gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-06-28 13:41:51 | 日記

プラムポックスウイルス
ウィキペディア改善のため、3つの質問にご回答ください。

アンケートのデータは第三者によって取り扱われます。プライバシーについてはこちら。
プラムポックスウイルス
分類(ウイルス)
群 : 第4群(1本鎖RNA +鎖)
科 : ポティウイルス科
Potyviridae
属 : ポティウイルス属
Potyvirus
種 : プラムポックスウイルス
Plum pox virus
プラムポックスウイルスに感染したアンズ

プラム・ポックス・ウイルス(Plum pox virus、PPV)とは、サクラ属に感染する植物ウイルスである。ウメ輪紋ウイルスという別名もある[1]。

概要

果樹が感染すると、葉や花弁や外果皮に斑紋が現れるとともに早期落果により収穫量が減る。感染した果実を食用としても人体に害はないが、商品価値はほぼゼロとなるため、果樹農家にとっては減収になるうえ、木を伐採せざるをえず、経営上の大きな脅威となる。

1915年にブルガリアで発見されて以降、世界各地で発生が確認されるようになった。日本では、2009年に初めて東京都青梅市の吉野梅郷で感染を確認した。ウメで感染が確認されたのは世界初[2]。
感染する種

サクラ属のモモ、スモモ、ウメ、ネクタリン、アンズなど。

日本の植物防疫所 は以下の植物を「緊急防除で規制の対象となる植物」としている(2015年5月現在)[3][4]。

サクラ属植物(ただしサクラ節を除く)
ウメ、モモ(ハナモモも)、ネクタリン、スモモ、ユスラウメ、ニワウメ、アメリカスモモ、オウトウ(サクランボ)(セイヨウミザクラ)、アンズ(アプリコット)、セイヨウスモモ(プルーン)、ニワザクラ、アーモンド、など。 
(平成25年12月、サクラ属でもヤマザクラやソメイヨシノが含まれる「サクラ節」の植物は規制対象外となった)
セイヨウマユミ(ニシキギ科ニシキギ属、Euonymus europaeus)
ナガバクコ(ナス科クコ属、Lycium barbarum)
ヨウシュイボタ(モクセイ科イボタノキ属、Ligustrum vulgare、別名:セイヨウイボタ、英名:common privet、european privet)

感染経路
媒介となる虫

感染経路は、アブラムシが媒介するほか、感染した苗木などから広がる。果実からは感染しない。
被害

世界の被害額は、過去30年で1兆4000億円を超える[5]。

日本では、感染が最初に見つかった東京都青梅市周辺で被害が大きい。他地域のウイルスにもRNAの一致がみられ、全て青梅市が感染源と考えられている[5]。東京都のほか、兵庫県、大阪府、愛知県、神奈川県でも感染が見つかっている[4]。
発生国

発生が確認された主な国。既に根絶宣言した国もある[5]。

ヨーロッパ:ブルガリア、オランダ、ベルギー、フランス、イタリア
アジア:中華人民共和国、イラン、インド、トルコ、日本
アフリカ大陸のエジプト
北アメリカ:アメリカ合衆国、カナダ
南アメリカ:アルゼンチン、チリ

対策

治療法や予防薬は2012年3月18日現在見つかっておらず、感染拡大防止策しかない[5]。アブラムシの駆除、感染樹や周辺の樹木の伐採、感染地域の苗木の移植規制などが行われている。伐採後は潜伏期間を考慮し、一定期間再植樹しない。

徹底した封じ込めにより、既に根絶宣言した国もある[5]。
日本政府の対策

果樹園では、感染した樹の割合が10%以上なら全て伐採、10%未満なら感染樹及び隣接している木の伐採だが、公園や個人の庭木では、観光への影響を考慮し、感染樹のみ伐採する。このようなダブルスタンダートの分け隔ては他の国では無い[5]。伐採は2012年3月までで1万本に及ぶ[5]。

感染した植物および感染の恐れのある植物については抜根し、焼却などの措置を実施[4]。
伐採後3年間はウメの植樹禁止[5]。
防除区域からの規制対象植物の生植物(苗木、切り花、切り枝など)の持ち出し禁止(種子及び果実を除く)[5][4]。

関連法令等

プラムポックスウイルスの緊急防除に関する省令(総務省法令データ提供システム)
プラムポックスウイルスの緊急防除に関する告示(ウィキソース)

参考文献
ウィキメディア・コモンズには、プラムポックスウイルスに関連するカテゴリがあります。

「プラムポックスウイルスによるウメの病気の発生の確認と対応について」 農林水産省 2009年4月8日
ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の防除について 農林水産省 2015年4月22日
「果樹に被害のウイルスが上陸 都内のウメから、東大確認」 共同通信 2009年4月8日
読売新聞 2010年3月12日

脚注・出典

^ 農林水産省-ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の防除について
^ “青梅の梅 見納め 「梅の公園」1260本も伐採へ”. 東京新聞社 (2014年3月1日). 2014年3月16日閲覧。
^ ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の緊急防除で規制の対象となる植物 - 植物防疫所お知らせ http://www.maff.go.jp/pps/j/information/kinkyuboujo/ppv_host.html 2015年5月6日閲覧
^ a b c d ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の緊急防除について 植物防疫所 http://www.maff.go.jp/pps/j/information/kinkyuboujo/index_ppv.html 2015年5月6日閲覧
^ a b c d e f g h i 『噂の!東京マガジン』噂の現場 TBS 2012年3月18日

執筆の途中です この項目は、生物学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:生命科学/Portal:生物学)。
執筆の途中です この項目は、農業に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(ウィキプロジェクト 農業/Portal:農業)。
カテゴリ:

RNAウイルス植物の病気

案内メニュー

ログインしていません
トーク
投稿記録
アカウント作成
ログイン

ページ
ノート

閲覧
編集
履歴表示

検索

メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)

ヘルプ

ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ

印刷/書き出し

ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン

他のプロジェクト

コモンズ
ウィキスピーシーズ

ツール

リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用

他言語版

Català
Deutsch
English
Français
Italiano
Nederlands
Polski

リンクを編集

最終更新 2017年6月15日 (木) 05:03 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。

プライバシー・ポリシー
ウィキペディアについて
免責事項
開発者
Cookieに関する声明
モバイルビュー

Wikimedia Foundation
Powered by MediaWiki

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。