極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

それでもボクはやってない (2007) 143分

2007-01-27 18:22:56 | 日本映画(映画館)
フリーターの金子徹平は、会社の面接に向かうため通勤ラッシュの電車に乗っていた。そして、乗換えの駅でホームに降り立った彼は女子中学生から痴漢行為を問いただされる。そのまま駅員によって駅事務所へ連れて行かれた徹平は、やがて警察へと引き渡される。警察署、そして検察庁での取り調べでも徹平は一貫して“何もやっていない”と訴え続けるが、そんな主張をまともに聞いてくれる者はいなかった。そして、徹平は具体的な証拠もないまま、ついに起訴され、法廷で全面的に争うことになるのだが…。

映画館 ★★★★

 先週13日から公開のこの映画・・・奇しくもその日の朝刊にこんなニュースが載っていました。強○などで服役の男性無実 別の男が容疑認め逮捕 富山(朝日新聞) - goo ニュース

 うーん・・・
いろいろなものが裏切られたショックが大きくて(笑)

 監督は何を言いたかったんだろう?
今の裁判制度を強烈に批判したかったのかな?

 それとも・・・
痴漢などで誤認逮捕されても認めちゃったほうがオススメ!
って事を言いたかったのかな?

 そんなわけないよね?
自分はやっていないんだから、最後の最後まで控訴審を続けて・・・
それで最高裁までいったとしても・・・そこでもしも有罪になっても・・・

 自分自身しか自分のことを裁けないってことなのかな?

私はやはり古いタイプの人間かもしれません
この映画のオチで一気に疲れちゃいました(笑)

 この映画は最低の映画です。断言してもいいと思います。

しかし・・・めちゃ面白いんだよね。
そのギャップにこれからも苦しみ続ける私です。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高いけど… | トップ | 魂萌え!(2006) 125分 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あのね (じゃすみん)
2007-01-27 18:50:01
私もそう思ったんだけどさぁ。パンフに書いてあったよ。ネタバレだから書けないけど パンフの素朴な疑問Q26の辺り。でも可能性としてだけど。

映画を撮ろうと思ったきっかけの事件の例も載ってたね。
もちろん (しんちゃん)
2007-01-27 19:09:14
★じゃすみんちゃん
監督の思惑は今の裁判制度や冤罪事件への批判だろうけど・・・

やっぱこれじゃあまりにも酷すぎて(笑)
ハッピーエンド (kossy)
2007-01-27 22:18:35
残りますよね~もやもやが(笑)
そのもやもやこそが現在の司法制度を見つめなおすきっかけとなるような。
俺は映画の前にシナリオを読んでしまっていたのに、映画でもずしりときてしまって・・・
法廷映画のラストで愕然としてしまうのもたまにありますよね。『レインメーカー』なんてのもそうじゃなかったっけ?
それ・・・観てないかも(^^; (しんちゃん)
2007-01-27 22:37:46
★kossyさん
レインメーカー・・・観てないと思います(笑)
最近では「愛の流刑地」もちょっと最後がもう少し量刑が軽いんじゃないかな?って思ったし、「半落ち」もそんな感じだったかも。

周防監督にしては珍しくすごくオーソドックスなつくりで、小ギャグもほとんどなく、2時間半近くの映画を一気に見せてくれたんだけど・・・

小日向文世はホント素晴らしい役者だと思います。
私は彼の本意を読めなかったなぁ(笑)
おもわず唸っちゃいました(^^;
地元のセレブが (シウ)
2007-01-29 13:52:26
書いている映画評があるんですが
この作品をすごく良いと言っていました。
でもシウはこういう冤罪モノが嫌いなので
絶対見ません。
だから最後がどうなのか、ネタバレされちゃっても良いんですが、
しんちゃんが書いていることから察するに
“モヤモヤ”なんですね。
結局今の司法制度への批判をするには
ハッピーエンドっていうわけにはいかないのでしょうか。
無実なのに拘束されるっていうのが苦手なので
プリズンブレイクも挫折してるし、
ショーシャンクも見てません。
グァンタナモも見られないな・・・・
むむぅ (しまりす)
2007-01-29 14:16:16
結構みんな「後味良くない」と

私の周りでも評判です(^-^;

見たかったけどちょっと悩めるなあ。



ちなみにレインメーカーは

マットデイモンの初期作品ですよ

確か相手役はクレアデインズ。

私もなんかもやもやして

あんまり好きな作品じゃなかったなあ。
モヤモヤどころか・・・ (しんちゃん)
2007-01-29 18:04:30
★シウちゃん
やっぱなぁ・・・あんなオチだったら、やってもない痴漢を認めて、罰金払って次の日に出してもらおうかって思うよ?
また、そうすべきだよ!って監督が言ってるとも思われるし。もちろんそれは痛烈な批判のつもりだろうけど、正義が正義でありえない話はやっぱ憤りを感じます。せめて映画の中だけでも正義は勝ってほしいよ。

★しまりすちゃん
すごく面白いし、私たちの周りでありえる事件と裁判をちゃかすことなく真摯な目で描いてくれてるんだけど・・・( ̄ヘ ̄;)ウーン

暴論かもしれないけれどこの映画は「被害者」のことは考えなくてもいいと思うのね。
こんな話がまかり通ったら、やってもいないことで女の子に手をつかまれて「この人痴漢です!」なんてされたら、人生終わっちゃうよね。
で、そんな事件が今どんなにあるか・・・

この手のは見ないけど (rukkia)
2007-01-30 09:58:36
>せめて映画の中だけでも正義は勝ってほしいよ。
同感で~す!

でもキングジョーは知らない…。
あら・・・ (しんちゃん)
2007-01-30 13:01:42
★rukkiaさん
「キングジョー」知らない?( ̄ヘ ̄;)ウーン
ウルトラセブン、見てないかな?(^^;
よかったらDVD借りてでも見てね(笑)

この映画ね・・・
メチャ面白く観られるんだけど、私は一気に奈落の底って気分になりました(笑)
おっしゃるとおり (未来)
2007-01-31 21:05:04
やってなくても認めたほうが身のため・・・?
コレを観ればそう思うよね。。
戦っても無駄。。。
スカッとしないしね。
もし家族が・・・ゾッとする!
これが・・・ (しんちゃん)
2007-01-31 22:01:34
★未来ちゃん
現実なんだろうね
でも、やっぱ映画くらいはなぁ・・・

面白い映画だっただけに、ハッピーエンドにしても評価は変わらないと思うんだけど

つづく (まいご)
2007-02-03 16:39:44
観てきました。
ま、後味は良くないですよね。
一応『つづく』ではないですが、結果は棚上げ、ということで自分を納得させる事にしました。
ま、裁判制度の是非を問う、というか、これでいいのか?って感じなんだと私は受け取りました。
ただ、私たち女性としては、何が何でも誰かを犯人にしたい、と言うのではなく、犯人は正しく罰せられて、再犯防止を願う、って事で、本当は真犯人が見つかってはppーエンド(?)が一番なんだろうけど、現実そう上手くは行かないって事ですよね。
でも、やってない事を認めちゃ、ダメですよ!絶対に!(笑)
そうだよね (しんちゃん)
2007-02-03 21:04:51
★まいごちゃん
余の男性諸君への警告にはなるよね?

で、満員電車に乗るときは覚悟しろ!ってことで(笑)

でも、やっぱなぁ・・・
いやだな(笑)この映画(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
それでもボクはやってない (海外ドラマが好き♪)
あなたは 痴漢をしたことがある? されたことは? 
それでもボクはやってない (ネタバレ映画館)
主文、評価は満点とす。日本の裁判制度の矛盾点と冤罪事件で被疑者とされた者と弁護士による国家権力に抗う姿、それによって正しき主張をも蔑ろにしてしまう社会の醜さをも描いた本作は大いに評価できるものである。
映画「それでもボクはやってない」 (FREE TIME)
今日、映画「それでもボクはやってない」を鑑賞してきました。
それでもボクはやってない(映画館) (ひるめし。)
これが、裁判。
【劇場映画】 それでもボクはやってない (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 大事な就職の面接を控えた日の朝、大勢の通勤客に混じって満員電車から駅のホームへ吐き出されたところを痴漢に間違われ現行犯逮捕されてしまった金子徹平。連行された警察署で容疑を否認すると、そのまま拘留される。その後も一貫して無実を主張するもの...
「それでもボクはやってない」 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
「それでもボクはやってない」 ネタバレ、完全、ご注意あれ。 昨年観た映画で、一番観たのが加瀬亮です。(途中、映画レビュー書いてませんが。) 昔は嫌いだったのに、昨年ですっかりトリコです。 そんな加瀬亮は早速、逮捕。 「ハチミツとクローバー」の真山のイメ...
『それでもボクはやってない』 (Sweet* Days)
監督:周防正行 CAST:加瀬亮、役所広司 他 STORY:フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、ある日満員電車で痴漢に間違われ拘留されることに・・・・ 良かったです! 周防監督が徹底的にリアリズムにこだわったというだけあっての生々しさ、 そして2時間を超...
「それでもボクはやってない」試写会レビュー 運命 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
すごいリアルに作りこまれた映画やとは思うけど、やっぱり邦画バブルの中ではその魅力はだいぶ、、、。
それでもボクはやってない (八ちゃんの日常空間)
びっくりしたのは、(きっと誰もがそうでしょうが…)「裁判」それも「冤罪事件」をまとに絞った映画と言う事で、決して皮肉たっぷりに描いたエンタメ性の作品ではなく、全篇を通してかなり真面目、それもリアリティにこだわった作品だと言うことです。前半、拘置所内での...
それでもボクはやってない (悠雅的生活)
これが、日本の、裁判。
『それでもボクはやってない』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『それでもボクはやってない』鑑賞レビュー! 11年ぶりの新作、遂に始動!! 周防監督が選んだ題材は “裁判” 十人の真犯人を逃すとも、 一人の無辜(むこ)を罰するなかれ ★review★ 公開日に観て来ました~! 予想通りと言うか予想に...
それでもボクはやってない (Akira's VOICE)
シンプルな作りなのに,素晴らしく奥深い見応え。
それでもボクはやってない (future world)
「それでもボクはやってない」~タイトルからすれば・・やっぱり有罪ってことなのね。。。 裁判ごとには今のところ全く縁がなく、法廷の様子といえばテレビドラマなんかで観て知ってる程度。 裁判を起こすのは大変だ、物凄く時間もかかる、費用も掛かる、いろいろと拘...
【2007-9】それでもボクはやってない (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
おかしい 日本の裁判 裁判とは何か? そして真実とは・・・ 今、運命の法廷が開かれる
【2007-9】それでもボクはやってない (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
おかしい 日本の裁判 裁判とは何か? そして真実とは・・・ 今、運命の法廷が開かれる
0.1%の無罪に向かって。~「それでもボクはやってない」~ (ペパーミントの魔術師)
まずは公式サイトへ。 →http://www.soreboku.jp/index.html トラックバックも受け付けてるようですので みなさんで意見交換するのもよろしいかと。 てっきりコメディタッチにしながらも最後にホロッとくる そういう作品だとばっか思ってました。 思いっきり正統派社会...
それでもボクはやってない (Cinemermaid)
周防正行監督、久々の新作で周囲の期待度は公開前から高かったけど、その期待を裏切らない作品だ♪ 140分という長さを全く感じさせない日本の裁判の問題点を描く真面目な法廷劇だ ただし全然、堅苦しくない 私のような裁判素人でも充分に楽しめる完成度はお見事だと...
「それでもボクはやっていない」を観た・・・・。 (銅版画制作の日々)
 最近、富山で○○罪で実刑判決を受けた男の人が二年9ヶ月服役後、無罪だという事が判明した。それは昨年8月に別件で逮捕された男が「自分がやった」という自白からだ。警察の取調べもかなり不十分だったようである。しかし無罪であることを主張することも出来なかった...
「それでもボクはやってない」 もう裁判が人ごとではいられないのかも・・・ (はらやんの映画徒然草)
周防正行監督の久しぶりの新作です。 今までもユニークな題材を選んできた周防監督で
それでもボクはやってない (Thanksgiving Day)
映画「それでもボクはやってない」を観てきました!! 痴漢冤罪事件を題材にした周防正行監督の映画で、かなり話題になってるし、電車に乗ることも多くずっと気になってたので、観たいと思ってたんですよ。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『大事な就職の面接を控え...
「それでもボクはやってない」有罪ありきの現実に立ち向かった冤罪被害者と支援者たちの過酷な闘い (オールマイティにコメンテート)
「それでもボクはやってない」は痴漢と間違えられたフリーターの青年が無罪を訴えて裁判と闘うストーリーである。周防正行監督11年ぶりの作品として現在の裁判の現実と問題点を忠実に描かれた作品として注目だ!
それでもボクはやってない 2007-07 (観たよ~ん~)
「それでもボクはやってない」を観てきました~♪ フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、就職の面接に向かう途中の電車の中で、中学生から「痴漢したでしょ!」と訴えられる。捕まった当初から、終始一貫して無罪を主張するが・・・ 人気Blogランキング    ↑...
それでもボクはやってない (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『これが、裁判。』  コチラの「それでもボクはやってない」は、来年1/20公開になる周防正行監督の最新作なんですが、試写会で観てきちゃいましたぁ~♪今回の試写会は、約1ヶ月程の先取り&周防監督のティーチ・イン付きで、とても楽しかったです。  社交ダンス...
『それでもボクはやってない』07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじフリーターの金子徹平(加瀬亮)は、通勤ラッシュの電車で女子学生に痴漢したと訴えられ、そのまま警察に連行されてしまう。その日から、留置所暮らしを余儀なくされた金子の無実を訴える戦いが始まった・・・。感想数多くの映画賞に輝いた『それボク』が早くも地...
それでもボクはやってない (mama)
2007年:日本 監督:周防正行 出演:加瀬亮、もたいまさこ、光石研、高橋長英、小日向文世、本田博太郎、役所広司、竹中直人、大森南朋、尾美としのり、山本耕史、清水美砂、鈴木蘭々、瀬戸朝香、田中哲司 会社の面接に向かう途中の電車の中で、女子中学生から痴漢...
それでもボクはやってない (Yuhiの読書日記+α)
周防正行監督による痴漢冤罪事件の裁判を描いた話題作。キャストは、加瀬亮、瀬戸朝香、山本耕史、もたいまさこ、役所広司など。 <あらすじ> 大事な就職の面接を控えた日の朝、大勢の通勤客に混じって満員電車から駅のホームへ吐き出されたところを痴漢に間違われ現行...