スーパースター目指して!(物書き中年の挑戦 !)

文学を中心に活動しています。
作品が出来たらお知らせします。応援お願いします。

曇り空に安心して

2017年07月16日 18時39分00秒 | 道すがら思う


連休なのでノンビリ、まったりと行きません。
今日は早起きして草刈りです。
近所の人達も、似たような事をしています。
やっぱり田舎の人の行動は自然との戦いです。

街場の人はコンクリートやアスファルトで地面を覆います。
ですが田舎は土が露出しています。
梅雨前から彼岸頃まで、雑草が伸び放題!
草刈りや除草が夏場の習慣となります。

それでも最近の新築は全面舗装で庭もありません。
田舎の農家屋敷が解体されると4~6区画に分割されます。
不動産屋がこうして建売するのです。
2×4の建築構造で4LDKの寸胴建屋です。
これに車2台と駐輪場を設けて舗装してしまう。

草花好きの奥さんがプランター栽培するくらいです。
庭いじりも家庭菜園もありません。
ド田舎に街場の常識が入ってビックリしたものです。
隣家の窓から隣の建物に手が届きそうです。
家の中も丸見えになりそうです。
周囲の風景も道路が見えるだけ。
田舎の土地が安いだけで、自然風景が欠乏しています。

なので子供が居ても、道で遊んでいません。
毎朝子供の通学を確認しても、夕方外で遊ぶ様子を見たことが無い。
そして女の子は、メガネをしています。
幼児の頃から目が悪くないような生活をしているのでしょう。
成人の頃にはド近眼になってしまう。
これでは世間が狭くなるばかりでしょう。

人間は見えている世界が世界の全てです。
視界の広さが世間の広さです。
目が悪くなると、思考も狭く近くなるばかり。

それはそれで良いのかも知れません。
ですが遠くまで見えている人と、認識の違いを一生理解できない。
思いの外、成長期の五感は認識を限定するものです。

早起きして草刈りをしながら地面を見ています。
腰の痛みに背伸びして空を見上げて驚くのです。
足元と空の広さを実感し比べてしまう。
狭く深く見ることと、広く遠くを見る両方を知るのです。

汗を流して辛い作業ですが、修行と認識なのだと実感します。
暑さに苦しんで拾う何かですね。

面倒な場所には除草剤も撒きます。
基本は鎌で植物を切り倒すのです。
殺生をしながら何か無心にもなります。
喉の乾きや汗の流れも忘れてしまう。
心と頭が空っぽになる瞬間です。
この時に何かが降りて来ます。

創作活動をするには、肉体労働と思考労働の両輪が効果的。
実体験から、そんな気がするのです。

今日は一日中薄曇りで良かった。
そう思いした。
 




 
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時間浪費の連休土曜 | トップ | 猛暑の疲れ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。