スーパースター目指して!(物書き中年の挑戦 !)

文学を中心に活動しています。
作品が出来たらお知らせします。応援お願いします。

世界選手権を見てから

2016年10月16日 17時51分05秒 | TV番組、映画

世界選手権には多くの種類があります。
今日は珍しく、家でテレビ三昧でした。
それで関心を持ったのが、オートバイの世界選手権です。
久しぶりに見た気がします。


これからの記述は、私感ですのであしからず。
ひとそれそれに、感じ方考え方があるものです。


昔はNHKーBSで放映されていたので、関心を持って見ていました。
けれど民放に移ってからは、まるで見なくなったのです。
コマーシャルと喧しいアナウンサーに、的を外した芸能人にウンザリしたからです。
ですからF1なども、ずいぶん前からネットで検索してお終いにしていたのです。
モータースポーツは見ていて、あまり面白いものではありません。
野球なども、反対の意味で面白くない。

車のレースは展開が退屈です。
退屈の極みはマラソンですが、あそこまで行くと目が離せないもの。
野球は展開が突然くるので、凄く嫌ですね。
盛り上がった後のカタルシスがない。
自失茫然するか、変化無しに試合が終わるかさえも分らない。
そして試合時間が長過ぎます。
同じような見てイライラするのは、サッカーも同じです。
ことらは試合時間が決まっていて、気分の時間調整が可能です。


漫画のスポーツは、展開が練り上げられていて、読んで楽しい。
本物は? ばかりで退屈だと、大人になる前に気が付いてしまいました。
近年人気が無いのも頷けます。

テレビでバイクのレースを見て、そのままゴルフへ。

ゴルフの見る面白さは、丁半の博打性ですね。
上手な選手ほど、博打性が高い。
期待に応えるか裏切るか?
予想に応えるのか裏切るのか?
誰が見ても解かり易いですからね。

そして無駄に賞金が高いので、選手の緊張感や失望、大成の雰囲気がイイのです。
簡単に見て判る博打ほど、緊張感の解放が強いものです。
セロトニンとドーパミンが出まくって、依存症になるのです。
見る方も、選手も依存症で病人なのです。

そこがいい。
なので滅多に見ません。
しょせん他人事ですからね。


素晴らしい秋の一日を、テレビで浪費するなんて久しぶりです。
こんな一日があってもいいです。
でも今年はこれでお終いにします。

さて、自分の趣味に向き合おうかな!
 




 
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 疲れた時には甘い物 | トップ | 大粒の雨で思うこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。