輝ちゃんつれづれに 

日常のほんの小さな変化を自分のことばで残したい。一つ二つの記事を、何を、どの順番で、どう掘り下げて。

連休も浮かない自分

2016年09月18日 23時39分20秒 | マツンのおもい

プロ野球よ 黒田世代を盛り上げろ

プロ野球の広島が25年ぶりにセ・リーグを制した。9勝を挙げ、チームの精神的支柱となった黒田博樹投手(41)の存在は、同じ年代の人たちへの熱いメッセージになったと思う。打者へ真っ向勝負の投球スタイルには勇気をもらう。

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12563360.html 

今年41歳、1975年(昭和50年)生まれか。俺の長男とほぼ同じ年代か。厄年かな。ということは、働き盛りの年代だ。日本を引っ張ってもらわないと。

http://nendai-ryuukou.com/1970/1975.html 

その年、広島カープ、セ・リーグ初優勝とある。流行語といえば、アンタあの娘のなんなのさ (流行歌「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」の中のせりふ)だという。

厄年は社会的な役割や生活環境が変わる頃にあたることから、役割を担う=「役年」から厄年になったと言われる説もある。

気持ちも落ち込むこの天気

世の中は三連休らしい。ちょっと秋らしくなってきたかな。(天文台通り)

でもその割には静かだな。自分が出歩かないせいかもしれない。学園祭が始まっているのかな?お祭りも。

自分なりの「おもいでノート」を作成している。義理を欠いている人、義理を欠いたことを中心に。最近特に思うようになったのは、この状態で終わってしまっていいものだろうかと。せめてもの償いとしてノートにだけは残してみようかと。認知症とまではいかないと思うが、人の名前が出てこない。ストーリー・物がたりを作り上げながら紐解いていく。結構思いだすものだ。全部とまではいかない。

資料をめくってみるといろんなものが目に飛び込んでくる。その度に作業が中断。小田実のことばを大切にしていた。

生きるということはかんたんでも、

生きつづけることは難しい

「継続は力なり」と同様に自分の大切なことばとして残している。

小田実は、「何でも見てやろう」という本を読んで好きになった。俺も外国に行きたい。行けなかった。親父に負けてしまった。当然延長上でベ平連にも参加した。そんなことを考えていた1日。

今日の定点。時々雨(9時ごろ)、気温22度、湿度79%。

   

今日は8(はち)がつく日。イトーヨーカドーが5%の割引デー。景気が悪いから普段はガラガラの階でも人が出ている。エレベータに乗るのが大変。今日は5階に止めた。当然誰かが押してくれているだろうと思ったら通過。7階に行ってしまった。こんなことがあるんだ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋風に乗って | トップ | 寒いぞ!風邪をひくなよ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マツンのおもい」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。