スーパースター目指して!(物書き中年の挑戦 !)

文学を中心に活動しています。
作品が出来たらお知らせします。応援お願いします。

回復率が低下中

2016年12月24日 17時46分54秒 | 運動、健康、ダイエット

昨日は天皇誕生日でした。
旗日で祭日だから、お休みです。

北風にスッカリ負けて、自宅で脚本の修正と清書をしていました。
朝食後から日没まで、ガッツリと頑張ったのです。

すると今日は朝から調子が悪いです。
指先も手首も軽やかに動きません。
柔軟性も失調しています。

触ってみたら、体温が低いです。
指や手首が冷たいのです。
結構不順に至っています。

オッサンの身になって思うことがあります。
調子が良くて頑張れると、頑張り過ぎるみたいです。
翌日になって、大不調に至っていますね。
疲れが溜まったまま、病気未満の症状になってます。

こうして朝から後悔する訳です。
程々で止めときゃ良かったと。

仕事で行っているのではありません。
頑張る理由は、気分の問題だけです。
あとは目標や目的、指針や覚悟の問題です。
労働の側面要素が一切ありません。

正統な頑張り過ぎる理由は一切無いのです。

昔から趣味で頑張り過ぎて来ました。
頑張ることが正しい生き方だったです。
もう見直す時期に来ています。
頑張ると壊れて治らないのですから。

頑張りに、達成感とか充実感を、見い出して来たのです。
今も創作文学に夢中な訳です。

仕事で頑張れなくなって自死する人がいます。
趣味で頑張れなくて自死する人は、更に稀です。
そんなに頑張るなが、世の中に支持されて来ました。
自分は頑張るから、彼方も頑張りなさい。
これをパワハラとか言われる時代です。
頑張ってはイケナイのです。

でもプロは頑張ることが、苦にならないのです。
頑張って死ぬ一線で止めるのが、プロ中のプロです。
その姿や生き方に価値観が残ります。

つまり頑張れない人々には、頑張る人が羨ましい。
感動秘話と呼ばれる物語です。
でも頑張りたいけれど出来ない。
やりたくないから頑張らない。
そうした人から見れば、頑張りは憎しみの対象です。
特殊能力の一つが、頑張りや努力なのです。
誇れる才能の一つでしょう。

英語圏では持って生まれた才能をギフトを呼ぶそうです。
神から頂いた才能だからです。
選ばれた人です。
これをエリートと呼ぶのでしょう。
神から選ばれたのだから、人間が否定してはならない。
それで持て囃すのです。

日本は心に神仏を持つ、神代の一部だとされています。
全員、神から選ばれた人なのですね。
吐出することは、神仏の持つ力では無いと考える。
出る釘を打つのは、そんな理由でしょう。
頑張る人を否定するのです。
能力以上に動くなという、警告ですね。


もう頑張れない自分は、神仏に見放さされた。
もしくは使い切った出涸らしです。
生きる価値が失われているのでしょう。

でもお迎えが来ないのです。
使っていない才能が残っていると考えるべき。
歯磨き粉の様に、全部使い切って捨てる方が正しい。

無理せずに、体を破って餡子漏れしないように、大事に使い切る。
注意しながら活動しましょう。
 




 
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕上げの仕上げ | トップ | ビジネス書は愚痴本か? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

運動、健康、ダイエット」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。