gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-06-28 13:51:04 | 日記


  ウメ(梅)
   バラ科の落葉小高木/花期2~3月

サクラ切るバカ、ウメ切らぬバカ


原産地は中国で、薬用植物として日本に渡来しましたが、現在ではほとんどがわが国で改良された栽培品種です。
庭木としては、花そのものの美しさとともに、樹姿を楽しみます。

植え方

苗木の植付けは、11月上旬から12月の間に日当たりと水はけの良い場所にします。
果実用の場合は、大部分の品種が自分の花だけでは実のつき方が悪いので、開花期のほぼ同一の他品種を混植するのを忘れずに。


手入れ

萌芽力が強く、どこからでも芽を吹きますが、長く伸びた枝には花つきが悪く、中、短枝に花をつけます。
そのため、できるだけ短い枝を多く作るように整姿します。

ウメは地ぎわに強い日差しが入り、乾くことを嫌うので、梅雨明けの頃に、ワラや堆肥を十分に敷き、保護します。

寒肥は、一般の庭木より早めの11月にすませます。


ふやし方

一般には接ぎ木によります。台木は実生苗を用います。
実生は、採取した果実を除き、水洗いして陰干ししたものを砂に混ぜ、乾かさないように貯蔵し、翌春にまきます。



枝を切る位置で、次に出てくる枝は伸びる方向が決まる。 ただ無造作に長い枝を切るのではなく、芽の位置に気をつけてほしい。 必ず外芽(外側に向かっている芽)の上で切るようにしてください。 内芽で切ってしまうと、枝が内側に伸びてしまい、枝が外に開いていきません。





 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。