極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

ショーシャンクの空に (1994) THE SHAWSHANK REDEMPTION 143分

2006-03-26 17:47:45 | 外国映画(DVD・TV)
 妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ。初めは戸惑っていたが、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者達の心を掴んでゆく。そして20年の歳月が流れた時、彼は冤罪を晴らす重要な証拠をつかむのだが……。

DVD ★★★★

 日本公開が1995年、私はその後発売されたビデオで見たので、それ以来ってことで・・・10年ぶりに見ちゃいました。DVDの廉価版を買ったんです。

 刑務所モノってジャンルがあるのなら、ここ近年でもいろいろな作品がありますよね。「パピヨン(30年以上前ですが)」「アルカトラズからの脱出」「ミッドナイトエクスプレス」「グリーンマイル」などなど・・・

 で、どの映画も「悪徳刑務所所長」「暴力看守」「ハードゲ○」「脱獄」などがキーワードにはなるんですが、この「ショーシャンクの空に」はすべてその条件を満たしているのにもかかわらず、ちょっと異色作なんだよね。

 主演の二人の演技によるところが非常に大きいんですが、やはりその脚本と監督の力が大きいんだろうね

 この映画については皆さん色々「思い入れ」があるだろうから、私はこの辺で(^^;
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボウリング大会&卒業・進級... | トップ |  ちと「へたれ」の私*o__)oバ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大好き (ぐ~)
2006-03-26 22:31:20
私この映画大好きです!もう、何回も観ました!

DVDも高いとき(?)に買っちゃってます。

何度観ても、なんだか泣けちゃうんです。
改めて見たら・・・ (しんちゃん)
2006-03-27 14:14:14
★ぐ~ちゃん

私は記事にも書いたように10年ぶりに見たんだけど

なかなかいい映画ですね

アカデミー賞を一つもゲットできてないのが不思議な感じでした
モーガン・フリーマン (てくり)
2006-03-31 11:27:09
出所することを熱望していたときは釈放されず、

もう一生、刑務所暮らしでいいや~と思い始めたら

釈放され、やっぱり外での生活に馴染めないという

エピソードが印象的でした。



ティム・ロビンスの淡々としながらも、

しぶとい脱獄への執念も感心しました~。

皮肉だよね (しんちゃん)
2006-03-31 13:06:23
★てくりちゃん

殺された被害者の立場なら「終身刑」であっても良いとは思うけど・・・ま、こんな話をしだしたら別の問題になるしなぁ(^^;



原作が「刑務所のリタ・ヘイワース」って言うんだっけ?なるほどなぁって思いました(^^;
これ、大好きです♪ (sabu)
2006-03-31 17:56:27
主役の2人が秀逸!!

原作があったのか~。

知りませんでした。

これは探してみなくちゃね。
なのよね(^^; (しんちゃん)
2006-03-31 19:22:55
★sabuちゃん

主役が二人なのよね

でも・・・観客はやはりモーガン・フリーマンの視線で見てるよね

ティム・ロビンス・・・逝っちゃってるし(笑)



原作は「新潮文庫「ゴールデン・ボーイ/-恐怖の四季・春夏編-」に収録されてるみたいです
まぁ~た (miyu)
2009-06-17 20:16:40
しんちゃんにこれを見てなかったの?と
驚かれちゃいますかしら?(´▽`*)アハハ
でも、こんな今さらながらの映画を見て、
今さらながらにこれはみんなが名作!と
言うだけのことはあるなぁ~と納得しました。
監督、脚本、キャスト、全てに満点の
素晴らしい映画でしたね。
いやいや(笑) (しんちゃん)
2009-06-17 21:15:14
★miyuちゃん
私はmiyuちゃんが「情婦」を見てくれてただけで大満足です(笑)

名作として名高いものは、やはりそれだけのものがあるんだとつくづく思います。

そして、私もまだまだ見ていない作品が多いしね。もっと見ないとね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ショーシャンクの空に (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「ショーシャンクの空に」は、2007年に製作された「ミスト」も大変面白かった!スティーヴン・キング原作&フランク・ダラボン監督・脚本のコンビによる1994年製作のプリズン映画です。  なんでもフランク・ダラボン監督は、監督デビュー作もスティーヴン・...
ショーシャンクの空に (ペパーミントの魔術師)
公開からもう10年もたったそうで、初回限定盤のメモリアルBOXまで 出てるようですね。 気になってたものの長いこと見そびれていて、 たまたま図書館にあったビデオを借りてきてやっと鑑賞したわけで。 きっかけはMr.Children 「One Two Three」の中の一節。歌詞はこち...
『ショーシャンクの空に』 (京の昼寝~♪)
  □作品紹介 「ショーシャンクの空に」□監督・脚本 フランク・ダラボン  □原作 スティーヴン・キング(「刑務所のリタ・ヘイワース」) □キャスト ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ウィリアム・サドラー、ボブ・ガントン、ジェームズ・ホイ...
「ショーシャンクの空に」ゆるやかに男の友情 (ノルウェー暮らし・イン・London)
ねえねのお友達が大絶賛の映画。 若い世代に支持されてる映画って、どんなかんじかな? 久しぶりにパパンとゆっくり鑑賞。
『ショーシャンクの空に』<午前十時の映画祭>シリーズ一番の入りでした。 (23:30の雑記帳)
観に行ったのが文化の日ということもあってチケット売り場は50メートルはあろうかという大行列。一方、自動発券機の前はガラガラ。パソコンってそんなに普及していなかったのかしらん?と不思議に思いつつ、シネマイレージカードを取り出し、ネット予約しておいたチケット...
『ショーシャンクの空に』 そしてブログは回帰する (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  永劫回帰――ニーチェが提示したその考えを一言に集約しようなんて、哲学者諸氏のお叱りを受けるかもしれない。  無謀を承知で敢えて云おう。永劫回帰、それは「明日も今日とおんなじ...