みなみの徒然日記

日々の出来事・趣味など。気紛れブログです。

豊かになる

2017-04-21 02:52:18 | 日記
春、出会いがあり
毎週末会っている
言葉を額面通り受け取って
無邪気に喜べたらいいのに
どこかで
去って行くのではないかと
裏なんか多分ないのに
知らなすぎるから
会わない平日にフリーズ

ちゃんと誠実に接してくれるはずなんだ
仕事も尊重してくれる
ハッキリ言ってゆるいから
仕事中にラインしまくることもできる
事実おばちゃんはしまくっとる
みっともないと思う

でも真面目だから
彼は必ず
仕事の終わる時間に合わせて連絡をくれる
だからストレスがない

見えない気遣いをしてくれる
何もかも上手で
沢山友達もいて
私でなければいけない理由がないから
不安が首をもたげる

ただ
私の日々の生活は随分楽になった
どうにもならんオッサンが
欲にまみれたおばあちゃんに
ケツ追っかけ回されるのを
苛々見てるだけの毎日
気色悪すぎて馬鹿馬鹿しい毎日。

今までとても苦しかった

大事な人はできたけど
嫉妬以前に
おばあちゃんの行動が
ただただストレスだった

彼と話したときに
お互い年だし、
結婚式を派手にやらなくてもいいんじゃないかって
そんなもんなのかぁって
親族だけで、二次会に友人とかかなあ

ふうん、って思ったけれど
確かに同僚は呼べないや
不倫の疑いがあるおばあちゃんになんて
とてもじゃないけど出席してほしくない。
不吉すぎるからお祝いされたくない。
本当に関わりたくないや。

気にする頻度は減った
見たら必ずにじり寄っているから
やっぱり凄く気味が悪い
なんで旦那さんじゃダメなんだろう
理解ができないししたくもない。
邪さんだもんね。

彼の話を少ししたとき
何だか険しい顔なさっていた
ああそうか
おばあちゃんは本当にマウンティングしたかったんだな
良かったねなんて言う気ないんだな
悟ってしまった

お疲れさまのラインはね
仕事が終わったあとに
相手を思って送るものなのよ
それは彼に教わった

決して仕事中に
不倫相手の着席に合わせて送るものなんかじゃない
決してね。
みっともないったらない
なにが仕事よ嘘つきが。

裏切られると
人を信じるのが怖くなる
一番の味方だなんて
もう二度と信じません。

会わない時間は当然あって
心の揺れない相手と何となく付き合っていたとき
相手がどうかなんて気にしたこともなかった
自分より慣れた人と付き合うことがなかったから。

さらっと何かをプレゼントしたり
スマートにリードをしたり
するけれども仰々しいことせずに
付いてくるのを疑わない自信だとか
心地好い手の握り方だとか。

口説き慣れているのだなと思った
信じていいのか迷った
先に好きだと言ったのは私で
これは愛情なのか下心なのか
触れれば触れるほど
多分分からなくなっていく

ただひとつ言えるのは
彼は私を楽にしてくれた人だ
どうしようもないオッサンのことを
見ないで済むようになった

自意識過剰で
真面目で我流で時間に正確で
とても几帳面できちんとした人
だのにだらしない
凄くだらしない人。

そうね見てくれは美しいね
性格だって本当は温かい
バカな独り言ばかり
仕方ないじゃない疑うのは
一緒に消えたら当然疑う
明日も事務所なんか居着かないわ
1日中おばあちゃんとラインでもしてなさいな

もううんざりです

帰り道CDを聴く
思わず借りてしまった星野源を引っ張り出して
ミッシェルガンエレファントのチキン・ゾンビーズ

あたしゃ洒落てなくてもいいわ
キャンディ・ハウスが流れてる
トゲトゲとした心の襞を
さらに鋭利に削りながら
ごめん私やっぱり
会いたいょ寂しいょとか
一生あなたに送らないわと思いながら
今日は疲れたからまた明日とやりとり

休日に
一緒に買い物に付き合う同僚
何軒も何軒もハシゴして
それってねえ女の子なの?

見も蓋もない質問はしないでいる

そんなわけないよと笑っても
面倒くささは拭えないでしょ
興味をなくすまでは付き合おうか
そう思いぼんやりとする春の宵

週末吐く言葉はシンプル
休日ちゃんと休めた?
なら良かったと微笑む
テンプレートだから崩さずに。
女の子と会ったかどうかなんて
知ったこっちゃない
耐えられなくなれば旅にでも出るから
長い指絡ませて誘ってはくれないか

思い出したのです

なぜ彼を好きと感じたのかを。

うんと若い娘や
10こ近く年上はさすがに嫌だと
非常にノーマルな守備範囲だったからよ
とちくるって
変なオババにふらついたりしないなら
女になら誰にでも
甘い言葉吐いたり持ち上げたり
調子いいこと言わないなら
私今度は傷付かないかも

そう思った

44まではいけるよと
44に口説かれている最中に
不倫のOKサイン出すような
だらしない男じゃないなら
もう何でもいいかもと思った

そしたら
物凄く度量が広くて
男らしくて少しワガママで

何でもじゃなくて

この人がいいなと思った
好きだなと
好きと気付けば伝えていた

週末を下さい
会いたいと願うなら
私の男になってよ

まだ1ヶ月も経ってないのに
浮かれすぎやろ私

セックスしたら捨てられるのかしら
わからんな
そんな、
私みたいなことしないのかな

幸せって何ざんしょ

とりあえずあと1日働こう。

ばいばい






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あけすけな女 | トップ | やみくもだった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。