明日は晴れる?

認知症初期のばば様との突然の同居に戸惑う嫁のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最近の様子は・・・

2009-08-27 09:39:32 | Weblog
時々、えっ?と思うようなことはあるけれど、なんとか平穏無事に日々が過ぎていっています。

えっ?と思うような事とは・・・
①デイから帰ってきて、おやつを食べてしばらくしたら、またデイに出かけるつもりなのか、デイのカバンを持って玄関へ。

②毎週金曜日の夕食は義妹の家で食べているばぁばだが、今は義妹の子ども達が塾の夏期講習に夜通ったりで、義妹もいろいろ忙しいので、今月中は金曜日の夜もいつもどおり自宅で夕食を食べている。

先週の金曜日・・・夕食も終え30分程たってから、またカバンを持って「今から○○ちゃん(義妹の名前)のところに行くんでしょ?」と言うのだ。
もぉ~~~全く、何の為に義妹の所に行っているのかという認識が全くないんだな~と言うことがわかったのでした。

こんな些細な事だけど、私がその場、その場で対処しているからいいようなものの、もしばぁば1人だったら、どうなっていることやら

見た目には、ほんと普通にみえるし、まだ70代なので元気もあるんだけど(全く動かないけど)、やっぱり見守りが必要なのよね~
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

定期健診にて

2009-08-11 19:07:04 | Weblog
昨日は、ばぁばの定期健診だった。

まずは、先生から「最近、どこかへお出かけになりましたか?」と質問があった。
ばぁば「はい、三越へ行きました。」
先生 「誰とですか?」
ばぁば「1人でです」
先生 「何に乗って行くんですか?」
ばぁば「バスと地下鉄です」
先生 「三越で何を買うんですか?」
ばぁば「いえ、ちょっと見てくるだけですけど・・・」
先生 「三越へは、よくお出かけになるんですか?」
ばぁば「そうですね~、一月に1回くらいかしら」

えぇ~~~嘘、嘘~~~!!!!
同居してから、1人でどこかへ出かけたことなんて1度もないのに。

確かに、ばぁばは元気な頃は、お稽古事とかデパートへ買い物とか、全く家にいないくらいにお出かけしていた。

多分その頃の事を言っているのだろう・・・って事は、現在と過去がごっちゃになっちゃってる???

そして血圧を測ると200を超えている。
先生が、「もうそろそろ薬をきちんと飲まないと、また倒れて入院ってことになったら大変ですよ」とおっしゃると、いつもは「薬は絶対飲みたくない」と言い張って断固拒否していたばぁばが、昨日はなぜか素直に「じゃ、飲みます」と言ったのには驚いた。

毎回、ばぁばの診察が終わると、私と先生だけでお話をする。(ばぁばは廊下に出て待っている)
今回は、ばぁばの認知が進んでいるような気がするとお話すると、「では降圧剤とアリセプトを処方しましょう」と言うことになった。

そして今朝は、素直に薬を飲んでくれたばぁばだけど、なんせわがままなばぁばだから、いつ「薬なんかもう飲まない!」と言い出すことやら・・・。


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ダンナと2人・・・顔を見合わせた・・・。

2009-08-09 19:33:18 | Weblog
今朝、ばぁばが「美容院に予約を入れて欲しい」と言うので、電話をして3時に予約がとれた。

私はその時間、用事があったので、ダンナが美容院まで車で送迎をしてくれることになり、ばぁばも了解して、『3時』と自分でメモをしていた。

その後、私達夫婦は2階にいた。
約30分後・・・ばぁばが電話をしている声がする。ばぁばが電話をする相手は義妹しかいないので、何を話しているのだろうと思ったら、1階からばぁばの声がして「こっこちゃ~ん、この3時って何だった?」と聞くから、「美容院の予約時間ですよ」と答えると、ばぁばったら「じゃぁ、○○ちゃん(義妹の名前)迎えに来てね」と義妹に向って言っているではないか!!!

ちょっと、ちょっと、ばぁばったらぁ~~~!!!!!

美容院の予約をとったことも、ダンナが送迎してくれることも、すっかり忘れちゃってるの!!!!

電話の向こうで、義妹も「だいぶボケちゃってるね~」って。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱりどこか変なのです

2009-08-04 09:38:29 | Weblog
日曜日の夕飯は鰻を食べに行った。
ばぁばに「肝焼きも食べる?」と聞いたら「私はいらない。あんた達2人は食べればいいよ。」と言うので、ばぁばの分は注文しなかった・・・しばらくして、肝焼きが2つ運ばれてきたら、さっと自分の前に置いて、さっさと食べ初めるんだもの。私とダンナは唖然とした。

でも、その様子で何かを感じたのか、私に「一緒に食べよう」と声をかけてくれた。あぁ・・・まだ、そういう気遣いの気持ちは残っているんだな~と、少し安心したような気持ちになれた。


そして、昨日(月曜日)の夕飯時のこと。「○○(ダンナの名前)は、いないの?」と聞くばぁば。「月曜日だから会社に行ってるよ」と答えて・・・(ばぁば今日は月曜日だからデイに行って帰ってきたでしょ)と心の中で思う私。

我が家がダンナと3人で夕食を囲むのは、土日だけなのに。
あぁ~~~やっぱ、どこか変だわ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

どうしたらいいかな?

2009-07-31 17:28:15 | Weblog
ばぁばは、同居した当時から少し尿失禁があるようで、下着が濡れて、一日に数回自分で黙って下着を替えていた。

洗濯カゴの中に、毎日数枚の下着が入っているので、(あぁ~、下着が汚れちゃうんだな)と、私もわかってはいたけれど、それを口に出していいものかどうかずっと迷っていた。

とりあえず、ばぁば自身が自分で下着を替えているんだし、以前ケアマネさんが「失礼ですが、トイレに間に合わないようなことはないですか?」と質問された時はっきりと「はい、そんな事はないですよ」と返事していたばぁばなのだ。

尿失禁用のパッドとか、それようの下着とかを買ってきて「使ってみて下さい」と何度も勧めようかとも思ったんだけど、ばぁばは結構プライド高いから余計なことを言って怒らせてもなぁ・・・・と、ずっと思っていたところだった。


そして今日・・・デイから帰って来た時、職員さんが「今日、尿失禁があったようですが、ばぁば様のプライドもありますので、そのままです。これから下着を持参していただいたら、着替えをおすすめすることもできますので・・・その辺りを御家族で検討して下さい」と言われてしまった。

「どうして失禁があったとわかったのですか?」と質問すると、「ばぁば様の座っておられたソファが濡れていたので」との事。御迷惑をおかけしてすみません。

さて、明日はパッドを買ってきて、ばぁばに使ってもらうように説得するしかないかな・・・。素直に受け入れてくれるかな?心配だぁ~~~。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

祝!ズボン履き替え!!!

2009-07-26 08:36:46 | Weblog
ばぁば、急に何を思ったのか???
去年の暮れから、ずーーーーーーーーっと履き続けていたズボンを今朝、夏用の薄いズボンに履き替えておりました!!!!

なんと約8ヶ月ぶりのお着替えでございます!!!!

ばぁばが朝ご飯を食べている間に「これ洗うよ~」とさっさと持ち去って、バケツに入れて、ゴシゴシもみ洗いをした私。そして『やったぁ~!ケケケッ』と、1人ほくそえんだのでありました。


しかし、その後・・・朝食を食べ終えたばぁばが、わざわざ私の傍に来て「あのズボンは?」と聞くから「今、手洗いしたよ~」と言うと「えっ?!あれはクリーニングに出すのにっ!!!」とお冠


私、一瞬(あっ!まずいことしたぁ~)と、心の中で思いつつ「大丈夫だよ。洗濯機で洗ってないから。ちゃんと手であらったからね」と、その場をとりつくろったのでありました。

ばぁばも、まぁ~しかたがないか・・・と、諦めムードで、その場をたちさったのでありました。チャンチャン
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

何度でも見る

2009-07-24 17:43:18 | Weblog
2日前にデイサービス先から、8月から送迎の時間が変更になりますというお手紙をもらった。

ばぁばったら、その手紙を自分の手元において、何度でも何度でも読みかえしている。

自分にとって大事な手紙だという認識があるから、何度も読んでいるのだと思う。
でも、頭に入らないんだろうね。

旦那に言ったら、「何回も新鮮さが味わえるからいい」って。
まぁ、そうかも~~~(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

義父の一周忌

2009-07-21 11:05:29 | Weblog
昨日は義父の一周忌で、親戚の人たちが集まった。

やはりお客様を呼ぶという事は緊張するもので、お食事の数に間違えはないかとか、当日までちょっと落ち着かない気分だったのだが、無事終了してホッとした。

そんな中でのばぁばの様子なのだが、一年ぶりに会う親戚の人たちが、よくわからないらしく、自分からは全く話しかけていかないのだ。

誰かが「おばさん、元気にしていた?」などと話しかけてくれれば「なんとか元気でやっているわ」などと上手に受け答えができるのだけれど。。。

ばぁばは、以前はそんな人ではなかったと思う。親戚の人たちが集まれば、自分から話しかけていたような気がするのだ。

それに、一番変だったのは、私の旦那(ばぁばの息子)にむかって、「この子達知ってる?」と聞いたこと。
知らないわけないよ!!!
旦那の妹の子ども達(つまり姪)なんだもんっ!!!

昨日はいつもと違うばぁばを見てしまった感じがする。
日常生活においては、偏食、服を着替えない以外は、それほど変な事もないばぁばなのに、非日常の場面では、こんな面を見ることになってしまうんだと、ちょっと驚いた。

これって認知症が進んでいる証拠なのかなぁ~?
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

生きてるだけでまるもうけ

2009-07-18 13:59:34 | Weblog
昨日、仕事先で、30代の男性職員が倒れた。
第一発見者は私。

玄関の方を何気なく見たら、雨に打たれてまっすぐに仰向けに倒れているI氏が、眼に入った。

「Iさん,Iさん・・・」と声をかけても反応なし。顔色は真っ青で、表情もどこか普通ではなく、慌てて主任を呼びに走った。

すぐに救急車を呼び、病院に搬送されたのだが、残念な事に今日、亡くなったと連絡がきた。


まだまだ若いのに、こんなにあっという間にいってしまうなんて残酷だ。
独身者だったので、まだ救われる面も多いようにも思うけれど、御両親の心痛を思うと本当に胸が痛む。

いつもブログを拝見させていただいている「ぷぅちゃん☆」のブログの中に出てくる言葉『生きてるだけでまるもうけ』まさにそんな気持ちになった私でした。
(ぷぅちゃん☆さん、無断で使わせていただいてごめんなさいね)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

そんな時が来るといいなぁ~

2009-07-16 19:28:29 | Weblog
今日の朝刊の読者投稿欄「くらしの作文」に70才の女性の投稿が載っていた。

今は御夫婦健在で、楽しい毎日を暮らしていらっしゃるとのこと。
若い頃は忙しくしていたけれど、今はパンやお菓子作りに挑戦していらっしゃるそうで、その内容からこちらにも楽しそうな様子がひしひしと伝わってきた。

70才で新しい事に挑戦して、生き生きと毎日を過ごしていらっしゃるとは、なんて素敵なんでしょう♪
ご夫婦の仲の良さそうなのも文面から伝わってきました。

私にも、そんな日がくることを願っています。
毎日、ばぁばの様子を伺いながらの生活は。。。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加