さんろく便り

八ヶ岳さんろくの小さな畑から、日々の暮らしと畑の様子をお届けします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

手づくりと大掃除の年の瀬

2016-12-31 20:41:34 | くらしの話
早いもので、今年最後の投稿となりました。

年内最後の大仕事は、大掃除と寒さ対策!
先日とうとう、念願の暖房設備が入りました。



ドラム缶ロケットストーブ(室内暖房用)
なんとなんと、手づくりです。
そしてそして、メガネ石まで手作りです。
手づくりだけあって、手づくり感満載。
愛すべき第1号となったわけです。

室内用のロケットストーブであれば、
もっと室内の煙突を長くして、
煙突の熱で室内の空気を広く温めるべき!という
専門家の方からのツッコミが入りそうですが、
まぁ、追々。
兎にも角にも古民家の隙間風対策が優先です。
プチプチと隙間テープと
古布団から引っ張りだしてきた綿で応戦。
まだまだ完璧にはほど遠いのですが、
寒すぎてグダグダだった去年と比べたら大進歩。

さて、師走に入ってから何故か手しごと熱がメラメラと。
あれもこれもと妄想しては、
手が追い付かずに宿題ばかり溜まっている状態です。

ライフワークでもある針しごとは勿論、
寒くなると無償に手をつけたくなる編み物。
野沢漬け、キムチ、たくあんなどの漬物作りに、



あけびのツルで編むランプシェードや籠。



イチョウの葉でたくさんの防虫剤も作りました。



でも、だいたいの事が半人前。
せっせとキレイなものを集めたイチョウの葉も、
干してしばらく置いておいたらシミが出るものが沢山。
きっと、集めるタイミングも干す時間もコツがあるのだと気づきます。
毎年毎年、少しずつ進歩していけたらいいな。

目に映るものがすべて材料に見える不思議。
何か欲しい、必要だ、と思う度に、
いや、それ作れるんじゃない?と考える癖がついている始末。
百姓になりたい(なんでもできる人の意味で)と公言したから?

そんな中で、これは当たり!と思ったのは、
自家製豆乳。(写真は黒豆豆乳)



豆感が売られている豆乳とは比べものになりません。
温めただけの豆乳がこんなに美味しいとは。
今となっては、なぜ大豆を作っていながら
豆乳を絞るということに考えが及ばなったのか疑問ですが…

今年の冬はコタツでゴロゴロしている暇はないようです。
この気合いが来年も継続することを祈ります。
皆さま、良いお年を。
今年もお付き合い頂きありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016秋、ダイジェスト | トップ | 暦に想いを馳せる。 »
最近の画像もっと見る

くらしの話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。