スーパースター目指して!(物書き中年の挑戦 !)

文学を中心に活動しています。
作品が出来たらお知らせします。応援お願いします。

車検をしに行って

2017年01月30日 20時02分31秒 | 乗り物系


軽自動車のユーザー車検が無事に終了です。
思えば十年振りくらい経過しています。
歳を重ねると、十年が一昔ではなくなります。
最近のような気がするのです。
過去は十束一絡げで前の事に括ってしまうからでしょう。
 
書類は事前に貰い受けていたので、記載して軽自動車協会に持って行きました。
簡単に書類の記載事項と、必要書類の数を確認されて、代書エリアへ。
重量税と強制保険、検査手数料を支払います。
月曜日なので混雑していました。

聞けば月曜でなくても、年末年始と年度末辺りは混むらしいです。
小型車の客が、リーマン以降軽自動車へ流れたからでしょう。
ディーラー等で認定車検できない、個人修理工場経営の人が大多数です。
車両を持ち込む整備士は皆高齢者や、中年の女性人ばかり。
この業界も高齢化が進んで、先の見えない職種なのでしょう。

待合の椅子で聞き耳立てると、愚痴や文句の渦ばかりです。
自動車整備工場がブラック職場だと、認知の低い社会的弱者業界です。
若い人は自動車整備士になりたがりません。
3Kブラック職場で、人気が極めて低いらしいです。

それに自分の様な、ユーザー車検の人も減りました。
普通の支度している男性陣が皆無でした。
十年前には沢山見掛けたものです。

車検代行業が儲からないと、バイトの整備士が撤退したからでしょう。
ガソリンスタンドやカーショップ系の参入も大きね変化でしょうね。
自分も前回は、カーショップ車検を初体験したものです。
カー・ディ-ラの簡単車検と費用が変わらないから、今回は辞退です。
やっぱり貧乏人は、ユーザー車検です。

ガソリン代が勿体ないと、殆ど乗らなくなった車です。
旅行やドライブも辞めました。
近所の温泉施設や、コンサート、スポーツ観戦も止めています。
趣味の芝居も撤退済みです。
小さく生き永らえているのですから。


お金が社会に循環しません。
回すお金も、持ち合わせていないのです。
だからこそ整備業界も儲からなくなったのです。

未来の見えない業種に、熱意を持って取り組む人はいません。
介護や保育業界と同じですからね。
大切な業務から崩壊するのが文明国の特徴です。
穴だらけのチーズみたいになって、近い将来瓦解するでしょう。
それが日本の未来像です。

待ち時間が長くて、人間観察と社会風刺を考えていました。
こうした時間が、作家には重要なのですね~。

検査は無事に終わり、待った割りに早く退所したのです。
費用も4万円もかかりません。
自動車修理工場やディーラに出すよりも、15千円くらい抑えられました。
給料の高い人は自動車販売所へ頼んだ方がお得です。
貧乏人は自分で行った方がお得。
でも整備していないから、時間を見て24か月整備を頼むと違いが消えます。
二度手間になるだけ損ですね。
費用を分散支払するのか、一括で払うかの違いくらいです。


大きな目で見るか、局所的に見るかの違いくらいしかありません。
餅は餅屋と言われる言葉は、奥深い格言です。
さてエンジン・オイルの交換は、暖かくなってからしましょうか。
 




 

 
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイヤ交換したのです | トップ | 寒気団が来ました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。