高石支部ブログ・ 真盟会館

高石支部長(横内道広)の空手日誌

道衣と帯(再)6/9

2017-06-08 23:16:54 | 空手
今日の練習は、
「 角度を変えて膝蹴り❗️から繋ぐ 」

集合写真📸
久米田北支部からは、
ナナミ
カツキ
高石支部では、
ショウタ
イッセイ
シマちゃん
ジュンジュンは見学

マツムラさんも見学。ミットを持ってお手伝いいただきました。ありがとうございます😊
モリカワさん
ユウケン
オサム
ヤマト
ヒデノブ
ツジさん
マコト
アツシ今日もイイ汗を流しました(^o^)/


今日のお話は、『 道衣と帯 』
今回新しく入会する方や昇級審査を受ける方に伝えたいことがあって、以前ブログで紹介したことを引用します🙇🏻

流派によって解釈がちがうと思いますし、全国共通ではありません。

道衣はなぜ白いのか?
それは、「真っ白な気持ちで練習に臨んでください。」という意味があります。
白はどんな色も受け入れられます。
いろいろなことを学び、吸収しようとする姿勢の表れと解釈してくれたらいいと思います。

次に帯の話
帯の色は、道場の教えに染まっていくという意味。
だから、昇級するたびに帯の色は濃くなっていきます。
黄➡青➡緑➡茶
そして、これ以上染まれないから、最後は黒帯になります。

個人差や体格差などがあり、帯の色と実力は比例しないかもしれませんが、
その人が道場の教えを守り、時間をかけて注いだ情熱の証が帯の色なんです。

補足ですが、
黒帯には金色の筋が入っています。
初段なら1本、弐段なら2本・・・。
この金色の筋は、「筋金入り」という意味。


狭間館長(僕の師匠)は、昇段試験で有段者が誕生すると必ず以下の言葉を送ります。
「黒帯を巻いて、初めて一人前。
黒帯はゴールではなく、スタートライン❗️」

この言葉はとても深イイのですが、
全員が実感できるとは言い切れません。
高石支部の練習生には1人でも多く、この言葉の深さを実感してもらいたいと願っています。

『黒帯なんてただの黒い帯。
二千円も出せば手に入ります。
じゃ~、黒帯の価値は?
黒帯を巻いてる人の背中と人間力』
何色の帯を巻いているか⁉️ではなく、
巻いている帯に恥ずかしくない自分であるか⁉️を問うべきだと僕は思います🤓


今日の一言
『 色の濃い帯を巻くことで、
新しい世界が見えてくる👀 」


高石支部は、
今日もワクワク感全開です*\(^o^)/*


【真盟会館 高石支部 】
素晴らしい人財を大募集

火曜日 綾井道場
( 綾井自治会館 )
20:30~22:00

金曜日 千代田道場
(高石市立千代田公民館)
20:30~22:00

連絡先 090-8160-0650

見学・体験 自由
気軽にお越しください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自主レンするよ👊 6/6 | トップ | 武器になる❗️ 6/13 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。