗りを上げ、それぞれ三男の信孝と次男の信雄を推して激しく対立する。そんな中、2人が共に秘かな思いを寄せるお市様は、秀吉への恨みを晴らすべく勝家に加勢、一方の秀吉は軍師・黒田官兵衛を使って様々な奸計を巡らせていく。互いに一歩も引かぬまま、いよいよ決戦の清須会議へと臨む勝家と秀吉だったが…。


 映画館 ★★★★☆


 いやぁ〜面白かった(笑)
出ている役者サンがすべて「美味しい」演出はさすが三谷幸喜だと思いました。役所広司の柴田勝家の役・・・これ、三船敏郎がやったらどんなに面白かったんだろうなぁなんて、だんだん三船敏郎に見えました(笑)

 それにしても「史実」としてどうなるかわかっている話(もちろん豊臣秀吉って誰?ってレベルの人にはわからないでしょうが)をちゃんとわくわくどきどきと見せてくれる三谷幸喜の脚本と演出には大満足です。

 とりあえず、1582年6月2日の本能寺の変から6月27日の清須会議までが描かれているので、お市の方がどうして秀吉を恨んでるとか、この後はどうなった?なんてことも自分で調べたらもっと面白いでしょうね

 結果を言えば、この清須会議の翌年、わずか八ヶ月後には賎ヶ岳の戦いで柴田勝家とお市の方は亡くなってしまうわけで。わずか八ヶ月の蜜月だったみたい(笑)勝家は60を過ぎていたようで、お市の方は36歳くらいです。この時に勝家に味方した織田信孝(坂東巳之助が演じた)も自害させられました。うつけものとされた織田信雄(ブッキーが演じた)はうつけ者との烙印を押された結果か、1630年に70歳以上の長寿の末、この映画に登場した誰よりも長くこの世を生きたとか。

 1585年に秀吉は大坂に大阪城を築き、関白となります。その後、徐々に日本を平定し1592年に太閤となり、また朝鮮挙兵となるわけです。清須会議から10年後ってことですね。1598年に秀吉は亡くなりますが、その二年後の1600年に関が原の戦い、1603年に江戸幕府開府となるわけです。

 印象として、関ヶ原→江戸幕府→大阪冬の陣ってめちゃすぐあったようにも思いますが、実は秀吉の子秀頼が大坂夏の陣でなくなったのが1615年ですって。徳川家康はとりあえず豊臣家を江戸幕府開府から12年後に滅ぼしたってことです。これはやはり豊臣家を重く見たのかもしれません。家康の性格ってのもあるかもしれませんが(笑)

 本能寺の変から豊臣家が滅ぼされた大阪夏の陣まで33年、秀吉が亡くなってからでも17年も時間が経過していたってことに驚いた次第です。

 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また「昭和30年代」が逝きました | トップ | 光 三浦しをん  集英社文庫 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (kazu)
2013-11-09 21:25:30
面白かったですね。
さすが三谷幸喜ならではの
脚本と演出です。
織田家の鼻メーク、
秀吉の頭…
視覚的にも工夫がなされていて
面白かったです。
Unknown (しんちゃん)
2013-11-09 22:18:21
★kazuさん
剛力彩芽の最後のあの目。
太地喜和子を思い出しました(^▽^;)

彼女、ネットでは叩かれまくってますが、やっぱおこちゃまには彼女の魅力がわからないんだろうなぁ。
Unknown (Ageha)
2013-11-11 13:07:22
剛力彩芽ちゃんはあの最後の( ̄ー ̄)ニヤリで
株を上げたとおもいますよん♪
彼女に限らず
お市の不敵な笑いも
めざましキャスターの山崎アナの意味深な微笑みも
十分オトコを翻弄するもんがありましたね〜。
たかが笑み。されど笑み。
・・・あ、寧々の天真爛漫さがめちゃ際立ったな〜。

ただ、ほんま3人ともブサイクメイクが
かわいそうだったわん・・・
Unknown (しんちゃん)
2013-11-11 19:04:42
★Agehaちゃん
やっぱお歯黒はなぁ(笑)
眉も面白かったし。
まあ、織田一族を演じた俳優さんたちは鼻を特殊メイクされたそうだし、そのあたりが三谷監督のこだわりなのでしょうね。

 私は役所広司の「聞いた?」ってセリフが一番良かったです(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
清洲会議 (花ごよみ)
監督は三谷幸喜。 自らの小説を映画化。 試写会で見ました。 織田信長が亡くなった本能寺の変後の、 織田家の後継者選びと 領地再配分について 歴史上初めて、 会議が開催されたといわれている 清須会議。 秀吉の天下取りの基礎となり、 日本の歴史が動いたこの会議....
清須会議  監督/三谷幸喜 (西京極 紫の館)
【出演】  役所 広司  大泉 洋  小日向 文世  佐藤 浩市 【ストーリー】 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝、秀吉は次男の信雄を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市....
清須会議 (だらだら無気力ブログ!)
笑えて見応えあって面白かった。
映画『清須会議』観てきた(=^▽^=) (よくばりアンテナ)
三谷幸喜原作・脚本・監督作品。 織田信長の死後、後継者を誰にするかを決める会議。 笑ったわ〜〜ヶラヶラ((´∀`))ヶラヶラ さすが、三谷作品。 歴史に忠実なのにここまで笑える作品にしちゃうなんてすごい。 やっぱりこだわり抜いたキャスティングがすごい...
心理戦。『清須会議』 (水曜日のシネマ日記)
本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決める清須会議の全容を描いた作品です。
清須会議 (勝手に映画評)
本能寺の変での織田信長亡き後の、織田家の跡目を決める“きよすかいぎ”の模様をコメディ仕立てで描いた作品。“きよすかいぎ”は、清州会議と言う表記もありますが、映画は清須会議になっています。 原作も読んだんですが、原作は、各章が、登場人物それぞのれモノロー...
清須会議 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) これは非常に面白い歴史授業といえるだろう(笑)
「清須会議」 日本のクレイジーな人 (はらやんの映画徒然草)
本作は三谷幸喜さんが脚本・監督をする初の時代劇作品です。 戦国時代を舞台とする時
「清須会議」会議直前の駆け引きの末に見た秀吉の勝家を翻弄した天下一の巧みな人心掌握術 (オールマイティにコメンテート)
「清須会議」は1582年6月に本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれ、羽柴秀吉が明智光秀を討った後に織田家の家督と今後の天下統一の後見人を選ぶ戦国史上初の会議が行われた清州 ...
恋と出世の二兎は追えない。(笑)〜「清須会議」〜 (ペパーミントの魔術師)
出てるひとらがね、なんていうかホームランバッターばっかしで 打席にたったら絶対かっ飛ばして悠々と手をふってダイヤモンドまわりたいのに 三谷監督ったら豪華キャストにむかって あ、キミはフォアボールで出てよね。 あ、キミは足遅くても盗塁してよね。 キミはちょっ...
清須会議 (Akira's VOICE)
虎視眈眈の駆け引き合戦。  
三谷幸喜『清須会議』完成披露試写会@東京国際フォーラム ホールA (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
11/9公開の三谷幸喜監督最新作、映画『清須会議』の完成披露試写会が、10年に1度と言われる台風が接近していた10/15(火)に東京国際フォーラム ホールAで行われた。ホールの1階中央 ...
『清須会議』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「清須会議」 □監督・脚本 三谷幸喜□キャスト 役所広司、大泉 洋、小日向文世、佐藤浩市、鈴木京香■鑑賞日 11月9日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>   あちこち番...
映画「清須会議」 (FREE TIME)
注目の映画「清須会議」を鑑賞しました。
『清須会議』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
『ラヂオの時間』『みんなのいえ』『THE有頂天ホテル』までは見に行ったんですが、『ザ・マジックアワー』と『ステキな金縛り』はスルー。ということで久方ぶりの”脚本と監督 三谷幸喜”作品です。今回はそれに”原作”が付いていて、小説版は昨夏ハードカバーが出て...
[映画『清須会議』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆正直、堅実に作り過ぎていて、いまいち面白くなかったなぁ。  史実との整合性を追うのにいっぱいいっぱいで、物語自体に笑える部分が少なく、  豪華キャストの会話のやり取りのみが面白かった。  個々の役者の演技は見事で、それぞれに唸らせられたが、舞台が限定...
清須会議 (青いblog)
いつもの三谷さんはアメリカの旧作映画って感じですが、 今回は日本の60年代くらいの邦画を観ているようでした。 こういう喜劇、あるある。 旧作時代劇に詳しい方は、どの監督のオマージュかわかるかもしれません。 密室劇とのことでしたが、ロケが多くて開放的。...
清須会議 (映画的・絵画的・音楽的)
 『清須会議』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作を制作した三谷幸喜監督の前作『ステキな金縛り』がまずまず面白かったこともあり、映画館に足を運んでみました。  本作で専ら描かれるのは1582年6月の清須会議で、それは織田信長が本能寺の変で急死した後、織田...
清洲会議 監督の迷いか観る方の思い込みか… (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【64うち今年の試写会8】 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お...
清州会議 (単館系)
清州会議 11/9公開 池袋シネマ・ロサ 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と 羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。 勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の 後継者として指名し、...
「清須会議」 (ここなつ映画レビュー)
とにかくもう、観たくて観たくて。予告編の頃から心待ちにしていました。 東京国際映画祭のクロージングで抽選チケットに応募するも二回外れ、正規販売日には秒殺でSoldOut。息子よごめん、公開まで待て、と、なんだかんだで今になってしまった。 織田信長の死後の後...
清須会議 (のほほん便り)
三谷映画という意味で、笑いや、いつもの作風を期待した向きには、今ひとつ満足度が低かったみたいですが、私は面白く見ました。何より、「わかりやすかった」です。毎度のことながら、キャスティングが豪華で楽しく、それだけでも嬉しくなります。ちょっとしたデフォルメ...