今日のニュースを英語で読もう!

今日の英字新聞のニュースです。主に国内ニュースで高1が読めるレベルです。

霞が関カンツリークラブ、女性差別規定を改正

2017-03-21 11:46:25 | 日記
2020 Olympic golf course amends membership policy


The course that will host the 2020 Olympic golf tournament has decided to change its membership policy to include women. The membership policy came under scrutiny when Tokyo Gov. Yuriko Koike urged it to admit women as full members. Other critics said the club's policy was contrary to the spirit of the Olympics.

-------------------

amend 改正する
policy 方針、規定
host   開催する
include   含む
scrutiny  精査
gov.   知事
urge   強く言う
admit   認める
critic   批評家
contrary  反する
spirit   精神



【訳】


2020年五輪ゴルフコース、会員規定を改正する

2020年五輪のゴルフトーナメントを開催する予定のコースが、女性を含めるように会員規定を変えることを決めた。会員規定は東京都知事小池百合子が正会員として女性を認めることを強く言った後、検討されていた。(精査の下に来ていた)
他の批評家たちは、クラブ規定はオリンピックの精神に反すると言っていた。


【解説】

見出し。

「2020 Olympic golf course amends membership policy」
(2020年オリンピックのゴルフコース、会員規定を改正する)


本文。

「The course that will host the 2020 Olympic golf tournament」
(2020年オリンピックのゴルフトーナメントを開催する予定のコース)

「that」は関係代名詞。(ゴルフトーナメントを開催する予定である)が「that」の前の(コース)を修飾します。

ここまでが主部。

「has decided to change its membership policy」
(その会員規定を変えることを決めた)

「to」は不定詞。ここでは、(~ことを)の意味です。
また、次の「to」も不定詞で、今度は(~ために)あるいは(~ように)の意味になります。

「to include women」
(女性を含めるように)→会員規定を変えることを決めた


「The membership policy came under scrutiny」
(会員規定は精査の下に来ていた)

「when Tokyo Gov. Yuriko Koike urged it」
(東京都知事小池百合子がそれを言ったとき)

「it」のそれが何なのかは次の「to」以下です。
この「to」も不定詞で、今度は(~こと)の意味。

「to admit women as full members」
(完全会員として女性を認めること)→を言ったとき


「Other critics said」
(他の批評家たちは言っていた)

「the club's policy was contrary to the spirit of the Olympics」
(クラブ規定はオリンピック精神に反している)→と言っていた

今後の「to」は前置詞の(~に)の意味。

「to」が前置詞なのか不定詞なのかの見分けは、後ろに「名詞」がきているか、「動詞」が来ているか、で決まります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポーランド人の女性棋士、プ... | トップ | イギリスEU離脱交渉、スタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。