スーパースター目指して!(物書き中年の挑戦 !)

文学を中心に活動しています。
作品が出来たらお知らせします。応援お願いします。

信じる力の先には?

2017年08月13日 18時31分06秒 | TV番組、映画


休暇が長いと身辺整理の時期だと感じるモノです。

そこで片付けなんぞすれば、綺麗になるのです。
ですが別の整理が始まります。
それが自分流です。

ブログで毎回のように創作活動について述べております。
だから一気に脚本書いたり小説を書き上げたりすればよいのです。
継続こそが上達への道筋です。

そう思っても、楽な方向に進んでしまいがち。
今日はビデオ鑑賞の続編日となりました。
本日のお題は佐藤琢磨選手。
日本人初のインディー500優勝者ですね。
NHKドキュメントを録画していたので、見たのです。
通常版と保存版があったのですが、長い方の保存版です。

このブログを更新したら、ル・マン24時間の特集も確認します。
なので海外自動車レース特集ですね。
自分の昔の趣味は、モータースポーツですから。
昔の名残が、気持ちを刺激するのです。

世界三大レースで優勝するなんて、物凄いことです。
ゴルフならマスターズか全英でしょう。
テニスならグランドスラムに相当します。
世界王者に相当すると思います。

インタビューの中で夢を叶えるためには、挑戦しないとチャンスは来ないと言ってます。
毎回の特集で必ず佐藤選手が言う人生訓らしいです。
そのためにレース選手たちの中には、クレイジーと呼ぶ人が多いです。
昔に片山右京選手はカミカゼと呼ばれていました。
佐藤選手はそれ以上なようです。
単発でなくて絶えず挑戦を止めない姿勢。
いつでも崖っぷち人生なようです。
そして努力と工夫を決して怠らない。

自己啓発の本とか読むと必ず書いてありますネ。
成功者は必ず行動してみる人間だと。
夢を信じて疑わない人だと。
駄目なら即止めて、次の手を考える人間だと。

失敗を恐れずに成功を信じて、正しい道筋を一直線に進む。
反省はしても後悔はしない。
そして努力を努力と思わないのでしょう。
苦労は大事な投資だと考えているのでしょう。

自分はどうしても努力のための努力に成りがちです。
諦めるのは遅いし、工夫も足りません。
考えの転換も後に成りがちで、後ろ髪引かれたまま決心が緩め。
これでは成功者になれません。
成功できると信じて疑わない事に集中できていません。
心の隅や奥底で自分を卑下している心を払拭できていません。

これでは「信じる物は救われる」作用が働かないです。
「神は己を助ける者を助けて下さる」効果が発揮されません。
マイナス思考で、成功者の未来を疑っているのです。
 
ビデオを見ながら反省したものです。
信じる自分を信じる。
心の考え方の大転換しなくては!
 
 




 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予想外を狙い | トップ | 腐って臭って »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

TV番組、映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。