そらまめ~楽しみのかけら探し

生まれ育った松江に
多くの人が訪れるよう松江紹介
日々、手編みとガーデニングを楽しむ

夫の干し柿づくり

2016-11-02 13:51:38 | 松江散歩
夫は、4~5年前から干し柿づくりにはまっている。
晴れた日は、ベランダで風に当たらせ、
天気の悪い日は、部屋の除湿器で「ブーン」と乾かしています。
出来上がった20個の干し柿を埼玉の叔母に郵送して、
後の20個を家用に確保。

まず、柔らかい感じのをパンに載せて試食。非常に甘い。

「この秋、これだけあれば、充分」と思っていたが、

玄関に新たな柿が、転がっています。
夫の干し柿づくりは、まだまだ続きそうです。

埼玉の叔母と叔父、そして夫は同い年。
干し柿が皆大好き。そんな世代なのでしょう。
先週、松江から急きょ埼玉に飛び、叔父を介護している叔母の手伝いをしている母から、
「喪服を送って欲しい」と連絡があり、
叔父の命の灯が、どんどん小さくなっているようです。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月末の松江城天守閣からの景色 | トップ | 奥出雲2016新そばまつりへ出... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。