諸々雑記メモワール

諸事,気にとめたことなどを書きしるしたいと思います。

2021年の食料費に占める各費目のシェアーを予測する

2017-04-23 16:55:27 | 日記

次表は平成23年(2011)~28年(2016)の総務省『家計調査』(2人以上世帯)の食料費に占める割合の推移と平成28年の最高と最小の「都道府県県庁都市と政令都市」を示しものである。

 

 この表などを基に平成33年(2021)を予測してみると,次のことが言えよう。

・外食率は上昇するものの,節約志向等を背景に20%程度にとどまるのではないか。

・調理食品率は,共働きの増加や高齢化の進行等を背景に14%台に上昇するとみられる。

・野菜率は12%前後で推移するものとみられる。

・肉食率は健康に配慮して肉食を節制する動きもあり,伸びはあまり期待できず10%前後で推移するものとみられる。

・菓子率は,増加傾向を続け,9%台に乗るのではないか。

・魚介類は,漸減傾向をたどり,8%を維持できるかどうか。

・穀物(米,パン類,めん類)率は,米消費の減少で,8%を下回るとみられる。

・飲料率は5%後半に上昇するが,6%台には乗らないであろう。

・酒類率は,4%を下回るであろう。

・果物率は,ほとんど増加せず4.2%前後であろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 数字を覚えるコツ | トップ | 1782という数字は不思議な数字 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。