知的障害・発達障害  個性と可能性を伸ばす

造形リトミック研究所(国立・相模原・横須賀・津田沼・越谷・所沢で知的障害教室を運営)による毎日の学習と子育てのヒント集

2550.~「分からなさ」を知る~

2017-06-15 05:18:47 | ケースに学ぶ
2550.~「分からなさ」を知る~
「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
 それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。

 
◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ「葉を広げてみたら…」(6月15日)
・・・授業の回数を重ねていき、嬉しく感じるのは、生徒さん方の勉強への印象が変わっていくのが伝わってくる時です。「なんか、最近、この勉強をするのが楽しいんだよね。」「やっぱり、○○(資格試験)も受けてみようと思う。」「居残りせずに、終われたんです!」・・・。


今日のElephas Blogには、生徒さんのそのまま言葉が載っています。
他にもあと2つ、せっかくですからここにも載せさせていただきましょう。

「ちょっと待って、書く(自分でルビをふる)から。」
「家でも、ちょっと(勉強)してもいいかな~って、思って。」

生徒さんにやる気が出てきた表れです。
こんな言葉が聞けるのは、本当にうれしいことです。

やる気が出なかったのは、さぼっていたからではありません。
「分かる」「できそう」という手応えが感じられなかったからです。

宿題を行えるようにする、
自習室に足を向かわせるようにする、
そのためには、学習の手応えを感じさせてあげることが必須です。

できないこと、分からないこと、成果につながらないことに対しては、
誰しも億劫になります。

当たり前のことですが、そこに気付くことはなかなかに難しいことです。
周りが生徒さんの「分からなさ」を知ることによって、逆に生徒さんは「分かる」ようになります。



>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2549.~地図で遊ぶ~ | トップ | 2551.~温かく、大らかに~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ケースに学ぶ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。