そらまめ~楽しみのかけら探し

生まれ育った松江に
多くの人が訪れるよう松江紹介
日々、手編みとガーデニングを楽しむ

瀬戸内国際芸術祭~直島へ行く

2016-10-17 06:38:55 | 旅行
3年に一度開催される「瀬戸内国際芸術祭」に出かけてみた。
娘は10年ほど前に高松から直島に渡ったのですが、私達は初めて。
松江から車で3時間半、岡山宇野港からフェリーに乗って、直島に上陸。
港から、バスまたは自転車での移動となり、
夫が「自転車」を選択したものの、電動自転車は予約でいっぱい。
普通のママチャリで、島を回る。
港の近くに「直島パヴィリオン」。中に入って、寝転ぶ人もいた。

港から少し行くと、目の前に長く続く急こう配の坂道。
坂の上にある地中美術館をめざすが、
「もう、漕げない。バスの方が良かった」ぼやきつつ自転車を押して登る。
秋季は、10月8日から11月6日まで。
祝日せいか、入場者人数制限をしている地中美術館で、整理券を貰い、
一時間半の待ち時間を埋めるために、李禹煥美術館へ移動。
大きなセメントの壁を回り込んで、吸い込まれるように入っていく。

更に歩いて下って行くとベネッセハウスミュージアム。
気持ち良い晴天の瀬戸内海が見えます。無料バスに乗って地中美術館へ移動。

直島の中で一番心に心に残ったのが、地中美術館。
階段を下ると、迷路のような部屋に行きつく安藤忠雄さんの設計。
3つの作品を見るのにも人数制限があり、各々20分程待った。
「待つ」と言う行為が「感動」を呼ぶのかもしれないが、非日常の異空間に入って「感動」。

地中美術館からは、下りが多く、スイスイと自転車を飛ばす。
途中、池の中にに不思議な白い羽が、風でパタパタとたなびく。戸高千代子「彼方の気配」

坂を下り切り、本村「家プロジェクト」を見て回る。
杉本博司の設計改築した「護王神社」は、地下の石室が本殿となっている。

受付の人に頼むと、順番に懐中電灯を渡され、
ガラスの階段が、地下に繋がる石室の中に入って見ることが出来る。 

「直島バーガー」を食べ、一休み。宮浦港へ向けてやや登り、
大竹伸朗「はいしゃ」を見て、港近くの直島銭湯「I♥湯」。
「はいしゃ」の中には、右半分に1階から2階へ突き抜けた自由の女神。
「直島銭湯」は、実際に入浴出来ます。
 
港の岸壁に草間彌生「赤かぼちゃ」。黄色いかぼちゃも島内に設置されている。

何だかんだと言いながら多くの芸術作品に触れ、坂道にはやや疲れ、
フェリーで岡山に戻り、明日は、豊島へ。

この日予約をかけたので、明日は電動自転車に乗って移動します。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フジバカマが咲いたよ | トップ | 瀬戸内国際芸術祭~豊島へ行く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

旅行」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。