我が家の天使と悪魔

愛犬、アクアの成長日記

菊地病@娘

2017-07-11 | 病気
首周りのリンパが強い痛みを伴いながら肥大し増加

見た目じゃわからないけど、首、両耳下、首と肩の境目、脇の下

1こが2こ3こ、4こ......日を追うごとにどんどん増える

痛がって触らせてくれなかったけど結局何個あったんでしょ?

初診した怠慢Dr片倉のS耳鼻科では様子見ばかりで患者を見下し

内科のホームDrもお手上げ状態、市民病院「感染症内科」へ紹介状を書いてもらって受診

ありとあらゆる検査、中には苦しくて大泣きした検査もあったとか

2才の頃「頸部リンパ節炎」で同病院に入院した経緯あり

祖父も悪性リンパ種で同病院にてお世話になり他界

そんなこんなで、病名をハッキリさせましょう、と(要は悪性か良性かだよね)

先々週(6/30)生検手術を行った

局部麻酔だから痛み以外の全ての感覚、Dr達の会話

麻酔が切れそうになって追加したり、恐怖でわめき散らしたそうな

そうとは知らず・・・・

同時刻、呑気に私は1人映画「昼顔」なんぞを楽しんでいたんですから

とんでもない親です


抜糸&結果が昨日出た

症状が父を襲った悪性リンパ腫と似てたから

もしや、と不安でたまらなかったょ

本人はガンは痛みがないんだよってあっけらかんとしてるし

付き添いも不要って自転車で病院へ

菊地病の診断下る

別名「組織球性壊死リンパ節炎」

1972年に菊地Drが発見した比較的新しく症例も少ないレアな病気で

主に20代~30代の女性に発症しやすい傾向があるとか

疲れがたまった免疫力の低下した身体にウィルスが侵入して引き起こされる説。が有力みたいだけど

未だ詳しい原因が分からないんだって

だから明確な治療法もないんだと(-_-;)

やっかいな病気だょ

長期治療開始、完治まで9ヶ月

悪性だったら父と同じ病気だったんだよね

治るんだから治療が長くても我慢、我慢 
















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちびモン仲間入り@プール | トップ | あくあとちびモン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL