斎藤秀俊の眼

科学技術分野と水難救助、あるいは社会全般に関する様々な事象を一個人の眼で吟味していきます。

赤十字水上安全法救助員養成講習会を開催します

2017年04月22日 22時23分00秒 | 赤十字
■ 水上安全法
安全で確実な泳ぎの基本を身に付け、事故防止や溺者を救助し、応急手当をして、医師や救急隊員の手に渡すまでの正しい知識、技術を学びます。

救助員養成講習会I(プールコース)
※救急法基礎講習会との連続開催
対象 満15歳以上
一定の泳力を有するもの
 クロール・平泳ぎ(100m以上) クロール・平泳ぎどちらか(500m以上) 横泳ぎ(25m以上)・立ち泳ぎ(1分以上) 潜行(15m以上)・飛び込み(1m以上)

内容
 救急法について(手当の基本)
 心肺蘇生法(胸骨圧迫、人工呼吸、AEDなど
 水と生活
 水の事故防止(集団水泳の安全管理など)
 泳ぎの基本と自己保全
 救助(溺者発見時の心得、救助の方法)
 応急手当(水辺でのけがなど)
※プールでの実技を含みます

費用 2,200円(教材費等)
(基礎講習:1,500円)
(養成講習:700円)
+82円切手を貼った返信用封筒

期日(4日間すべて出席する必要があります)
 平成28年5月6日(土)、7日(日)、5月13日(土)、14日(日) 4日間
9:30~17:30(初日は9:15から受付)
場所
 長岡技術科学大学

申し込み
日本赤十字社新潟県支部
事業推進課 普及係
TEL:025-231-3121 あるいは http://niigata.jrc.or.jp/cgi/lectureguide.cgi?lecture=1
4月28日(金) まで
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラボラトリ・リソース・マネ... | トップ | 新潟のチューリップ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む