斎藤秀俊の眼

科学技術分野と水難救助、あるいは社会全般に関する様々な事象を一個人の眼で吟味していきます。

京都大学宇治川オープンラボラトリー

2017年08月09日 20時29分12秒 | 学校.学会訪問記
京都大学防災研究所宇治川オープンラボラトリーを訪問しました。
ここは主として水と土に災害の防止・軽減を目的とした実験研究を行うため、昭和28年8月1日に設置されました。昔の水理実験所ですので、水に関する大規模実験ができます。

今回は、毎秒5mに達する水の流れに耐えられるか確認しました。これくらいになると、大きさ20cmの石が鉄砲玉のように上流から襲ってきます。かなり命の危険を感じる実験でした。水だけであれば上流を向いていればなんとか耐えられますが、下流に体の向きを変えた瞬間、流されます。深さはせいぜい15cmほどです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いわゆる逆潜流について | トップ | 二階建てMAXとき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む