花好きグランマの独り言

いつの間にか大好きな季節到来。
控え目な花、地味な花など山野草が大好き。
まるで私のよう? 孫も登場します。

四国旅行・松山編

2010-10-31 19:45:29 | 旅行
10/25 (月) 2日目

香川県琴平温泉で迎えた2日目の朝、温泉の朝ぶろで目が覚めます。

体重計に乗ってさらに、ぱっちりと目が覚めました。まだ朝食も食べてない一番体重が軽いと思われる時に、すでに2kg増加していました。
食事が美味しいから仕方がないけれど、先が思いやられます。



小雨がぱらつく中、高速道に乗り愛媛県松山・道後温泉を目指します。

雨が降っても、博物館巡りだから問題ないね。と思っていたら なんということでしょう。見たいと思っていた美術館は月曜日はお休みでした。

今日はその月曜日なのです。しかも松山に向かっている車の中で気が付いた次第・・・


はるばる埼玉から訪れ、しかも歴史好きの私たち家族、「坂の上の雲ミュージアム」や「子規記念博物館」を楽しみにしていたのに・・・

秋山兄弟の生家を復元した生誕地もお休みでした。ことごとく月曜定休日で腹が立ってきます。

しょうがないから気持ち切り替えて、見られる所を廻ろうという事になりました。




              

この建物は「萬翠荘」です。ここは無休でした。旧松山藩主の子孫久松伯爵の別邸です。


    

ロココ様式の館内は、あちらこちらに大正ロマンが漂っていました。  階段上のステンドグラスです。



              

この建物の裏山にあるはずの「愚陀佛庵」は今年の7月の豪雨で建物が流されてしまい、崩壊してしまったとのことです。

そういえばテレビのニュースで聞いたような気がしました。

こちらもとても残念です。愚陀佛庵は夏目漱石の下宿先の離れを再現したもので、療養のために帰郷した正岡子規が居候していたという建物です。



              

こちらも無休の子規堂です。17歳で上京するまで暮らしていた旧宅を復元しています。

小さな勉強部屋もあり、紀行文や植物などの写生帳などが展示されていました。




   

子規堂の目の前に、坊っちゃん列車の客車が1両展示されていました。とても小さく可愛い車両でレックスも大喜びでした。




              

2日目の宿は道後温泉本館から3分の所にある、「宝荘ホテル」です。広い角部屋で松山市内の眺めもよく、はるか遠くに松山城も見えました。


              

テレビの映像で見たり、雑誌やガイドブックでもおなじみの道後温泉本館。昼間でも入浴する人で賑わっていました。




              

開湯3000年の歴史を誇る、日本最古の公衆浴場で重要文化財になっているそうです。

夫と私は夕食が済んでから、夜9時前ごろに入りに来ました。2種類ある内の「神の湯」を体験しました。浴室の天井が高く、石造り(たぶん大理石か)の重厚な湯船は深く少し熱めの温泉でした。

すべすべして気持ちが良い湯でしたが、ホテルの温泉の方がもっとお肌がつるつるになるような印象でした。



              

道後温泉のすぐ近くにある「伊予のご馳走おいでん家」の海鮮丼、雑誌を見て美味しそうなので、ランチはここにしました。

もちろんお刺身は新鮮でしこしこと歯ごたえあり美味しかったのですが、お盆の右上の2個の器が気に入った娘と私。

その焼き物は「砥部焼」でした。夕方の夕食前の時間に窯元まで車で行ってみることにしました。タダでは済まない予感が・・・


行ってみると、素敵な焼き物がずらり~と沢山並んでいました。見るだけねと思って来ても、ついついね~

四国旅行の記念に買ってしまいました。ちょっといいお値段するので2枚をお買い上げ!


              

それがこちらです。藍色が好きなので、白磁に藍が映えるお皿を選びました。普段に使えるシンプルなものです。



    

毎日使っていると器も飽きるので、たまに新しい器を買うと新鮮で嬉しいし料理のし甲斐がありますね。



              

こちらは娘が買った3品です。どれにしようかさんざん悩んで選んだのは赤が可愛いお皿でした。

彼女らしい選択です。



    


              

この小さな器と同じものが、ランチを戴いた「おいでん家」で使っていて目を引かれたのです。

娘はドレッシングを入れたり、ミルク入れにするためにお買い上げ。小さいのに結構なお値段でしたよ。


夜道後温泉本館の湯に浸かった後、アーケード街をぶらぶらすると、土産物を売っている店や可愛い小物を見て歩くのは楽しいですが、砥部焼の焼き物の専門店がありました。そして窯元とそんなに変わらない?お値段でした。

そのお店でまた一枚気に入ったお皿を見つけたのですが、幸いと言うかお財布を持たずに出かけたので、買えませんでした。入浴料しか持って行かなかったのです。


明日は3日目足摺岬を目指しますが、その出発前に9時から「坂の上の雲ミュージアム」に行くことにしました。



10/26 (火) 3日目

早朝再び温泉に浸かり、朝食後ゆっくりする暇はなく「坂の上の雲ミュージアム」に出かけました。ホテルから15分位の所にあります。



              

駐車場がないので、近くの駐車場を見つけて9時前に到着、一番乗りでした。




              

私達3人は歴史好きで、特に幕末から明治への大きく時代が動いていく頃のことに興味があります。

偶然にも司馬遼太郎の「坂の上の雲」を3人とも読んでいました。

NHKでドラマ化にもなったので、バスツアーのお客さんも添乗員さんと共にやってきました。

「坂の上の雲」は産経新聞の連載小説だったのですね。4年間もかかったようです。壁面になっていて知りました。

日露戦争で活躍した秋山好古・真之兄弟と正岡子規ゆかりの資料が沢山展示してありました。 見ることが出来て満足でした。

「坂の上の雲」を再び読んでみようかなという気持ちになっています。



              

前日に訪れた、「萬翠荘」がお向かいにあるので、「坂の上の雲ミュージアム」のガラス越しに全体像を写しました。素敵な洋館でした。


ここから「内子」を経て、足摺岬に向かいます。続きはまたね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四国旅行・徳島・香川編

2010-10-29 22:59:39 | 旅行
しばらくブログ更新をご無沙汰してしまいました。

娘と孫と夫の4人で四国旅行に行ってきました。帰ってきたらすっかり寒くなり、今年は冬の訪れが早くてすでに暖房しています。


四国では2日目は一日雨でしたが、おおむね天気にも恵まれました。


10/24 (日)

早朝4時起床、5時過ぎには羽田に向け車で出発しました。

レックスがいて何かと荷物も多いので、羽田空港のすぐ近くの民間の駐車場を予約し車で行くことにしました。

駐車場からはマイクロバスで空港まで送迎付きです。


                 

羽田空港は国際化に伴い国内線周辺もリニュウーアルされて、お店が増えていました。

空港で朝食をとりさあ出発です。




                 

高松空港には羽田から1時間で到着、やっぱり飛行機は速くて便利ですね。

レンタカーは日産の「ティーダ」でした。チャイルドシート付きです。

曇り空ですが、これから徳島の渦潮を見に行くことにしました。



 

香川と言えば讃岐うどんを楽しみにしてきました。高速道路のサービスエリアで讃岐うどんを戴きました。

うどんの専門店でないのでどうかな?と思ったけれど、しこしこと美味しくてレックスもつるつると沢山食べました。
とっても気に入ったようで、すっかりとうどん好きになってしまいました。



              

大鳴門橋です。渦潮を眺めるための展望台の上からなので、残念ながら渦潮の迫力は感じられませんでした。

でも辺りの景色は素晴らしくて、やはり来て良かったなと思います。初めての徳島県でした。



              

かなり急なエスカレーターでここの展望台まであがりました。レックスもご機嫌です。




              

高松市内に戻り、うどんの専門店を雑誌で探して「うどんバカ一代」に行ってみました。

店の前は列が出来て20人ほど並んでいました。しかも若い人達が多いのにびっくりです。

ツアー客はいず、レンタカーで観光する若い人たちは、雑誌などで美味しいお店の情報をよく知っているのでしょう。

この生卵と胡椒が効いた変わった食べ方の、うどんはとっても美味しかったです。

カメラを出しているうちに、すでにバターの形が溶けてなくなっていますが、バターと胡椒と生卵がからんだうどんの味は癖になりそうな味でした。

レックスは胡椒が効いてない部分のうどんを美味しそうに食べました。



遅いランチを済ませて外に出ると、小雨が降ってきました。

予定では「栗林公園」に行くつもりでしたが、雨が降り出したので予定を変更してホテルにチェックインしました。



              

ホテルは琴平温泉にある「琴参閣」です。3泊4日の旅ですが、3泊とも温泉宿にしています。

大きなホテルですが、お部屋をグレードアップしたので、利用できる温泉も空いていて、とっても良かったです。

床の間に活けてあるお花は、レックスの手が届かないように押し入れの中にしまいました。

手に届くものなんでも触ってみるので、目が離せません。




              

ホテルからすぐ近くの金毘羅参りに出かけました。

参道は昔懐かしい建物などに目を引かれました。



              

雨が降っているし、この階段ではストローラー(ベビーカー)は使えないので、レックスはグランパがスリングで抱っこです。

男性でも13kgのレックスを抱っこしてこの階段を上がるのは大変です。

しかしジムで走っていて体力あるしグランパは頑張りました。レックスも大人しくキョロキョロしながら楽しそうでした。



              

雨降りだしレックスがいるので、一番上のお宮さんまでは行けませんでしたが、雰囲気だけは味わう事が出来ました。

いつも晴れ女ですが、この日ばかりは低気圧には勝てませんでした。


ホテルに戻り温泉に入って幸せ気分、お風呂好きのレックスは温泉も大好きで、はしゃいでいましたよ。



              

いつもベットで寝ているレックスですが、畳に敷かれたふわふわした布団が珍しく、転げまわって楽しんでいました。

明日二日目も雨の予報ですが、愛媛の道後温泉を目指します。続きはまたね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外ではご機嫌なレックス

2010-10-20 00:49:01 | 孫・レックス洋平
10/19 (火)

日本に来てから、娘の体調が悪くなり日本の健康保険はないので、自費で近くの病院で治療中です。

治療と言っても、3日ほど薬を飲むだけですが。

今日は1週間後の検査のために、再び病院へ。洋平を病院に連れて行く訳にいかないので、私が子守り役を引き受けました。

いつもはグランパが、子守り役をするのですが、今日は生憎ゴルフで早朝から車で出かけています。





              

病院のすぐ隣にある公園で、遊びながらママを待つことにします。今日はすごく患者さんたちで混んでいるみたい。

洋平はベビーカーから降りると、この木馬ではなくバンビですかね、これに跨って体を前後に揺すります。

「しっかりつかまってね、手を離しちゃだめよ」と言いながら、1枚写真を写します。





              

「次はこっちに乗りたいな」と隣の鳥さんのそばに行きます。グランパと時々来るようで、遊び方を知っていました。

近所の保育園児が沢山遊びに来ていて、とても賑やかでした。





              

砂場で遊んでいた園児が、他の遊具に移動した後で、「ちょっと貸してね~」とスコップで砂をすくって遊んでいます。




              

園児が砂場に戻ってきても、保母さん達に許可を戴いて使わせてもらいました。

砂に足をとられるので、時々よろよろしながらもとっても楽しそうでした。




              

ちょっと大きな子が寄ってきて、拾ったドングリを見せてくれたり、砂のコーヒーをどうぞと持ってきてくれたり・・・

レックスにも黄色のコップを貸してくれました。 よかったね。




              

              

さすがに保育園児は小さい子供の面倒をみるようにしつけてあるらしく、レックスとも遊んでくれました。

「おにいちゃん、ありがとう」 レックスも嬉しそうでしたよ。

このあと砂場の道具を、園児たちにも片付けさせて、滑り台に移動した園児たちの後を追うレックス。

自分も滑り台に上がるつもりになっているし~ 「無理よレックン」 ここの滑り台はレックンには高すぎるでしょ!

子供たちが次から次を滑り降りてくるのを、バタバタしながら見ているレックス。

あっという間に、3・4回づつ滑り降りると、列に並んで手をつないで園児たちは帰って行きました。





              

急に静かになったね~ と言っていたら、ママが病院から様子を見に出てきたところでした。

「まだまだ時間がかかりそう」だって、 ママが来てくれてよかったね。




              

滑り台で遊んだ気分にちょっとなって、満足したようでした。

この高い滑り台の階段を上る気になっていた、レックス。 まだ1年早いわよ。もっと大きくなってからね。

体が大きいせいか、保母さんからも「どうぞ」と言われたけれど、「無理なんです、まだ15ヵ月ですから」と言ったら、保母さんたちもびっくりしていました。


ママがタイミングよく来てくれたので、ベビーカーに乗せて貰い(まだ遊びたい~と、ベビーカーに乗るのを嫌がるので大変なんです)

スーパーマーケットにお買いもの。 夕食の食材とランチのおにぎりを買って再びこの公園に戻ってきました。

ママが出てきたら、ベンチでランチにしようね。 ちょっとピクニック気分を味わってご機嫌でした。

沢山遊んでお腹が空いたのか、サケ入りのおにぎりを1個を完食。食べている時のレックスは本当に幸せそうでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日の日課 公園へ

2010-10-17 23:44:25 | 孫・レックス洋平

すぐ近くに公園があるのはとってもありがたく、毎日誰かがレックスを連れて出かけます。グランパと行くことが一番多いかもしれません。

一日に3回位行くこともあります。


レックスはとにかくよく食べますが、お腹がすくととても機嫌が悪く大泣きします。もっとも大人でもお腹がすくと不機嫌になるから仕方がないですね。

家の中の遊びにも飽きてくると、公園へ~ この日はママとグランマと3人で出かけました。

滑り台に興味を示したレックス、滑り降りる時は後ろ向きになり腹ばいで降りようとします。ここは慎重ですね。



              

低い滑り台なので、レックスでも大丈夫です。



              

ママが滑り方を教えます。そうそうお尻で滑るのよ!



              

出来たね、面白いねレックン! ご機嫌でこのあと何回か繰り返しました。 一人ではまだ無理だけどね。




              

また何か気になるものを見つけたようです。




              

やっぱり葉っぱなのね、葉っぱが好きね。

そのうちにクマのような大きな犬が、2匹散歩にやってきました。




              

怖いもの知らずのレックスは、どんどん犬に近ずくので、大人もハラハラしてしまいます。

犬の飼い主は、「大人しい犬だから何しても大丈夫だよ」とのことでしたが、それでもちょっと怖い気がします。

後で聞いたら、娘もドキドキしたようです。

動物に触れ合うのはいいことですが、動物の性格を知らないで、どんどん近寄っていくので、大人の方が気をつけないといけないわね。



25・6年も昔のことですが、我が家の前の道路で、小さい子供が乗っていた自転車を倒したのに驚いた犬が、その子供の足に噛みついたという事件がありました。 幸いに大事には至らず、ちょっとした傷位で済んだ記憶がありますが。

その時も、犬には飼い主がいたのですが、とっさの時には、間に合わなかったようです。


怖いもの知らずのレックスには、しばらく家の中でも外でも目を離せませんね。 子育てって大変ですね~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いとこ同士

2010-10-16 00:28:41 | 
10/11 (月)

連休で茅ヶ崎から息子一家が遊びに来ました。

結花は小学2年生、妹の咲希は幼稚園の年長さんです。2人ともレックスに会うのは半年振り、久しぶりですね。

早速、レックスの遊び相手になって、面倒を見てくれています。 さすが女の子ですね。

普段は夫と二人、静かと言いうか寂しいくらい静かです。それが一気に8人ですから、超賑やかですよ~




               

               

「痛いの?」 結花のひざの絆創膏が気になっています。




    

お姉ちゃんたちは遊びにも年季が入っています。積み木遊びも得意でした。

この後、例によってレックスが壊して回ります。 一瞬の2人の作品でした。




               

夕方になって、みんなで公園に遊びに行きました。 みんなで何を見ているのでしょうね。

私はみんなが出かけている間に、夕飯の支度ですが、みんなが好きなお寿司にしたので、料理は手抜きです。




               

ママがちょっと目を離したすきに、ブランコがぶつかって大泣きしたようですが・・・

その直後のレックス、なぜかいつもより凛々しく見えますね。 

お姉ちゃんたちが遊んでくれるので、ママの姿が見えなくても大丈夫のレックスでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レックスと散歩

2010-10-12 11:34:44 | 孫・レックス洋平

10/10 (日)

昨日から降っていた雨があがり、午後からレックスと二人で近くの公園に散歩に出かけました。



     

家から歩いて2分の所にある公園ですが、途中のいろんなものに興味があって、見るもの見るもの触ってカタカタするものを揺すってみるのが大好きです。




雨上がりだったので、マンホールのふたの上に残っていた水たまりを、ぴしゃぴしゃと靴で踏んでいます。
水が跳ねるのが面白いらしく、何回も繰り返して、すぐ近くの公園までたどり着きません。




 ようやくまた歩き始めたと思ったら、次のマンホールでまた足を止めて足踏みです。




 「レックンお手てつなごうか」と言っても、手を振りほどいて自分の行きたいところを目指します。

意志の強さと力の強さは、これが15ヵ月のベビーかと思わせるほどです。






公園の前にある自治会館の駐車場の、埋め込みのポールのつまみを見つけました。
6本あるポールのつまみを、1個づつ全部確認していくレックス。



                

道路に出る時は、車が来ないかな~って 左右を確認してね。




               
               

ようやく公園にたどり着きました。

中学生ぐらいのお兄ちゃん達がキャッチボールをしていたね。その中に入っていきたいレックス、近寄っていき危ないよ。

大きなボールを見つけたレックス、ちょっと貸してね。





                

公園からの帰りがまた大変。 例のマンホールでまたぴしゃぴしゃ水が気になります。

それが面白くて、もう50m位で家に着くのに、ここで道草です。




                 

お家に帰ってきたら、グランパが何か働いています。 「何しているの?グランパ」

「畑から採ってきた菜っ葉を洗っているんだよ」




「僕も手伝いたいな、面白そうだね」 

「大きくなったら手伝ってね、レックス約束だよ!」


(カメラの色合いの設定が知らぬ間に変わっていて、ブルーが強くて見苦しいですが、お許しください) 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲート作りました

2010-10-09 23:39:22 | 孫・レックス洋平
レックスがすくっと立って歩き回るようになったら、かなりの高さの所に手が届くようになっていました。

我が家にはレックスにとって、危険なものが沢山あります。


LAから帰って来ると、グランパ手作りのゲートが2ヵ所出来ていました。



このゲートは2階の階段の上に設置していました。

寝室から一人で起きてきても、階段を下りて行けないようにガードしています。



ゲートは15cm位上に持ち上げないと、開きません。 開けるとこんな感じです。

 



リビングルームもすっかり片付いていました。出窓の部分と手前のフローリングの部分に、植物が沢山置いてあったのですが、レックスの手が届いてしまうので、隣の和室と2階のバルコニーに植物は大移動していました。

その代わりにレックスのおもちゃが~ レックスの遊び場になっています。



「レックン! おはよう!」 たっぷり寝て目覚めた朝は、機嫌のよい笑顔を見せてくれます。




ダイニングルームとキッチンの間に2ヵ所目のゲートがあり、 レックスがキッチンに入ってこれないようにしています。

キッチンにも危険なものが沢山あるから仕方ないわね。 「残念でした、レックンには開けられないでしょ?」

大人も結構このゲートが面倒なのよ、レックスが寝ていたり、他の遊びに夢中になっていると、ゲートを開けたままになっていて閉めるのを忘れたりしています。

 



積み木でグランパと楽しそうに遊んでいますね。



レックスは壊し屋さんです。 積み木を崩すことが大好きです。



「グランパ、もっと積み木作ってよ。 僕壊すの得意だよ」 

レックスがさいたまのママの実家に来てから、1週間になります。 ママの姿が見えなくても、機嫌よく遊んでいられる時間が、少しづつ長くなってきています。

日々が成長の連続だね。 この笑顔を向けられると、たまりません。

でも機嫌のよい時ばかりではありません。お腹がすいたり、眠かったりすると、ぐずぐずしてママの姿を探して大泣きします。子育ては本当に大変だけれど、可愛いから頑張れるのよね。


5年後のレックスはどんなかな? 10年後は? 20年後は? と考えると楽しいですね。

でも待てよ、自分の歳を考えると愕然としてしまいます。 それは考えないようにしましょうか・・・







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レックス日本へ

2010-10-06 22:24:17 | 旅行

日本へ帰って来たとたんに、私の日常生活が始まり、主婦としてはあれやこれや忙しく・・・なかなかブログをアップしている時間もなく・・・


10/2 (土)

パパと一緒のディナーは当分ないので、娘が自慢の料理「ラムチョップ」を作りました。



全員好きなラム肉を買って来ました。(日本のスーパーでは、骨つきのラム肉見たことないですけれど、あるのかしら?)

8本骨が付いているので、2本づつ食べられるように、2本骨だけを除きます。

6本になったところで、骨と骨の間をカットします。こうすると一人2本づつ食べられますね。

レックンの分はありません。(レックスは別メニュウです)

かなり強めの塩をして、フライパンで焦げ目をつけます。それからオーブンで中までじっくり火を通します。



香辛料はピスタチオ、オリーブの実、ケイパーを刻みます。オリーブの実の塩味がちょうど良い加減 (手が込んでいるわね)

香辛料をたっぷりぬって、付け合わせの野菜と盛りつけます。ラムチョップが完成です。






前菜はメキシコ料理の「ワカモレ」です。

材料はアボガドに玉ねぎ、自家栽培のハラペーニョ(青唐辛子)、トマト、ライム、パクチー、塩で味付けをします。


ワインで乾杯! ワカモレはコーンチップスに乗せて戴きます。 どちらもワインがぴったり合う料理で美味しく戴きました。

娘は専業主婦になってから、料理の腕をあげたようで、私も安心しましたよ。

明日からポールは、一人で何を食べるのか心配してしまいます。 ビールの飲み過ぎに注意してね。




10/3 (日)

いよいよ、娘と孫のレックスと一緒に日本へ帰国する日になりました。

ママは前日からレックスとの2人分の荷づくりで大変です。

レックスは余裕。 早くもボタンを押すと、トーマスが動き出すことが分かり、オートマティックで乗れるようになりご機嫌です。

当分の間トーマスともお別れね。 

実はレックスは9/30(木)、10/1(金)の夕方から熱が出ていたので、ちょっと心配していたのです。背中をよく見ると湿疹が出来ていたので、1歳前後のベビーがかかる突発性発疹だね~  でもこの2日間だけでおさまり、出発前日はすっかり元気で、熱も出なかったのでホットひと安心しました。

母乳を飲んでいるせいか、今まで熱を一度も出したことがなく、今回初めての発熱でしかも旅行前だったけど、レックスは元気者です。



                  

飛行機の中でも、パソコンを持ち込んでDVDで英語の勉強です。

11時間は長く狭い空間の中で、レックスは退屈で機内を時々ママと一周してきます。じっとしてと言われても、まだ15カ月の身にはつらいよね。

大人でも11時間は辛いけれど、帰りは3人で話し相手がいるので、往きの一人で過ごす9時間よりは、つらくなかったわ。



10/4 (月)

成田空港では、グランパが首を長~くして待っていました。

最初はキョトンとしていましたが、すぐにグランパを思い出したようで、ママが携帯電話を借りる手続きをしている間中、ずっとグランパがレックスを追い回していました。

「グランパ、誘拐と間違われないようにね」と言われても、グランパは嬉しそうでしたよ。



10/5 (火)

家から2・3分の所に、公園があります。レックスが遊びに行くにはちょうど良い距離です。


                  

公園の中央は、ちょっとしたスポーツやゲームが出来るように砂地になっています。よくお年寄りが、マレットゴルフなどしています。



                  

砂地にレックスが珍しいのか、砂でお絵かきですか? 転んでも痛くないよね。レックン何か見つけたの?



                  

レックスは落葉を見つけたようです。



                  

「レックン、お家に帰ろうか」のママの声にも、落葉をつかんだままですね。



                  

家に戻ったレックスは、お昼寝タイムです。

お昼寝は2階のベットではなく、起きた時にすぐ分かるように1階の和室にしています。

まださいたまの家には、馴染めていないのか、ママの姿をいつも気にして遊んでいます。ふと気がついた時にママの姿がないと大騒ぎです。

去年の9月から今年の3月まで、半年も暮らしていたのに、すっかり忘れてしまっています。

そりゃあそうだよね。まだ小さいのだから仕方がないわね。ちょっとづつ、少しづつ楽しいこといっぱいして、レックスの記憶に残るように、これから一月一緒に頑張ろうね!



 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パロス・バルデス訪問

2010-10-02 20:49:46 | 旅行

10/1 (金)

娘と孫のレックスが5週間日本に行く前に、ポールのご両親を訪問することにしています。

金曜日ですが、ポールがちょうど仕事でパロスバルデスに行くというのに便乗して、私達も一緒に行くことになりました。

ポールを仕事先で降ろして、私達はご両親の家を訪問しました。

 

天気もよし、ガーデンにオモチャを広げてレックスを中心に歓談です。

 

海沿いのコンドミニアムが売り出し中という事なので、見に行ってみました。

海は青く、ブーゲンビリアも沢山咲いていて見事でした。

 

ここパロスバルデス(PV)はまだ真夏です。動く影が気になって、レックスは下を向いています。

 

左の白い建物が売り出し中のコンドミニアムです。 一階の左端の部屋が売り出し中でした。

今住んでいるアパートと同じ位の広さがあり、2ベットルームで4760万円位ですって。決して手が届かない価格ではないけれど、ポールの通勤を考えると無理ですね。

でもお部屋からのオーシャンビュウは魅力的ですね。

カリフォルニアは住宅はまだまだ安くなっていないけれど、地方は3千万円も出すと、プール付きのかなりの豪邸が買えるようです。

 

ポールのパパの案内で、PVにあるホテルによって見ました。

娘の友達もこのホテルで結婚式を上げたので、来たことがあるとのことでした。

 

 

ホテルのロビーからの眺めです。

 

何だかハワイの海を思わせますね。まだプールで泳いだり、プールサイドで日光浴などをしていました。

 

       

PVでは有名なガラスの教会です。小さな教会ですが、高台にあるので眺めが抜群です。タレントの吉田栄作もここで結婚式を挙げたところです。

今回は残念ながら、お葬式をしていましたので、関係者以外立ち入り禁止で、中を見学が出来ませんでした。 残念です。

 

 

ガラスの教会からの眺めです。

ここからポールの仕事先に3:20の約束で迎えに行き、またご両親の家に戻りました。

 

まだ夕方4時ごろですが、早くもディナーが始まります。

チーズや小さなキッシュを摘みながら、ワインで乾杯です。 「美味しいキッシュね」と言ったら、娘が小さな声で「冷凍物よ」と囁きました。

冷凍でも美味しければ、いいじゃないですか。人が沢山集まるときは便利ですね。

 

私が昨年、日本に来られた時に、プレゼントした鎌倉彫のお盆を、今回は使っていてくれました。本当に気に入ってくれたようで、嬉しいですね。

 

 

ディナーも気持ちが良いので、ガーデンで戴くことにしました。 この日のメインディッシュはサーモンのグリルしたものでした。やわらかく美味しくサーモンを沢山いただきました。

 

その後で、腹ごなしに芝生の上で親子のスキンシップです。 乱暴にされてレックスは大喜びでした。

 

 

そのあとでレックスのキス攻撃です。「マミー好きよ、大好きよ」

 

ポールが仕事着のスーツから、いつの間にかTシャツと短パンになっていて驚いたけれど、ポールのパパに借りたそうです。

 

ひとしきり遊んだ後、デザートです。甘~いアメリカのケーキです。 

日本の美味しいケーキに慣れている娘と私は、無言で戴きました。
コーヒーは薫り高くとっても美味しく戴きました。ご馳走様でした。

レックスとは5週間位会えないので、ご両親は寂しそうでした。

 

黄昏てきたので家路に着きましたが、サンセットが美しくサンタモニカ方面、LAの市街地が見える丘で、親子で写してもらいました。

ポールはここで育ったのですから、写真を写すのに最適な場所を良く知っています。

確かPM7時頃だったと思います。ここから住まいのパサデナまで約1時間ぐらいかかりました。夕方なのでLAダウンタウン付近が、とっても混んでいました。

 

明日、早くも帰国の日を迎えます。1週間はあっという間に過ぎていきました。

ポール!、娘とレックスが日本で寂しいでしょうが、頑張ってね。
ビールだけでなく食事もちゃんとして下さいよ。

では~次回は日本からね~

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩

2010-10-02 00:12:44 | 旅行

9/30 (木)

午前中、天気もよし久しぶりに近所に散歩に出かけてみました。

 

 

午前中といっても11時を過ぎると、日差しがぎらぎらとっても暑いです。

レックスは大喜びで歩く気満々!

 

ほんの20m位歩いたところで、レックスが転んだのをいい機会に、「ねえ暑くない?」「散歩には暑すぎるね」と娘と私、大人の方が早くも挫折。

 

アパートの中庭で遊ばせようかと、すぐに戻ります。左の白い建物がアパートです。

 

アパートの玄関で一枚パチリ、いつも駐車場の出入り口から出入りしているので、ここはめったに使いません。

 

 

玄関の中を入るとすぐに階段があります。ちょっと目を放した隙に、一人で階段に挑むが、レックスには無理というものです。

 

ママの抱っこで階段は上がろうね。すぐ廊下を左に曲がると中庭に出られます。 

 

広い中庭は、前のアパートの大きな木で木陰があり、涼しく遊べます。しかも外からの進入も出来ないので安心です。 

レックスは大きな鉢の中の土の感触が好きなようです。

 

   

木の葉や枯れ木など気になるものを見つけては歩き回ります。炎天下と木陰では5℃位涼しいように思えます。

 

この大きな枝が気に入って、しばらく持ち歩いていました。それにしてもよく動き回るね、ママも付きっ切りで大変です。 

 

そろそろ引き上げようかと思っていた時に、上から声がかかりました。

パパです。 午後から車を使って仕事に出かけるので、戻ってきたところでした。

左の大きな木に、いつもリスが3匹位いて遊んでいます。風もないのに枝が揺れていると、必ずそこにリスがいます。部屋の中からでもリスが見られるなんて、日本ではよほどの田舎に行かないと、見られないですね。

 

ランチにはレックスも食べられるように、小さいサイズ(ファンファーレ)のパスタ料理にしました。

冷蔵庫にある野菜を使って、簡単に作りましたが、好評でした。

材料はハム、トマト、ズッキーニ、玉ねぎ、ニンニク、バルコニーで育てている生バジルをたっぷりです。 日本から持ってきたバジルソースも使っていますが、レックスは大人と同じように食べています。

フォークを左手に持っていますが、今のところ基本は手づかみです。

 

 

ついでに夕食も紹介しますね。今日は私のリクエストでタイのグリーンカレーにしました。サラダは私の担当で、グリーンカレーに合う、「ヤムウンセン」にしました。

えびと春雨のサラダを「ヤムウンセン」といいます。ネットで調べると作り方は載っています。

材料の基本は

えびと春雨、豚のひき肉、トマトがあればあとは冷蔵庫の野菜と相談して、ねぎ、アスパラ、セロリなどを入れました。そうそうバルコニーのパクチーも入れましたね。

調味料にはナンプラーは必要です。ナンプラー、醤油、レモン、砂糖です。

 

 

グリーンカレーはいつも娘が担当です。

グリーンペーストとナンプラーとココナッツミルクがあれば美味しいグリーンカレーが出来ます。

日本ではグリーンペーストが中々見つかりませんね。私はこちらでいつも買って帰ります。 

材料は

筍の水煮、なす、玉ねぎ、ピーマン、鶏肉位でしょうか。 

 

滞在が長いときは、お気に入りのタイ料理のレストランに行くのですが、今回は行く暇がないので、自宅で作りました。

キッチンは広いし、娘と一品づつ担当を決めて作ったので、とても楽に美味しいタイ料理が出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加