スーパースター目指して!(物書き中年の挑戦 !)

文学を中心に活動しています。
作品が出来たらお知らせします。応援お願いします。

界面活性剤なら?

2017年07月06日 18時13分12秒 | お稽古、勉強


界面活性剤。
洗剤の事だと記憶しています。
間違いかもしれないし、正しいかも知れません。
何らかの前提条件とかがあるのかも?
 
こんな話を何故書いているのかと申します。

昨年から病院で謎の事故事件がありました。
界面活性剤を点滴に注入されて患者が亡くなった事件です。
迷宮入りしそうなお話しです。
証拠も現場も容疑者も推定し易いのに犯人が逮捕できない。

木を隠すなら森の中と申します。
容疑者が多過ぎると的が絞れない。
誰にでも矢は当たる状況ですが、当てたい人に当たらない。
世の中の構造は、こんなモノなんだと思う訳です。
 
で、日常生活に潜む恐怖があります。
洗剤は良い薬物なのか毒物なのか?

その効果を確認するべく噴霧器に千倍位に薄めた食器洗剤を入れて見ました。
網戸に群がる夏夜の虫に噴霧してみたのです。

効果があったのは甲殻虫です。
蝶蛾の類には効果が薄いです。
同じ甲殻類でも微小昆虫には効果ありません。
藪蚊には効果ありましたね。
蠅は速過ぎて噴霧できたのか不明で、元気です。
市販の噴霧薬でも蠅が死んだ光景は見たこと在りません。
ゴキブリの類は即時姿が消失し結果がわかりません。
何とかの猫と同じで、同時並行宇宙が増えるだけです。

大型の甲殻類は死にません、超動きが散漫なだけ。
足だけが一日経過しても動き続けています。
私の罪悪感が増すだけですね。

鳥も中大型の甲殻類を食べたりしません。
烏サイズの鳥でないと口に入らないからでしょう。
窓辺で虫が絶命前の緩慢な動きを見せています。

もしかするとアブラムシにも効果が高いでしょうか?
アブラムシには牛乳パックに残った成分を10Lの水で薄めて効果があるそうです。
牛乳の油脂でアブラムシが硬直して死に至るとか。
でも蟻が群がっているとアブラムシを掃除して効果無いとか。



最近は中間小説の勉強で毒物に興味が向かっています。
日常生活にある生活備品が実は人を殺す道具になるのだとか。

帝銀事件とヒ素ミルク事故で、ヒ素が有名薬になりました。
水俣公害で水銀が有名になった。
軍人の自決薬で青酸化合物が有名になった。
モンゴルの狩猟道具と忍者で、トリカブトが時代劇の中心扱い毒になる。
クレオパトラの自決薬でコブラの毒。
忍者の暗殺蛇はマムシが定番です。
沖縄方面ならハブですね。
海物ならウミヘビやカサゴでしょうし、超有名はフグ毒です。
海の生物は毒持ちが大変豊富に存在します。

思うに昔ならいざ知らず、手に入り難いモノばかりです。
現代サスペンスには扱い難いものばかりです。

でも漂白剤の塩素や洗剤の活性剤も毒物として使えるそうです。
何気なく簡単に人を殺せてしまう。
許可の要らない雑草駆除剤でも人殺しが可能だとか。
巷にある雑草や花木ににも強力な毒持ちがあるそうです。
山菜の事故もこうした一例だそうです。
キノコだけでは無いそうですからね。

つまりサスペンスの小道具は思いの外、選択肢が多いのですね。
即効性や遅効性も期待できるのですね。
偽装用なら一酸化炭素や過剰酸素も猛毒です。
混ぜるな危険で、硫化水素も発生できたりします。

その他に死体処理にも日常品を使うと処理効果が早くなるとか。
創意工夫した物語が、殺意のほう助になっては堪りませんね。
中間小説とはそんなものです。
意外性と着眼点で平凡な作品が面白く感じたりできます。
科学的な知見がドラマを膨らませてくれるのです。


でもリアルに死に損ねた甲殻類を見ていると複雑な気分になります。
虫の気孔へ洗剤が蓋をして酸欠なのですね。
それと身体の継ぎ目から浸透圧で洗剤が染み込んでしまった。
生殺しです。

昨今の田舎は烏も減って小鳥ばかりです。
拾い食いしてくれない。
野良犬も野良猫も居ません。
微妙に生態系が破綻しているのですから。
 




 
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不健康憂慮中年 | トップ | 座り立ちション!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。