SAMMYのみちくさ日記

「気まま」に「みちくさ」しながら、ありのまんま思ったことを無精者が書いてるブログです(^_^)v

めにとまる本

2017年01月20日 | Michi-kusa
BOOK・OFF。
度々僕のブログに登場するお店です。

それだけ行ってるってことなんですが・・・(笑)


店内に並ぶ本棚。
そこに、ビッシリと並べられた本たち。

店内を物色。
『目的とする本を探している』
のと
『歩きながら本をただ眺めている』
のとでは、明らかに違うと思うんですがっ!


僕は、そんな後者でありながら、それでも、目にとまる本がある。
本の帯部分だけなのに、足をとめてしまうんです。

何でなんやろう?

今回も前回の《幻想郵便局》と同様に手に取った本が二冊あった。



ひとつは、
押見修造氏の『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』


自分の名前が言えない・・・?
何でこんなタイトルにしたんやろ?

そんな疑問から本を手に取った。

この漫画は、『吃音症(キツオンショウ)』という自分自身の経験を下敷きにして描かれたとあとがきに書かれていました。


もうひとつは、
原作 乙一氏
漫画 清原紘氏の『きみにしか聞こえない』



白表紙に青文字のシンプルなデザインの帯。よ~く見るとちゃんとイラストも文字も書かれているんですけどね(^_^;)

表紙を一枚めくると・・・。
ストーリーが始まる。


あの・・・。
もしもし・・・。

『聞こえるの?』
『僕の声がきみには聞こえるの?』

こんなことありえない・・・。

だって、この携帯電話は・・・。
私が頭の中で作り出した想像の携帯電話なのだから・・・。



次ページにある目次欄には、
何も書かれていない。
ただ、第1話から第0話。
そして、あとがきと記されている。

目次なしの漫画。想像の携帯電話で心と心の会話ですすんでいくストーリー。



当たり前のように、人と会話をしたり、想いを伝えたりしているけれど、僕にとってのその当たり前が、そうでなくなったとしたなら、どんなカタチのコミュニケーションがあるんだろうか・・・。

その自問に、今、返す言葉が見つからない。

健康で、元気に暮らせている今に!
感謝するとともに、色んなカタチの出会いを大切にしたいです(^^ゞ

しかし、想像の携帯電話で会話か・・・。

いいね(^_^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミスター・ギョーザとラーメン屋台

2017年01月19日 | Michi-kusa
京都市南区唐橋。
前々から気になっていたお店。
《ミスター・ギョーザ》


テレビで観たことのある餃子専門店。しかも、完売したら閉店!

一か八か・・・。
行ってみたら開いてた(^_^)




初めてのお店なので、
店内をキョロキョロ( ̄▽ ̄= ̄▽ ̄)


お隣のお姉さん。
カウンターでお一人!?
餃子に唐揚げ、そして瓶ビール。
その容姿とのギャップが男前過ぎる(^_^)


回りを見ても、唐揚げ、そしてビールを頼んでる。


でも、ここは!
餃子三人前とライス、そして水でガッツリ食す。



皮がパリッとしていて、何個でもいけそうな美味しい餃子でした。



そして、二軒目。
南区吉祥院にある《ラーメン屋台》へ。



ここの台湾ラーメンが食べたくなってしまった!



底からしっかりとかき混ぜる。
そして、すする!すする!

やっぱ。好きやわ。
ここの台湾ラーメン(σ≧▽≦)σ

あかん!
めっちゃ食べ過ぎてしもた ( ̄▽ ̄;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライジング・スターズ2017始動の巻

2017年01月18日 | Michi-kusa
1月29日。祇園《グリース》でのライブに向けて、ライジング・スターズのリハーサル!そして、リハーサルからの~~新年会なのでーす!

メンバーと会うのも久しぶり。
改めて"今年もよろしく~!"っていうことで全員そろいました(^_^)


ライジングのメンバー全員がそろう。

もう!
めちゃくちゃ嬉しいッ((o(^∇^)o))




バンドの新曲。そして、今回のライブは、ゲストを迎えたステージ構成になるため別に数曲を準備(^_^)



個人的には、今まで経験していない曲を演奏することになるので、原曲を何度も聴いて、まずはモノマネからのスタート!ベースの音使い、音の長さ、休符の入れるタイミングなどなど勉強になります。自宅で練習して、そして、メンバーと音を合わせる。そのリハーサル音源を聞き直す。本番まで練習あるのみ!と思うのでありました(^_^;)



そして、リハーサルの後のお楽しみ!
《ライジング新年会》

場所は、南座を南下したところにある産地直送居酒屋《いち》


初めて行ったお店。
こちらのお店。
めちゃくちゃ美味しかった!
スタッフの方からも"よぉー食べはりますねー"って言われるくらいに注文しまくった(^_^)
だって!美味しいんだもん!





バンドメンバーと過ごすひとときは、楽しすぎて、あっという間でした(^_^)
その会話の中で、

"ライジング・スターズは、今年の5月で丸8年"

という話が出た。


もう8年か・・・。
普段は、考てないですね・・・。
何年目ってこと。



8年前、keyコッシーさんから新バンドのベースやらない?って誘ってもらえたからライジング・スターズのベースとして精進してやってこられました。
そして、
リーダーのYOUさん率いるライジング・スターズは、おかげさまで、今もライブハウスのステージに立たせてもらっています。


改めて振り返ってみると・・・。
今まで、バンドのターニングポイントでは、みんなで集まり話し合い、そして次のステージに向けて《バンド》で進んできたのがライジング・スターズように思います。



Vo.YOU
Vo.JOJO
Gt.しんすけ
Key.コッシー
Dr.ローリー
Ba.サミー

このメンバーに感謝です(^_^)

ライジングのメンバーに改めて!
"これからもよろしくお願いします"

そして、

ライジング・スターズをいつも応援していただいているみなさま!

これからも応援よろしくお願いします!


最後に、
《産地直送居酒屋 いち》さんへ。
気持ちよく食事をさせてもらってありがとーございました!おいしかったです!ごちそうさまでした(^人^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iPod classic 160GBの修理に関する備忘録

2017年01月12日 | Michi-kusa
iPod classic 160GBの修理に関する備忘録を自分の日記に残しておこうと思います。

《症状》
画面が暗転したまま全く表示されない状態になった。
こんな状態ではあるけど、音楽は聴くことは可能。画面が表示されないので曲を探したりできないため、結局使用することができない。

《自身での対応》
iTunesに同期させた上で復元を数回行ってみた。
→症状に変化なし。


そして、
アップルサポート&サポートライン(0120-27753-5)へ電話。

自分のiPodが修理対象製品かどうかを調べてもらうことになった。
→シリアルNo.を伝えた。
その結果、
→修理対象機種と判明。


修理依頼をしたい旨を伝えると、受付が開始された。
住所、氏名、メールアドレス等の聞き取りが始まり、受付No.が発行されました。

そして、修理対象のiPodを引取りに来てもらう日程を調整。即日の引取りは無理でした。電話をした日の翌日から3日目から予約が可能とのこと。引取り業者は、ヤマト運輸。今回のサポートにかかる運賃は全て不要でした。

修理費用の見積額については、MAX32,184円(税込)と告げられた。 修理の過程で行う検査や診断の内容によっては、実際の修理総額が見積額を下回ることもあるとのこと。MAXというのは、製品を検証した結果、iPod本体の交換が必要であるとなった場合における交換品の代金である。

その支払いは、クレジットか代引とのこと。領収書に関しては、外国から郵便で送られてくるとのことでした。

(注)支払方法は、代引で依頼。外国からの郵便は、1ヶ月経っても届きませんでした。

修理期間の目安は、修理品を引取ってから1週間前後とのことだった。

以上がサポートセンターとのやりとり。


電話で修理依頼をしてから後は、登録したメールアドレスに下記内容が順次届きました。

《修理のお申し込み完了のお知らせ》
→今後の手順が掲載
《お客様の製品を受領いたしました 》
→ 製品の修理を開始すると掲載
《交換品の発送についてのお知らせ》
→ 修理サービス完了が掲載


そして、iPodの引取日(日曜日)から、2日後の火曜日にiPodが自宅に届けられました。



その交換品の中に、《検証診断テスト実施結果のお知らせ》というペーパーが入っており、やはり、iPod本体の交換が必要であると確認したので交換品を送らせてもらいますと書かれてあった。



今回のiPod修理に関しての結果は、交換品が届けられ、代引にて見積額MAXの32,184円を支払うことになり、受取完了!


早速iPodとiTunesの同期を試みるも・・・。
18,200曲を同期させるには、かなりの時間がかかるもんだ(^_^;


家にあるCDをまるごと持ち出す!

そんな理由で、使い始めたiPod。
僕には、やっぱ・・・コイツが一番合ってると思う!



iPodの納品から6日後の月曜日。
六本木ヒルズ森タワーのAppleから《請求明細書(お客様控え)》が郵送で到着。


以上が、今回iPod修理交換に関する内容です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セルフメディケーション

2017年01月11日 | Michi-kusa
セルフメディケーション。

なにそれ?



テレビを観ていたら、聞き慣れないカナ文字。

番組の説明によると・・・。

比較的軽い病気なら、病院を利用せず市販薬で治すことってあります。
指定された市販薬を買って、病気を治すことにより、その金額の一部を所得などから控除する税制度で2017年1月1日からスタート。

というものだった。

対象は、
年間12,000円を超える厚労省指定の市販薬を購入した場合。
指定の市販薬は、1,555品目(全体の約25%)とのこと。


バファリン、風邪薬、目薬などの中にも控除の《対象となるもの》と《対象外》があり成分の違いでこのような違いが発生するらしい。

その他に・・・。
かゆみ止め・湿布は、《対象》ですが、育毛剤・栄養ドリンクは、《対象外》など。

目印は、下記のマークが市販薬の箱に印字されているとのこと。
薬によっては、マークの印字が間に合っていない市販薬もあるみたいです。



この制度を利用するには、再来年に確定申告することになります。
そして、対象品目を購入したときのレシート(領収書)と健康診断・がん検診・予防接種などの証明書とともに申告することになります。

ただ、この新制度と従来の医療費控除の同時申告はできないとのこと。

従来の医療費控除と新制度のどちらの方が自分にとって有利なのかを判断することになるので手間のかかることかもしれません・・・。


何度か確定申告で医療費控除をしたことがあるので、新制度も気になるところではあります。





厚生労働省のホームページに掲載されているセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。


文言だけでも、素人には難しく感じます(^_^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加