知的障害・発達障害  個性と可能性を伸ばす

造形リトミック研究所(国立・相模原・横須賀・津田沼・越谷・所沢で知的障害教室を運営)による毎日の学習と子育てのヒント集

2574.~夏の風景~

2017-07-13 05:06:54 | テーマの力・魅力
2574.~夏の風景~
「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
 それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。

  ~今日のElephasブログ:「朝顔」(7月13日)
※Elephasブログは、都合によりましてしばらく本欄に全文をご紹介させていただきます。

おはようございます。越谷教室の御供です。

先日八王子市のあさがお市に足を運びました。暑さは厳しかったものの、朝顔の鮮やかな色と風鈴の音色に癒されました。

夏休み直前のこの時期、朝顔やミニトマトの観察に取り組む学校も多いことでしょう。
「らっぱのような形」「ひらひらしてる」など様々に花びらを表現できます。
花や葉の色について濃淡、大きさ、手触りなどについても観察すれば、様々な言葉が出てきます。

幼いころ、自身も朝顔の観察したのを覚えています。たくさんの朝顔を見て、その時のことを思い出しました。
「やっと、さいた!」、待って待ってようやく咲いたときにはとてもうれしかったものです。

夏休みの観察日記、絵日記に教室でも取り組みます。観察ポイントをあげれば、どんどん進めることができます。
観察することで、気持ちも育つことがあります。
一緒に夏を楽しみましょう。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp




◇ワンポイント・メッセージ◇

日本の夏と、朝顔。
みなさん、それぞれに朝顔の思い出があることでしょう。
夏休みの原風景には、ひとつ、朝顔はぴったりですね。

生徒さんも、この夏に朝顔を育て、観察し、描くことによって、
伝統的な日本の夏に連なることができますね。

「待って待って、ようやく咲いたときにはとてもうれしかったものです」、と今朝のブログ。。
『待ちたりし 赤朝顔の 今朝咲きし』  高浜虚子にこんな俳句があります。
時をつなぐ、気持ちの連なりが感じられます。

陽が高く昇る前の、まだ露の残る夏の朝、
生徒さんも開花を楽しみに、早起きをしていることでしょう。




>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2573.~共感の芽~ | トップ | 2575.~今から計画~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。