◆SORAの腎臓がん日記◆

2008年12月 まさかの「腎臓癌」
12センチの腫瘍が右腎臓に見つかる!
発病から入院手術とその後の記録

■ ブログ案内 ■

2020-01-01 00:00:31 | はじめに

◆SORAの腎臓癌日記◆にお越し頂きありがとうございます。

2008年の11月末に突然の血尿からはじまった「腎臓癌」
はじめてお越し頂いた方に読んでもらい易いように
ブログ記事の案内をさせてもらいますね。


腎臓癌のはじまり~簡単にまとまてあります
↓↓↓クリックでとべます。

■腎がん発覚2008年~現在2016年5月までのまとめ■


詳しく検査の事などを書いた記事はこのブログ内 左側にある
カテゴリ をクリックして頂ければ、それぞれ その時々のことが詳しく書いてあります。

はじめに(1) →私の挨拶です。
入院まで(6) →病気が見つかるきっかけや入院までの検査のことなど
入院 (手術前)(6) →腎臓癌で入院してからの検査など
手術日(3) →手術のこと
入院 (手術後)(14)→術後の経過や検査など
退院(1)
たわごと(11) →ぶつぶつ戯言を書いてあります
退院後 つぶやき(20) →退院してからの体調や思ったことなど
退院後 日常(3) →退院後の日常的?かな。
日常(0)

↑このような感じでブログの左側に表示されていますので、
 そこをクリックしてください。



私が病気になる前、病気になってから
色々と参考にさせてもらったサイトを紹介しています。
↓クリックで飛べます。



■「腎臓がん」おすすめサイト紹介■





----------------------


最近、退院後のつぶやきや日常の記事が増えてきました
はじめてお越し頂いた方が、腎臓癌のことなど
病気の経緯など読みたい記事に目を通して
少しでも私の経験を綴ったこのブログが
誰かの希望にそしてお役に立てば幸いです。





訪問ありがとうございます。
ポチッ!と応援クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ





コメント (137)
この記事をはてなブックマークに追加

  「木蘭の涙」

2017-06-29 23:56:32 | たわごと





聞こえてますか・・・
お疲れ様、ゆっくり休んでね。




訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓バナーを応援クリックして頂けると励みになります


にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

神様からのプレゼント。命のバトン

2017-06-24 00:11:41 | たわごと



産まれたばかりの赤ちゃんが握りしめた手







その手の中には神様からもらった幸せの種が入っているんだって。



-------------------------------


この子が握りしめた幸せの種が沢山の花を咲かせますように。

2017年6月22日 14:53  
長男夫婦に元気な赤ちゃん(女の子)が生まれました。

私、おばあちゃんになっちゃいました\(^▽^)/







6月14日に母が逝き
8日後の6月22日に初孫が誕生しました。
ひ孫の誕生を心待ちにしていた母・・・
ひ孫をその手に抱くことは叶いませんでしたが
母から命のバトンが渡された そんな気がします。

誕生の瞬間、分娩室前で
この子がこの世に生まれて初めて発する産声を耳にすることが出来ました。
命の誕生の神秘、感動を何度も何度も噛みしめています。

そして、神様からの贈り物
この子が握りしめていた”幸せの種”が産まれた瞬間に
一粒ぽろり。。。
私達家族に一番最初に幸せを与えてくれたことに感謝です。
最初の種を大切に育んでたくさんの花を咲かせていきたいと思います。


たった9日間の間に
命の終わりと始まりに立ち会うという・・・
記憶に強く残る時間を刻みました。





最後まで読んでくださってありがとうございます。
前回「母が旅立ちました」の記事に沢山の応援クリックを頂きありがとうございました。


訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓バナーを応援クリックして頂けると励みになります



コメントのお返事は少し遅れます。

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

母が旅立ちました。

2017-06-18 23:12:59 | たわごと

まだ温かい・・・
その体温が奪われないよう いつまでも握りしめた。

2017年6月14日(水)16:15

私の手を握ったまま母が旅立ちました。

一筋の涙 最後に残った力を振り絞り握りしめられた手の感触 
最後に見せた笑顔・・・

享年87歳

父の月命日の14日に母は逝きました。




これまで母についての記事を書くたび
沢山の皆様に応援して頂きました。
本当にありがとうございました。

本日葬儀を滞りなく済ませることができました。



母の最期を看取れた私は幸せです。






最後まで読んでくださってありがとうございます。
コメント欄は閉じています。

訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓バナーを応援クリックして頂けると励みになります


にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

せつない・・・

2017-06-10 21:37:49 | たわごと



施設に入所している母の見舞いに行ってきました。

食事を食べなくなって2週間ほどの母。
5月はじめに母を見舞った時より痩せ、もうこれ以上痩せるところは無い・・・
それほどやせ細り 骨に皮がついている状態。
このまま食べない日が続けば・・・
母の命の期限が残りわずかだと・・・
5月には、大好きな”たこやき”を一船食べてくれたのに
今回は一口もたこやきを食べてくれませんでした。
口あたりの良いスイカも食べません。
葛湯をスプーンに2~3さじと トロミをつけたお茶をほんの少し・・・

高熱が出ては座薬でかろうじて熱が下がる・・を繰り返していました。
いつも私が行くと嬉しそうにしていてくれた母ですが、
今回は私のこともわかっているのかどうか・・・

「SORAだよ、わかる?」という問いかけに小さく頷くものの

高熱で弱り切った母が本当にわかっているのかどうかはわかりませんでした。
さすった母の手は、熱を帯びているけれど それは手というより骨。
骨盤も足も手も胸も骨がパジャマの上からも露になっていました。
「SORAが来たら楽しい。」いつも言ってくれる言葉もありません・・・
痰が絡んで呼吸にあわせてゴロゴロと終始苦しげで顏を歪めて
熱が下がっても それは薬で下がっているだけなのだと見ていて辛くなりました。
骨ばった背中をさすり続けても気持ちいいとも言ってくれませんでした。

母が楽しみにしている事が もうすぐだよと話すと
それが本当にわかっているのかどうかわかりませんが、浅く頷いてくれました。


苦しさに泣いているように見え
声にならない声で
「〇〇たい・・・」と。
もう我慢することも遠慮することもない母の正直な言葉・・・
頑張って!という言葉はかけられませんでした。
「しんどいね。」と母をさすり言葉は見つかるはずもなく涙が零れました。

「おじいちゃんのお墓にお参りして帰るね。また来るからね。」の言葉に小さく頷きましたが、本当にわかっていたかどうかわかりませんでした。


母に何もしてあげられず帰宅しました。





せつないです。






最後まで読んでくださってありがとうございます。
戯言につきコメント欄は閉じています。




訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓バナーを応援クリックして頂けると励みになります


にほんブログ村 病気ブログ 腎臓がんへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加