SAMMYのみちくさ日記

「気まま」に「みちくさ」しながら、ありのまんま思ったことを無精者が書いてるブログです(^_^)v

いきぬきしょ(´・ω・`)

2015年10月30日 | Michi-kusa
よく行くコメダ珈琲。


ふと・・・。
店内を見渡すと、


コメダ珈琲のロゴマーク(おじさん)の由来が書かれてました。





30年以上前、コメダ珈琲の常連客だったデザイン専攻の学生さんが描いたもの。

コーヒーを飲む中世ヨーロッパ紳士らしい。


スラスラ~と書かれたんでしょうかね(^_^)僕もイラストっぽく描いてもらったら、どんな感じになるんだろうか・・・(^_^;)


そして、店内でもう一つ。


『数字の不思議』っていうチラシを見ました。


1、1~9の好きな数字を思い浮かべる
2、3を足す
3、2倍する
4、4を引く
5、2で割る
6、はじめに考えた数字を引く

あなたの最終的な答えは1です!


おー!
なるなるー(≧∇≦)
1になるわー!


なんでやΣ\(゜Д゜;)

( ゜д ゜)ナンデヤ…?


わからんけど・・・。
1で、
いーのだd(-∀-)b


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湯の花温泉 渓山閣

2015年10月29日 | Michi-kusa
初めて行く湯の花温泉『渓山閣』



紅葉も色づき、
紫式部とのワンショット(^_^)
いい感じ。


この『渓山閣』で
日帰り入浴をしてきました。



観光バスがたくさん!

おじいちゃん、おばあちゃん。
おっちゃん、おばちゃん。
団体ばっかりやん。

なんだー?
食事してからのー。
温泉という流れのツアーか?


風呂場に響き渡る声。

“〇〇さーん!いますかー?
みなさんそろって、バスで待ってますよー!”

“はーい!すいませーん。今行きます!”


なんじゃ?この状況?
主犯は、急ぐ様子もなく・・・。
何か・・・最悪なバスツアーやなぁーと思ってしまった。


やはり、団体を扱うだけの大浴場。
洗い場も数はあるけど、狭く感じる。


まぁー。
今日の入浴は・・・
タダ!
タダで温泉に入ってるのだd(-∀-)b


以前、
スーパーで無料チケットをもらったんですが、有効期限の記載がなかったので使わずにいたのです。

受付でチケットを見せると使えるとのこと。

タダ券って・・・。
嬉しいもんです。

温もったけど、
もう来ることはないかなぁ(^_^;)



そして、
そばを食べに行く。

亀岡にある出雲大神宮に隣接しているそば処『出雲庵』へ。







天ざる


親子セット


やはり、
美味い(⌒^⌒)b










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絹婚式っていうんだって(^_^)

2015年10月27日 | Michi-kusa
結婚12年目というのは、
『絹婚式』と言うそうだ。


今年の結婚記念日は、
スパークリングワインで
( ^^)/▽▽\(^^ )乾杯せーへん?


と、かみさんが一言。


うん。ええよ(⌒^⌒)b


さぁ~て。
どこで買うかな?


思いついたのが、
丹波ワイン。


ドライブがてら・・・。
丹波ワインまで行ってみました。


お酒の知識は、皆無の私達。
スタッフの方に、スパークリングワインで、お酒が飲めない人でも飲みやすい・・・オススメってありますか?

と、無茶ブリとも言えるような質問をした。

スタッフさんの返事は、

国産りんごを使用したシードルというスパークリングワイン。




そのスタッフの方は、
“これは、アルコールが6%くらいなので、私にとっては、ジュースですけどね(^_^)”って笑ってました。



なぜ・・・スパークリングワインなのか?

それは、
テレビ番組『Bar レモン・ハート』の影響。

俳優でベーシストでもある中村梅雀さんが出演されているドラマなんですが、今、この番組にハマってます(^_^)


お酒が飲めない僕ですが、あの番組で繰り広げられる人間模様を背景に、お酒を紹介していくストーリーが面白い(^_^)

あんなマスターと話してみたいなぁ。
あのお酒を一度飲んでみたいなぁ。

こんな思いが湧いてきます。
かみさんも同じように思っていたんですよね。

お酒一つ一つにストーリーがあり、そのストーリーを聞くだけでも面白いのに、味わえたなら、もっと楽しくなるだろうなぁと思う。

ドラマの影響もあり、
シャンパンではなく、
スパークリングワインをチョイスしたわけ・・・(^^♪


香りが( ・∀・) イイッス!

家には、グラスがないので急遽100均でかみさんがそろえてくれました。



おー!
雰囲気でるね(^_^)

そして、
安曇野で買ったスモークチーズ。





( ^^)/▽▽\(^^ )乾杯~(笑)


あったま!
クラっクラしてるけど、
全部飲んだったd(-∀-)b

もう全身真っ赤っか。
もうー意味わからんけど、
笑けるー(≧∇≦)
なんじゃ?この笑ける感・・・。



今年も一緒にお祝いすることができた。知り合ってから考えると・・・もう何十年になるだろう?


おかげさまで、
今日まで元気に、
かみさんと一緒に、
生きてこられました。


家族や親戚、友達や知り合いなどたくさんの人に助けてもらいながら、一緒に歩いてることに感謝しています。


ありがとう。


かみさんには、
いつも感謝です。


そして、
これからも・・・。
ずっと。



よろしく!





















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近江発 丁字(チョウジ)ぱふ

2015年10月26日 | Michi-kusa
近江で親しまれる、
四角い形が特徴の『丁字麸』。



この丁字ぱふに使用されている麸惣製造所の丁字麸は、江戸末期から受け継がれてきた秘伝の業と真心で今でも昔ながらの手焼きにこだわり、つくられています。




この麩菓子は、高級感が感じられ、一口目は、サクっと、そして口の中でとけていく美味しい逸品。

面白い食感です(^_^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

劇団かんから館 第33回公演

2015年10月25日 | Michi-kusa
このブログにも何度か登場してきた、高校時代の担任の劇団を観てきました(^_^)
今年の5月に開催された25年ぶりの高校の同窓会でも登場した担任である。


場所は、京都市左京区にある
『アトリエ劇研』


看板の横から顔を出す綺麗なお月さんとともに開場までマッタリ・・・。



今回で、
第33回公演となるかんから館。
『Paint It,Black』の公演がまもなく始まります。





会場流れるBGMは、
ローリングストーンズ。

公演『Paint It,Black』なだけに・・・。
ストーンズなのだろう。

この雰囲気にストーンズ。
嫌いじゃーないのだ(⌒^⌒)b



舞台は、こんな感じ。


前回かんから館を観たのは、
第19回公演『ひなまつり』。

あれから、7年の歳月が経ってるわけですが、先生は、コンスタントに芝居を作り、演出を続けてきている。
そして、役者までやっている。
(  ̄▽ ̄)スゲェェェ先生である。

今回の役は、一番年配の中年男である先生が、一番若い青年役を演じ、先生曰く、舞台衣装も探すのが以外に大変だったそうだ。

90分の公演は、
観るひと、それぞれの見方があると思うけど、

心の闇。
自己中心・・・。
希薄さ・・・。
世界の終わりを望むモノ。
etc……

逆に
希望を見つけようとするモノ。
信じるモノ。


僕の中の心理。
僕の真理は、どうなのだろう?


役者さんの身体と声だけで表現される舞台。
僕は、見いってました。




表現の方法は違うけど、僕は、
ステージのことを考えてしまう。


一曲一曲。
その曲と向き合ってるだろうか。
そして、
一音一音。
呼吸をして弾き出してるだろうか。
そして、
その音は?
その音とバンドのハーモニーは?
そして、
自分の役割を・・・。
自分の音の立ち位置を感じてるだろうか。
そして、
演者であるだろうか。
etc……。



心に問いかけられた。
そんな気がしてます。



先生の舞台。
見に行って良かった(⌒^⌒)b


忙しい中、舞台衣装のまんまの先生と写真を撮らせてもらった。





今も連絡をくれる先生。
これには、感謝してるし、嬉しいし、ありがたいです。


先生。
ありがとう。
そして、
お疲れさま(・∀・)ゞ
次回。
先生の作品を楽しみにしてます!









































コメント
この記事をはてなブックマークに追加