輝ちゃんつれづれに 

日常のほんの小さな変化を自分のことばで残したい。一つ二つの記事を、何を、どの順番で、どう掘り下げて。

春分の日 久しぶりに先祖を考える

2017年03月20日 23時24分45秒 | 日記

腰痛が

ストレッチしてこなかったつけ。

高尾山真福寺で25回目の春彼岸法要。

一度も欠かさず来た。

住職の言葉が年々聞き取りにくくなる。

あ互い歳を重ねるから仕方ない。

説教も以前に比べたら短くなった。嬉しいような寂しい気がするな。

先祖を思い出す機会はこのような時しかない。

昨日、城山三郎の「軍艦旗はためく丘に」を一気に読んだ。何も言うまい、書くまい。でも思い出に残っていることばは、「お山の杉の子」「お母さん」。

今、生きていられることを、産んでくれた親に感謝しなくては。

そんなことを真福寺のベンチで。掲示板にはつぎの四行が。

美しく咲く花

それを見ているあなた自身

花も見てますよ

そんなあなたを

コブシとモクレンの違いがやっとわかった。

 コブシ(八王子)  モクレン(東小金井)

それにしても今日は温かい。

昨日、ブログで春分の日を11年振り返ってみた。雨が1日もない。

2009年03月20日のブログには

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1114049653&owner_id=10355130 

いつ来ても思うことは、「なんでこんな山の上に買ったんだよ」という愚痴。

130段以上ある。山のてっぺんだよ。

  

昭和57年秋彼岸建立。

遠くの景色も本当に変わった。近くの景色は激変。なんでこんな田舎に住むの。

去年も書いたが京王線の中が冷房で寒い。

乗客ファーストじゃないね。俺って京王の株主?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寒さも彼岸まで | トップ | うたを巡って うたっていいな »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。