ひとり飲む夜は。

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

かなりいい天気!

2013-02-28 11:12:44 | うんちく・小ネタ

花屋のずけちゃんは明日の高校の卒業式用のお花つくりで今日は徹夜かも・・・・。と言ってました。

きっと、沖縄中の花屋さんがせっせと花束やコサージュを作ってるんでしょうね。

あまりにも昔のことで記憶も定かではありませんが、たしかに自分ももらったかなぁ・・・。

だれでも一度は子供だったし少年だったわけですからね。

昨日、思わず笑ったラジオの投稿です。

新沼 謙治さんの 嫁に来ないか の替え歌で 嫁に来ないのか・・・。

1文字でずいぶんかわるもんだなと・・・。

それと 1192つくろう  キャバクラ幕府   これにも笑いました。

たしかでも今は 1192 じゃなかったって教わるんですよね。

前にメールに書いた事がありました。

聖徳太子の肖像が違ってたとか今は、踏み絵じゃなく絵踏みでしたかね?

いずれにしても今日は2月の末。

今日も今日とて笑えることがたくさんあって笑顔の回数が昨日より多いといいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨模様

2013-02-27 10:49:04 | うんちく・小ネタ

朝から雨ですね。

この時期、卒業旅行らしい方が目立ちますが残念な天気になりました。

渋谷から西麻布へ向かう途中に 八木歯科 という看板を見つけて あら?面白い!

とおもった昔の記憶が再現です。

国際通りの安里よりに 屋宜歯科 と言うのを発見しました。

いずれも ひらがなで読んだら、やぎ と しか 山羊と鹿 ですもんね。

これが内科だったら  元気ないか  とか  しかたないかとか・・・。

そんな病院は見たことないですね。

ぞうさんのなにの話しは明日にしましょう。

きょうもいいことがあちこちで起こりますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お天気!

2013-02-24 10:10:42 | うんちく・小ネタ

いいお天気なのですが気温がそれほどでもありませんね。

昨日、国際通りを歩いてる観光客の方はTシャツでいました。

セルラースタジアムでは巨人ー広島のオープン戦が盛りあがったみたいです。

琉神マブヤーさんの始球式とか・・・。

担当の●●さん!独身プロ野球選手をゲットするんだと息巻いておりましたが成果のほどは・・・・。

金魚を川に放すとどうなるか?

環境がよければしばらくは生きていけるらしいです。

が、悲しいかな先祖代々えさは人間にもらうものだというとに慣れているのでいまさら自分でえさを探す

という能力に乏しく、ほとんどは死んでしまうとこになるそうです。

まぁ 金魚鉢のなかが一番ってことなんですね。

わが友人ずけやまさんの話しは今度にして、次回はぞうさんのセックス秘話!

ゆかいな事、楽しいことがふたつある気がする日曜日!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金曜日!

2013-02-22 10:58:09 | うんちく・小ネタ

サリーマン川柳の中から・・・。

光りもの  妻がダイヤで  オレさんま

見つめあい 時も過ぎれば  にらみあい

家のこと  嫁のブログ  見てわかり

独身の 残りものには  くせがある

こんなとこですかね。

まぁ いろんな面白い方が世間にはたくさんいるもんです。

先ほどこんなの記事を見つけました。

金魚を川に放すと、野生化するか?

ひまなときに考えてみて下さい。

友達の空手家 ずけやまさんの話しを次回!

今日もいいことがなだれのようにおきますように・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

YouTube

2013-02-19 23:19:49 | うんちく・小ネタ

内山さんのベスト3は、もろきゅー 板わさ 地鶏のたたき でしたか・・・。

地鶏は宮崎ですから入りますよね。飫肥天もうまいですよね。

昨日のビールのつまみは ほたるイカの酢味噌、 オニオンスライスにポン酢、 春雨ときゅうりのゴマ和えでした。

で、本日はウォッカ飲みながらYouTube三昧してました。

少女時代も見ましたが、吉田拓郎関連を見てしまいました。本来なら観るですが、飲みながらなので見るです。

単純なコード進行にむずかしいマイナー7とかメジャー7とか・・・。意外と才能の塊でした。

何よりもあの声です。

手元に昭和58年初版の 吉田拓郎詩集 と言うのを取り出しました。

ちょっとほろ酔いかな・・・。

一番のお気に入りは 祭りのあと です。

結婚しようよ が流行ったとき、岡林信康のファンだったやつが 日和見の歌だ”!って怒ってました。

でも、女に振られて、酔って 祭りのあと を聞いて泣いてました。

祭りのあとの淋しさは  死んだ女にくれてやろう

祭りのあとの淋しさは  死んだ男にくれてやろう

もう怨むまい もう怨むのはよそう

今宵の酒に酔いしれて・・・。

恥と未熟さばかりをさらした青春の一時期が次の祭りに向けて終わりを告げたときこの歌がありました。

祭りはまだまだ続きますよね。

そーいえば恒例のサラーリーマン川柳の作品がでてましたね。

お気に入りを教えてください。

すぐ切れる 妻よ見習え LED! 

明日もきっといい一日なりますよ!  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加