gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-06-14 14:19:57 | 日記

全米ライフル協会
Question book-4.svg
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年3月)
全米ライフル協会
National Rifle Association of America NRA Virginia HQ.jpg
バージニア州にあるNRA本部
略称 NRA
標語 Guns don't kill people, people kill people.
(銃が人を殺すのではない、人が人を殺すのだ)
設立年 1871年11月17日
設立者 ウィリアム・C・チャーチ
ジョージ・W・ウィンゲート
目的 銃規制に反対する銃愛好者によって設立された圧力団体
本部 アメリカ合衆国の旗・バージニア州フェアファックス
11250 Waples Mill Road, Fairfax, VA 22030
座標 北緯38度51分47秒 西経77度20分7.8秒座標: 北緯38度51分47秒 西経77度20分7.8秒
メンバー 400万人
公用語 アメリカ英語
ウェブサイト https://home.nra.org/

全米ライフル協会(ぜんべいライフルきょうかい、英語: National Rifle Association of America、略称:NRA)は、アメリカ合衆国の銃愛好家による市民団体で、事実上の圧力団体である。

目次

1 データ
2 概要
2.1 銃規制反対
2.2 全米有数のロビー団体
3 著名な会員
4 脚注
5 関連項目
6 外部リンク

データ

設立:1871年
会長:David Keene
会員:約400万人
スローガン:「Guns don't kill people, people kill people.(銃が人を殺すのではない、人が人を殺すのだ)」

概要
銃規制反対

1871年に「アーミー・アンド・ネービー・ジャーナル」(現在の「アームド・フォーセス・ジャーナル」)編集者のウィリアム・コナント・チャーチと、北軍の将軍ジョージ・ウッド・ウィンゲートを中心に、南北戦争に勝った北部出身者、銃販売業者や銃愛好家などにより設立される。アメリカ合衆国憲法修正条項第2条に定められた「武器を所持して携帯する権利」を根拠に、銃規制に反対している。

但しこの条文は州兵の活動の為に定められたものであり(前段「よく規律された民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから」より)、NRAが主張する「国民の無制限な武装権」を認めたものではない、と批判する学説もある。

なお、連邦最高裁判所は2008年7月、同条項を「個人の武装権を認めたもの」とする判決を示した。
全米有数のロビー団体

結成当時、コルト・ファイヤーアームズや軍・司法機関・連邦政府と結託して準公的機関と装って銃器を普及させた事に協会活動は始まる。

スミス&ウェッソンやレミントン・アームズなどの政府や軍と取引の多い銃、武器メーカーからの潤沢な援助を受けている他、政府への献金も行っており、共和党の保守層を中心に有力な政治家の会員も多く、間接的ではあるが政治的な発言力は強い。これらのことにより、歴代のアメリカ合衆国大統領の多くが会員や名誉会員になっている。また、その会員数の多さからも有力なロビー団体の一つともなっている。

1981年3月に、ワシントンD.C.で起きたロナルド・レーガン大統領暗殺未遂事件の際に重傷を負った大統領報道官・ジェイムズ・ブレイディの名前を取って名づけられた銃規制法案「ブレイディ法」は5年間の時限立法だったことにより、期限の切れる1998年に、5日間の待機期間を1日以内の即時許可に修正して、それをブレイディ法対象外だったライフルと散弾銃にも適用してブレイディ法を延長させた。2004年には1994年に10年間の時限立法で制定した攻撃用銃器規制法の延長を阻止することに成功している。

政治上の利点のためならば銃規制に妥協する場合もあるため、米国銃所有者協会(GOA)など銃規制に一切妥協しない陣営からは「NRAは全米最強の銃規制団体」と批判されている。

なお、白人至上主義団体で有名な秘密結社(テロリストに指定されている)クー・クラックス・クラン(KKK)とNRAはまったく無関係な組織であるにもかかわらず、一部マスコミでは2つの団体が関係があるように報道しているケースがみられる(後述ボウリング・フォー・コロンバインのアニメパートでの描写など。全く関係ないと言っているが、皮肉を込めてである)。

全米ライフル協会は、豊富な資金を武器に、アメリカ議会に強い影響力を有する。バラク・オバマ大統領は銃規制推進に熱心であるが、2015年6月19日のインタビューで「議会での全米ライフル協会の支配力は極めて強い」として、銃規制強化に悲観的な見方を示した[1]。
著名な会員

ユリシーズ・グラント(元合衆国大統領、元軍人、第8代会長)
ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ(元合衆国大統領、元軍人)
チャック・ノリス(俳優、作家、映画製作者、元軍人、NRA-ILA(立法処置のためのロビー活動部)現名誉会長[2])
チャールトン・ヘストン(俳優、元軍人、元会長)
ジョン・ミリアス(脚本家、映画監督)
サラ・ペイリン(元アラスカ州知事)
グレン・ベック(ラジオ・パーソナリティー、テレビ・アンカーマン)
テッド・ニュージェント(ハードロック・ミュージシャン)
マイケル・ムーア(映画監督。19歳の時、会員資格を返上。後にアメリカの銃社会を批判したドキュメンタリー映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』を監督)

脚注
[ヘルプ]

^ “議会は「ライフル協会が掌握」=銃規制強化に悲観的-米大統領”. 時事通信. (2015年6月21日) 2015年7月3日閲覧。
^ NRA Freedom Action Foundation Launches 2010 Trigger the Vote Effort -- Honorary Chairman Chuck Norris Stars in New Ad Campaign nraila.org

関連項目

ボウリング・フォー・コロンバイン
ロナルド・レーガン
銃社会
アメリカ合衆国の銃規制

外部リンク
ウィキメディア・コモンズには、全米ライフル協会に関連するカテゴリがあります。

NRA.org(公式サイト、英語)
NRA-ILA (National Rifle Association of America - Institute for Legislative Action)(公式サイト、英語)
NRA (@NRA) - Twitter
NRA News (@nranews) - Twitter
National Rifle Association - Facebook

執筆の途中です この項目は、アメリカ合衆国に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:北アメリカ/PJアメリカ合衆国)。
カテゴリ:

アメリカ合衆国の文化アメリカ合衆国の政治ロビー団体銃社会と規制バージニア州の組織フェアファックス郡 (バージニア州)1871年設立

案内メニュー

ログインしていません
トーク
投稿記録
アカウント作成
ログイン

ページ
ノート

閲覧
ソースを編集
履歴表示

検索

メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)

ヘルプ

ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ

印刷/書き出し

ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン

他のプロジェクト

コモンズ

ツール

リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用

他言語版

Deutsch
English
Español
Français
Italiano
한국어
Português
Русский
中文

リンクを編集

最終更新 2017年5月4日 (木) 08:16 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。

プライバシー・ポリシー
ウィキペディアについて
免責事項
開発者
Cookieに関する声明
モバイルビュー

Wikimedia Foundation
Powered by MediaWiki

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。