そらまめ~楽しみのかけら探し

生まれ育った松江に
多くの人が訪れるよう松江紹介
日々、手編みとガーデニングを楽しむ

春を待つ花壇~マツムシソウを植える

2016-10-29 09:04:44 | 庭の植物
来春に備えて、部分的に庭の植え替えをした。
紫色のもこもこモンスター(セローシア)は、ケイトウの仲間の多年草。
山陰の冬は越せないかも知れないが、このフワフワ感が良くて購入。
定番のパンジーとチューリップを植えこみ、チューリップの上に目印の棒を挿した。

クウシンサイを抜いた後には、パンジーとチューリップに加え、マツムシソウ(スカビオサ)。

大山の桝水高原で涼やかに風に揺れるマツムシソウをホームセンターで見つけた時は、びっくり。
大山に行かなくても、毎年我が家でマツムシソウの花を愛でる事が出来るかも知れません。
寒さに強い多年草ですが「夏の暑さに耐えられるか?」やや心配です。

初めて目にした「ポンザマーガレット」
8号~10号鉢に植えれば、やがて鉢いっぱいの大きな株になるそうです。
色々な色から、赤を選び「大きくなりますように」と祈る。

真冬は、軒下か室内に入れる必要があります。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カーネーションと秋の庭の花... | トップ | 10月末の松江城天守閣からの景色 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

庭の植物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。