諭吉 特殊ノート

空間認識☆時系列情報処理☆色彩感覚☆相対音感☆行動心理☆共感覚

あらゆる事象を紐とく

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

総合考察 世田谷一家殺害事件 犯行時の行動

2017-04-12 00:00:00 | 記事
世間で言われている推理や考察
信憑性の高い情報から

犯罪心理
時系列の組み立て
空間認識
共感覚
を駆使し

特殊な観点で
独自にプロファイリングしたものです


当ブログでは表現の違いなどによる誤認を防ぐため
事件の概要を記しておりません
初めてブログに来られた方は下記リンクから情報を確認することを推奨します


こちら
事件の概要がわかるリンクをまとめたページに行く




✴︎画像などなく文体が未熟なため読みにくいかもしれません
事件に詳しいかたや飛ばして読む場合は


③から読むことを推奨します



けっこう長いですが
よかったら可能性の一つとして参考にしてください


以下本文

総合考察
☆☆☆

①事件の起因前日までの出来事

スケボーをしていたところにみきおさんと知り合う

(家族間などでとくに話題にするほどではない程度の知り合い)


話の流れでセクション(スケボーの技を決める台など)を手作りしてるなどの話になり蛍光塗料をジップロックに小分けしてわけてもらう
(車庫に三種類の蛍光塗料ヒップバックからは三種類ラグランシャツから二種類が検出されているラグランのみ事件当日付着)

犯人はこれを自分の家でデッキや手づくりのセクションの塗装に使った可能性あり


しかし
公園でのマナーが悪い犯人に
みきおさんが少しずつ注意をし始める(最初は優しく言っていたとおもいます)

ここで敵対意識が芽生えます

なかなかマナーの直らないことを見兼ねて
犯人が愛用していた縁台のようなセクションをみきおさんが処分してしまう
(セクションはカーブボックスと思われるが犯人の持ち込みかは不明)
(2chでのスケーター達の会話から)

優しくされていた反動もあり裏切られたような感情を抱き逆恨みをする


もしかしたら犯人は電話番号も知っていて何度か宮沢家に電話をかけていることも感じます
みきおさんのいないタイミングでかけて奥さんにも怒りをあらわにしているような
(そういう電話は7時以降にしてくださいと声を荒げる泰子さんの電話を親類が事件以前に聞いている)



☆☆☆

②犯行

事件当日

公園には若者がたむろしていた(目撃情報あり)ことを犯人はわかっていたと思われる
(公園から玄関のどの辺りまで公園周辺には人がいる雰囲気がつかめるのか未確認です)

もめたことから(目撃証言より)
厄介なお客さんとして
一階仕事場で話し合いをする
(外は12月末の冬の気温)


一階と二階を住居と仕事場にはっきりわけていたと思われるので
この時リビングまでは行ってないとする



スリッパを履き(DNAが検出されている)

一階仕事場にて
手袋マフラー、帽子、上着を脱ぐ

室内は温度が高かったと思われる

アイス(お茶も?)を出されるが落ち着いて最後まで食べられるような雰囲気でない

(アイスへの執着に繋がる可能性
犯人がスプーンを使わず絞り出すように食べた四つのメロンアイス以外に誰が食べたかは不明の食べかけのものがキッチンにて二つ確認されている)


話しが噛み合わないなか何かのタイミングで
みきおさんは 二階へ 行こうとする

この時チャンスとばかりに
犯人は後を追い
四、五段あがったところに後ろから
切りかかる(殺意を持って家を訪れている)

少し争うもののみきおさんにとって報われない結果になってしまう
(頭部には刃先が残る
モモとお尻にも切り傷)


ここで逃げようとするが
外には人がいることを知っていたので躊躇する

とりあえず外部からの邪魔が入らないように玄関に鍵をする

(親類の事件発見時は合鍵で入っている)
(遺留品には何度も洗濯のあとがあり犯人には家庭的な家族がいる可能性がある
恐らく戸締りを普段自分でしてないためチェーンをする習慣がないとおもいます)


スリッパを脱いで
靴を持ち

血だまりを避けるため途中で靴を履く


聞き耳を立て家の中が静かなことから
まだ気付かれてないことをさとり
二階へ警戒しながらあがっていく
(横歩きをしている)


子供部屋とリビングを偵察

礼くんに気づくが様子をみる
(くまなく探すためにはリビングを飛び越えてロフトへは不自然)
残る家族を探すがいない


ここで窓から外の様子を伺う
(足跡と窓の写真から推測)
外の人々は帰る様子がなく
長期戦を決意

音をさせないようにと靴を脱ぐ
(ここからは靴を血を避けるためのスリッパがわりにしていると考えます)

ロフトへ

寝ている二人を襲うが先端のかけた刃物は刺さらない
(布団をかけていたため顔を中心に切り傷がつく)

泣き叫ぶにいなちゃんを殴りつける
(ベッド付近には折れた長女の砕けた歯がみつかってる情報がある)

犯人は右手を血がしたたるほど負傷


(ロフトでも折れた刃物のかけらがあり遺体にはその時のものと思われる傷がある
ロフトに足跡は残っていない)

リビングへ行った際キッチンの場所が把握できていたため包丁をとりに行く
(キッチンの流し台下の収納に犯人の血痕あり治療前と推測)


二人は逃げようとするが廊下で行き会う

再度犯行におよぶ
(手を負傷したこと刃の先端がかけたことや
とどめを刺せず犯行が複数回に分かれたことで結果的に切り傷の多い状態になる)



礼くんに手をかける
(刃物をみせると声を出されるおそれもあり にいなちゃんの泣き叫ぶ声から学び
脅威となる対象がいないので絞殺)

この時犯人の血痕が布団につく
(正確な情報か不明なのであくまでも犯行の順番を示す手がかりです)




☆☆☆

③偽装工作


(侵入経路について二階の足跡の方が泥が多いという情報は風呂場の水分が起因と考えられる
その詳細考察はページ下リンク 足跡と風呂場 指紋と時系列 にあります)

脱出経路となる風呂場には逃亡することを意識して長時間とどまっていたと考えられる

執拗なほど引き出しを開けて何かを探している


考察
みきおさんとの蛍光塗料などのやりとりを目撃されてるおそれがあり
目撃情報などで自分と特定されることを避けるためにも

宮沢家と犯人を繋ぐ証拠である蛍光塗料を探したのではないでしょうか
(車庫にある可能性もあるため鍵も探したか?
犯人宅に蛍光塗料で塗装したものがある可能性あり)


キッチンや子供の引き出しも開けていること
(蛍光塗料はおもちゃとしてもとれるので子供の引き出しを探すことにも繋がります)

書類を探したとも考えられるが
一階本棚やキッチンの棚は手をつけた様子がないこと
(現場の写真画像をみつけました)

以上から
遺体が近くにあるので後回しにしていた一階の納戸を最後に開け蛍光塗料の容器(本体)を発見したと感じます


ポイント

・車庫に三種類、遺留品ヒップバック内側から三種類、ラグランシャツからは二種類検出されていてラグランシャツには溶けた形跡がなく付着後には洗濯していない

・蛍光塗料の容器など本体は捜査にて見つかってないが蛍光塗料の付着状態から引き出しに一種類はわりときれいな状態二種類の蛍光塗料は少しこぼれていたと考えます(ラグランシャツだけ二種類付着)


・蛍光塗料は当時スケーターやグラフィティをする若者の間で流行っていてブラックライトなどを当てると光る


重要考察
蛍光塗料は厳密にいえば溶剤で溶かしたり塗料に混ぜるなどして使う粉末染料タイプのものなので
拡散や付着しやすく書類なども含め引き出しを
風呂場で中身ごと洗うことになった
と考えます

(犯人は右手を深く負傷しているにもかかわらず風呂場では一階納戸の引き出しの中身と見られる書類が刃物で切り刻まれて浴槽に投げ込まれていた)


この場合遺体に納戸の引き出しを乗せたのも
やっとみつけたという腹いせと感じとれます



☆☆☆

④深夜の行動
このあとの行動は冷静で

深夜確実に人がいなくなる時間まで
仮眠をとったりパソコンを操作する
などと既知のとおりの行動をします

(事件以前の蛍光染料をもらった人物と殺人犯が同一人物と知られたくないため
犯行時刻の偽装工作に劇団四季の予約をしようとするがパスワードがわからず失敗)


衣類をおいていったのは身軽になり逃走時にともなうリスクを極力減らし
侵入時と脱出時の服装を変えることで目撃情報を混乱または操作しようとしたのではとおもいます
(最終的にこれら遺留品はリビングのソファ付近で発見されている)

(後日に身元の知られるリスクより目前の逃走リスクの軽減を選んだ)


ラグランを丸めずに畳んだのは血の付いた面を内側にして二次的に汚れるのを防いだととれます(畳みかたは未確認です)



☆☆☆
⑤逃走

脱出経路となる風呂場には逃亡することを意識して長時間とどまっていたと考えられる

頃合いをみてお風呂場の窓から逃走
(もちろん侵入経路としての考察を否定できるものではないですが)


脱出痕はあるが侵入痕はないとされていること

衣類の擦れた形跡がないこと

上着はここまで汚れてない状態であること
(入るより出るほうが簡単ということも含め)

地面に飛び降りたような足跡が残っていた
などからの考察です

犯人が体重をかけて窓枠は歪み
網戸はもともと外れやすかったところに内側から外側へと力をかけたためとおもいます
(網戸ともに山茶花の鉢が外側に落ちている情報あり)


汚れてない服は帽子、マフラー、上着
(エドウィンの手袋は未確認ですが
滞在した時間にしては少ない指紋から別に軍手などを用意していたとおもいます)


手袋を脱いだタイミング


玄関から案内され子供用のパソコンのある椅子に座った時

自分の怪我の治療の時

納戸で蛍光塗料を発見しお風呂で引き出しを洗う時

トイレに入った時

と想像します

パソコンのマウスに指紋が付いているので上記の行動した時間をおおよそ予想することもできそうです(一つ一つの動作にかかる時間はまだ確かめてないです)

全体の行動は指紋や足跡からプロファイリングをしました(向きはわからないのですが往復した形跡がないことや一筆書きにならないことを考慮しました)

以上になります




✴︎あくまでも想像の域を越えるものではありません
悪しからず



足跡と指紋からの詳細考察はこちら
足跡と風呂場 指紋と時系列


犯行後の不可解な行動の詳細考察はこちら
メロンアイスと蛍光塗料

記事一覧
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 9の疑問 (世田谷一家殺害事件) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

記事」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事