スーパースター目指して!(物書き中年の挑戦 !)

文学を中心に活動しています。
作品が出来たらお知らせします。応援お願いします。

お地蔵様になってしまう?

2016年11月02日 18時26分22秒 | 本・執筆

日本だと彫像は木製か粘土になります。
石の彫像は稀です。
石造なら道祖神か地蔵様です。
あとは墓石と石碑でしょう。

固くなって動けない様を、ジゾウと言います。
木像や土偶が動く訳もないのですが、何故か地蔵様を例える。
慣れ親しむ対象だからでしょう。
道祖神は男女一対ですからね。
動きたくないでしょう。

今日は一日中、パソコンを見つめて固まっていました。
こんな日が、一年の内に何度かあるものです。
今週は月曜から不調でした。
今日も、その一日の一つだった訳です。

どうして文章が書けないのか?
考えても無駄ですね。

雑務やブログ、日記なら手が動きます。
小説だけ駄目。
昨日は手書きで、脚本を書いたりできました。
思索の糸が絡まると、創作活動に取組めません。
やっぱり手書きの方が先に進めます。

でも小説って描写があるから、手書きは辛いものです。
その文面さえ、脚色や流れにになるのです。

脚本はト書きなので、メモ書きを漏らさずに書き記すだけ。
文体とか考えません。
役者やスタッフに場面設定が伝わればいい。
ある意味乱暴です。
場面の重要部分だけ抜き取り、メモをするだけです。
物語が頭にあるときは、渋滞しないで書き進められます。
停滞感が少ないのです。

今年の春から、創作活動を小説に切り替えて進めています。
文学の中心は今も小説です。

脚本書いて、小説にすることもしましたが、自分には無理でした。
他人の作品ならOKですが、自作は飽きて手が止まるのです。
しかも脳内映像が、脚本と小説は別物です。
粘土細工と石仏くらいに違います。
同じように取り扱い出来ません。
素案をまとめる場合に、出だしで手法を決めなくちゃならない。
こんなに不自由だとは知りませんでした。

パソコンを前に、地蔵になることが増えるでしょう。
創作活動は、思いの外不自由なものでした。
 





 
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山に初冠雪を見て | トップ | 風に向かって »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

本・執筆」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。