みなみの徒然日記

日々の出来事・趣味など。気紛れブログです。

理不尽なのは分かっているけど

2016-10-15 08:42:31 | モヤモヤ
日常に戻れば
またおんなじである
しかし今週は多忙だった
イレギュラーばかりだ
でも過渡期だから今だけ。

私を出し抜いてご機嫌なおばちゃんが
凄い嫌だから
それに付随して
おばちゃんに簡単にかしづくオッサンに
苛々して仕方ないんです

だってほら
仕事だからて職場で喋れば
喋れば喋れば悔しくて
2日後には逢い引きするわけでしょう
ダンナァー出張デェーとか何とか
翌日カムフラの如く旦那の話題を出しまくるわけでしょう

その心根の醜さにヘドが出るし
ヘラヘラしてついてくオッサンの存在意義も疑う
なんのために存在してますか
キモい空気撒き散らすためですか
もう消えろやマジで

普通じゃない。

オッサンと話しただけで
ニヤニヤし始めて
手下の経理くんとクチャクチャ
なんか顔がニヤついてるよー?
えー?んー?ウフフゥー

いや45
きしょいよー!!!


またその気になって
掃除の時間なんかもう一時間前なのに
オッサン目あてで
またフキフキチラチラうっふん
オエー無理ー!!!

いやもうこれ不倫ちゃうん
ここまで興奮するの
外でいたしてるからちゃうん


また営業さんたちにミスの後始末させるとか
ねーわ
もうあとちょっとなんよ
私の有給の日が一番の目玉
皆に伝えとく
刮目せよ、ってね。

見てたら絶対分かると思いますよ
って伝えておいたわ
来週第二段
言えなかったことも全部言う
オッサンにもひるまん

おばちゃんはひたすらに気持ちが悪いので
出来れば一緒に働きたくない
いや誤解とかそういうレベルちゃうわ
オッサンの方へ毎日毎時間吸い寄せられていく
金曜日
真っ直ぐオッサンに向かったでしょう
完全に狙ってますけど。

ヘラヘラ挨拶なんかして会話始める
それもうね
僕キミのこと受け入れてます
ってことですよね
どんなにセクハラされても不愉快じゃないんでしょ
じゃあ黒よ。

忘れてしまうよ

忘れてしまえよ

思い出すなよ

連休明けて始まりの挨拶に
少し気合いが入っていたことなんか。
連休明けの忙しさを
少し心地よく思ったことなんか。
忙しさでかかるエンジンが
思いの外高性能だとか
困った時に話し掛けるのは
仕事をしている私の方だとか。

そんなん
不倫の前ではママゴト遊びだのに
真面目にやったところで
なあんにもないのにね

忘れてしまえよもう。

困った顔がさ
もうね
えっ、そんな困る?
何年やってんの
と思ってしまって
くそじじい、顔だけは可愛い

手を貸す私の余裕のなさ。
不倫するようなクソ野郎でも
あなたが困るのは物理的に放っておけない
バカだよバカ
私ほんもののバカよ

一瞬で察して電話なんかして
私もうバカよなピエロよな
翌日あいつら逢い引きしたのにさ

私のこと憎いやろね
あなたの邪魔者ね
悲しくて泣きそうな日々だわね
あなた笑ってくれないかな
もうちょっとだけ優しくいてくれないかな
私仕事してるんだけどな

悲しいな
タバコ
また吸おうかなあ

変なの。
変なの!変なの!変なの!
って思ったのよ

おばちゃんの話題振ったらどんな顔するのか
そんなん見るに決まっとる
しどろもどろで逃げてきた
私に嘘をつかないで

なのに私は
どこまでもスマートにあなたを逃がしてしまいます
少ない言葉で逃がす方法
一瞬で反応するとか
なんて可愛げのない。

嫌味を言ってやれ
へこましてやれ

出来なかった

私には
フェアじゃないことは出来ない
そういう風に
神様に作られたらしい。

逢い引きじゃなかったのかな
私のこれは誤解なの?
だってもう
おばちゃんの欲っする勢いが
シャレにならなすぎて
あなたを見たら絶対おばちゃんがセットで登場するからさあ
誤解とかそういうレベルではないよ

なんかもうペアだよ

そうか
疑われたくないのね
本当に潔白なら
可哀想なことをしたね
でもお話ししてたから
爽やかな朝台無しにしたから
可哀想じゃないよオッサン
あんたのせいだから仕方ないよ。

私は仕事しに会社に来てるのよ
だからあなたと向き合える
困ったらすぐ力にもなれる
時々それはとても虚しい
話を聞いてくれないか
私だってたまに疲れるんだよ

おクビにも話題にもされず
ケッ、てやられるよりかは
キ○ガイ認定された方がまし
極端で歪んでる
少なくともあなたは意識する
バカじゃないかと思うけど
そうね
ジム通いして変わろう
歪んだまんまじゃ悲しいわ

見下してやろーと思った
挨拶するのも白々しいから
睨んでやろーと

あーあ
虚勢を最大限張りながら
なのに目を合わせて
私が挨拶しないものだから
出しかけた言葉をモグモグっと食べて

男の人の見栄と虚勢
この人どこまで分かりやすいの
おばちゃんのモノでなければ
間違いなく大好きなのにね

次に顔上げたら
絶望してた
なんかこの世の終わりみたいな
心底疲れた顔しよる
そら反則やろ
そら言うわお疲れさまですって
言わなきゃ鬼だわ

クソが

それから
朝から進めてたことを
現場のおじさんに伝達
経験上一番伝わる場所
一番伝わる姿勢
あれがベスト
立ち話では全く効果ない。

おばちゃん頼むから立ち入るな
これは私の仕事の領域であって
君のオトコをどうこうするという次元ではない
きっと見てたろうな
その行為が薄汚いってんだよ色ボケばばあが。

牽制しに来てん
あいつ用事なんかないのに
まんまとウロついて
何なんよ
あれマジでライン送って
コソコソ逢い引きする準備なんじゃないの

たまたま隣に座っていて
だからって牽制するかね
キ○ガイとか言われてもいいわもう
色キ○ガイよりマシだわ

一つ分かったことがある

あの人は
常に格好つけていたいのね
格好つかないダサい自分を
許せないから私を罵るのよ
もう怖くないよあなたなんか。

えっ
どんだけ格好つけるん
まだ格好つけるん
まだ格好がつくと思うん?
えっ
うん
無理
オバハンと消えたあたりから無理。

気になるくせに
耳は澄ますのに
身体もどんどん開いてくのに
どんだけよもう
あの人は嫌われない人
羨ましくなった
まあでもダサいけどね

ウフフゥにはもう振り向かないで
おばちゃんの口から仕事の話題は出ません
無意味です

オッサン
あなた今ギリギリの所にいるんですよ
皆気付かないフリしてますけども
そうじゃありません
レッテル貼られたら一貫の終わりです
瀬戸際ですよ

私は脅かされませんよ
だって間違いなく仕事してますもん
おばちゃんはしてません
あんなポーズはもうバレとる
というか意外や意外
ボスが何かをチェックなさってます

逢い引き場所バレてるんじゃないですかね

うん
そろそろ人減っちゃうかもね

あー苛々したー

絶対来週こそは言わなきゃなあ
もう先制攻撃的に行くかな

ばい





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊島編④ | トップ | 土曜日に生まれ変わる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。