大多喜アイランド通販

大多喜町にあるギフトのテーマパーク・シャディサラダ館です。ご自宅会場まで無料配送カタログも無料で持参!只今会員募集中

突然ですが休止します。

2015年04月15日 | お知らせ。

突然ですが、少しの間ブログを休止します。

応援と 切磋琢磨 ありがとうございました。

 

 

再開は未定です。いろいろお世話になりました。

 

xmas939.gif

 

 

 こんなかたちで終わる事しか出来ない私を許してください。。。

「イエスキリスト画像」の画像検索結果

それでは、いつもの御挨拶で閉じます。

 

hello.

 

(^-^*)/ちわ^^

おまんら、・・・・・・・・・・したらいかんぜよ” 

8.gif

コメント (25)
この記事をはてなブックマークに追加

こんな時も!? With setting sun of fifteen years ago

2015年04月14日 | 店長のひとりごと&音楽

こんな時もあったけ

 「こんなカップル憧れるなー」っていう画像!

 

あぁ~!まだ、まだ、いっぱい!いっぱい!いっぱい!更新したいなぁ~! 

 

 「イエスキリスト画像」の画像検索結果

   

いらっしゃいませ 

いらっしゃいませ  いらっしゃいませ 

shaddy サラダ館ネットショッピング

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

What do you feel? Five Hundred Miles

2015年04月13日 | 店長のひとりごと&音楽

(^-^*)/ちわ^^今日は憂鬱な

What do you feel?

「別れ画像素材」の画像検索結果

 

「別れ画像素材」の画像検索結果

 

 

   

いらっしゃいませ 

いらっしゃいませ  いらっしゃいませ 

shaddy サラダ館ネットショッピング

linda3737013en5.gif 

贈り物のテーマパーク 

  

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

若いお二人さん!「20歳のめぐり逢い」

2015年04月12日 | 店長のひとりごと&音楽

今日の、日曜日春を感じますね。

村R-現P

「春の旅」の画像検索結果

当店の前も観光客が沢山歩いてます。

若いペアーもいlっぱい

素敵なお二人さん

「こんなカップル憧れるなー」っていう画像!

青春を感じますね。

店長、仕事してるのバカみたいな感じ

 

我が思い出の一曲

 

 

   

いらっしゃいませ 

いらっしゃいませ  いらっしゃいませ 

shaddy サラダ館ネットショッピング

linda3737013en5.gif

贈り物のテーマパーク

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

親の賠償責任?

2015年04月11日 | 店長のひとりごと&音楽

子どものボールで事故

村R-現P

写真

学校の校庭でボール蹴ってこういう事故で親の責任?

被害者の事もわからないではないが?

ばかばかしい!一審、二審、Σ( ̄[] ̄;)!ホエー

親の賠償責任

 民法714条は、責任能力がない子どもや知的障害者らが他人に損害を与えた場合、法的に監督義務を負う親権者や未成年後見人、成年後見人などが代わりに賠償する責任があると規定している。監督義務を怠っていなかったか、義務を怠らなくても損害が生じたと認められる場合は賠償責任を免れるが、そうした状況を監督義務者が立証する必要がある。

▼遊ばせる場なく

 「近所でボール遊びをできるのは学校しかない。これで親の責任だと言われたら、遊ばせる場所なんてどこにもない」。事故は11年前、愛媛県今治市の瀬戸内海に浮かぶ島で起きた。校庭から飛び出たサッカーボールが引き起こした交通事故。“加害者”とされた男児の父親(53)は、一、二審の賠償命令に憤まんやる方ない様子だった。

 島には広い公園もあるが、改修工事でグラウンドはなくなり、当時子どもが野球やサッカーをできたのは校庭に限られていたという。

 父親は少年野球の指導者で「あいさつや生活態度などしつけは厳しくしてきた」という。だが一、二審は「指導が不十分」と断じた。「家に引きこもらせてずっとゲームでもさせればいいのか」。強い疑問と怒りは消えず、最高裁の判断を仰ぐことになった。

 ▼日常の行為認定

 「子どもがゴールに向けてボールを蹴るのは日常の行為だ」。最高裁判決は親の免責範囲があることをはっきり示した。男児は既に成人し「就職面接で落ちるのでは」とずっと気にしてきたという。

 民法では、子どもの行為が事故やトラブルを起こしても金銭的な補償をする能力はないとされる。このため訴訟になれば、被害者の救済を優先する観点から、ほぼ例外なく親が賠償責任を負わされてきた。

 仙台地裁は2005年、宮城県大河原町の公園で男子小学生2人がキャッチボール中、それたボールが別の小学生の胸に当たり死亡した事故で2人の両親に計約6千万円の支払いを命じた。他にも子どもが乗った自転車の事故や、同級生へのいじめや暴行でも、親の監督義務違反が認められているが、疑問視する声も根強かった。「行為」のバリエーションは犯罪に近いものからスポーツ、遊びまでほぼ無限にあるからだ。

 日弁連子どもの権利委員会幹事の三坂彰彦弁護士は「非行とはいえない行為まで一様に親の責任を問うのは理不尽だ」と批判する。

 ▼高齢者に波及も

 監督義務をめぐる争いは、子どもの親だけに限らない。最高裁では現在、愛知県大府市で認知症高齢者が起こした列車事故をめぐる訴訟が係争中だ。高齢者の家族の責任を問うこの訴訟に注目する福祉関係者は多い。

 この訴訟では07年に駅構内を徘徊(はいかい)していた91歳の男性がはねられた事故で、JR東海が賠償を請求。一、二審は「家族がまどろんで目を離した隙に外出した。家族は注意を怠った」と賠償を命じた。だが家族や福祉関係者は「介護の実態を分かっておらず、認知症高齢者の閉じ込めにつながる」と強く反発している。

 今回の最高裁判決は、この訴訟の行方にも影響するとみられる。同じ立場の監督義務者の具体的な免責範囲は、今後ケースごとに積み重ねられる司法判断によって少しずつ固まっていく見通しだ。

 課題として残るのは、監督義務者が免責され、被害者の補償が不十分になった場合の対応だ。子どもの法的トラブルに詳しい川村百合弁護士は「学校や公園など公共の場所で起きた事故については、施設の設備や管理に問題がなかったかどうかなど行政側の責任を問うことで被害救済を図るべきだ」と話している。

 ●「息子はずっと罪の意識」 父親のコメント

 子どもが蹴ったボールが原因の交通事故をめぐる訴訟で、被告となった父親(53)が代理人弁護士を通じて発表したコメントは次の通り。

 被害者が結果的に死亡した事実を厳粛に受け止め、親としての道義的責任を痛切に感じている。息子は、ずっと罪の意識を持ちながら、思春期、青年期を歩んできた。

 息子は放課後、学校のグラウンドでフリーキックの練習をしていたにすぎない。法的に責められるくらい悪いことなのかという疑問がずっと拭えなかった。

 まだ気持ちの整理ができていないが、主張が認められてひとまず安堵(あんど)している。ただ、被害者のことを考えると、苦悩が終わることはない。

今回の最高裁

小学生が校庭で蹴ったサッカーボールが道路に飛び出して起きたバイクの転倒事故をめぐり、小学生の親が賠償責任を負うかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第一小法廷(山浦善樹裁判長)は九日、「子どもが日常的な行為で、たまたま人を死傷させた場合、親は危険な行為と予測できない限り、賠償責任を負わない」との初判断を示した。

 両親に約一千百八十万円の賠償を命じた二審判決を破棄し、事故の被害者側の賠償請求を棄却した。裁判官四人全員一致の意見。

 民法は、責任能力がない子どもや知的障害者らが他人に損害を与えた場合、監督を怠った親などが賠償責任を負うと定める。これまで子どものキャッチボールや自転車事故などをめぐる訴訟では、ほぼ無条件で親の賠償責任が認められてきた。この日の判決は、一律に広く認定されてきた監督責任について、個別の事情を勘案して判断する一定の基準を示したといえ、子どもや認知症の高齢者らが起こした事故やトラブルをめぐる同種の訴訟にも影響を与えそうだ。

 事故は二〇〇四年二月、愛媛県今治市で起きた。放課後の校庭で当時十一歳の小学生の男児が蹴ったボールが道路に転がり、バイクで通り掛かった八十代の男性が転倒して足を骨折。寝たきりとなり、翌年七月に肺炎で死亡した。

 第一小法廷は、男児は放課後に開放された校庭でゴールに向けてフリーキックの練習をしており「校庭の日常的な使用方法として通常の行為」と指摘。両親が直接目の届かない状況でこうした事故は予測できず「監督義務を怠ったとはいえない」と判断した。

 被害者側は両親らに約五千万円の損害賠償を求めていた。一審大阪地裁、二審大阪高裁とも「蹴り方次第でボールが道路に飛び出すことは予測できた」と判断。親権者である両親が監督義務を怠ったとして、一千万円超の賠償を命じた。

 

業務上過失はあるけれど、ボール蹴り過失は?????

また、精神異常者の罪は親が賠償責任をとるのか?

法学者じゃありませんが、ちとおかしな世の中ですね。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加